経済

出産後でも安定収入!子供を持つ前にほしい不労所得のメリットとは?

今回は出産時の不労所得の頼もしさについて見ていきましょう。

不労所得自体はいつでもあると助かる収入ですが、
人生において妊娠から出産後にかけて所有しておくと非常に生活の助けになります。

また、これから不労所得を得たい人のために種類などについても紹介していきます。

出産後でも安定収入!子供を持つ前にほしい不労所得のメリットとは?

出産による働けない期間

法的な縛りはありませんが、
妊娠期間から出産後の子育ての間はどうしても仕事する期間が難しい時期があります。

産休

産休・育休とは、労働者が出産や子育てをするために一時的に仕事を休むことができる制度のことです。

日本では、労働基準法によって、産休・育休を取得する権利が定められています。

産休は、出産前後の一定期間、仕事を休むことができる制度です。

産休を取得すると、出産前6週間と出産後8週間の計14週間の休暇が取れます。

また、特定の条件を満たす場合には、さらに休暇を取得することもできます。

育休

育休は、子どもが1歳になるまでの間仕事を休むことができる制度です。

育休を取得すると、最長で1年間の休暇が取れます。

ただし、育休を取得するには、一定の条件を満たす必要があります。

産休・育休は、労働者が安心して出産や子育てに専念できるようにするための制度です。

これらの制度を活用することで、家庭と仕事の両立がしやすくなります。

不労所得とは

不労所得とは、働かずに収入を得ることを指します。

不労所得の特徴は、以下のようなものがあります。

まず、一度仕組みを作り上げれば、長期的に収入を得ることができる点です。
不労所得にも様々な種類があります。

不動産収入

賃貸収入はメジャーな不労所得です。
不動産を所有し、それを他人に貸して得られる家賃や賃貸料が不労所得となります。

k株式投資収入

株式や債券などの金融商品を所有し、その利益や配当金が不労所得となります。

ビジネス収益

自己運営のビジネスや事業を持ち、従業員やマネージャーによって運営される場合、所有者は一定の利益を得ることがあります。

例えば、YouTubeチャンネルや自分のブランドの商品を持つなどがあります。

これらのビジネスはストック型ビジネスとも呼ばれ、一度商品を作ってしまい成功すればその後、半自動で収益を得ることができます。

出産後の不労所得が頼もしい理由

不労所得は日常でも頼もしい存在ですが、出産後の場合はとても頼もしい存在になります。

育児にエネルギーを使える

まず第一に、出産後は新生児や子育てに多くの時間とエネルギーが必要です。

子供の世話や家事に追われる中、時間的な余裕が不足しがちですが、
不労所得を確保することで、家族や子供との時間を充実させることができます。

仕事に追われることなく、子供との貴重な時間を持つことができるため、
親子の絆を深めることができます。

収入面の安心

また、出産後は通常、母親が一定期間の育児休業を取ることが一般的です。

この期間に、労働による収入が得られないことがありますが、
不労所得は定期的な支払いや利益をもたらすため、家計の安定を保つことができます。

これにより、生活費や子供の必需品に関する心配が軽減され、
育児に集中することができます。

子供の今後に向けた準備

さらに、不労所得は将来の安定に向けた準備をするための手段となります。

子供の将来の教育費や生活費、医療費などに備えるための貯蓄や投資を行うことができます。

これにより、子供の将来に不安を感じることなく、安心して育児に専念することができます。

家庭の不和の解消

さらに、不労所得を確保することで、家庭との調和を図ることができます。

仕事をしながら家庭との両立を図ることは容易ではありませんが、
不労所得を得ることで柔軟なスケジュールを確保し、
家族との時間を大切にすることができます。

これにより、家庭内のコミュニケーションや関係性が向上し、家族全体の幸福度を高めることができます。

以上のように、出産後の不労所得は家庭や子育てにとって頼もしい存在となります。

不労所得の注意点

一方で、不労所得は完璧な収入というわけではなくデメリット、リスクになる部分もあります。

不確実な収入

不労所得の一部は市場の変動に左右されるため、収入が不安定であることがあります。

特に投資に依存する場合、株式市場や不動産市場の変動によって収入が減少する可能性があります。

このような場合、家計の安定性が損なわれる恐れがあります。

資金や資産のリスク

不労所得を得るためには、一定の資金や資産を投資する必要があります。

不動産を所有する場合、メンテナンスや修理費用がかかる場合がありますし、株式投資や投資信託などの金融商品は市場リスクや信用リスクが存在します。

これらのリスクによって、投資元本や資産の価値が減少する可能性があります。

管理や運用の負担

不動産を所有する場合、入居者の管理や修繕作業、資産の保守などが必要です。

また、投資ポートフォリオを管理する場合、市場の動向や投資先の選択などに時間と労力が必要です。

これにより、本来の不労所得の目的である時間やエネルギーの節約が逆に逆行する場合があります。

法的・税務上のリスク

不動産の所有や投資活動には、法的および税務上のリスクがあります。

契約違反や入居者との紛争、税金や手数料の変更などが問題となる可能性があります。

また、投資活動によって得られる収入は税金の対象となるため、適切な税務計画が必要です。

これらのリスクやデメリットを十分に理解し、適切な対策や計画を立てることが重要です。

まとめ

不労所得は人生の様々なタイミングで助けとなってくれる素晴らしいものですが、
特に出産後という働くことが出来ない、使うお金がドンドンと増えていくため、安定して一定の収益あることはとても助けになると思います。

不労所得は様々な種類がありますが個人的には株式投資がお手軽でおすすめです。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

この記事をシェア!