経済

後悔しないアーリーリタイアの目指し方!3つの後悔に対する対策

皆さんは、将来に対してどのような希望や夢を抱いていますか?

もしかしたら、一日中自分の好きなことに没頭したり、旅行を楽しんだり、家族や友人との時間を大切に過ごしたいと思っているかもしれません。

そんな夢を叶える手段の一つとして、アーリーリタイア(FIRE)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

アーリーリタイアとは、従来の定年まで働き続けるという考え方とは異なり、早期退職を目指すことです。

私自身早期退職をしてのんびり暮らしていますが、リタイア前に思い描いていた生活と異なるデメリットも多かったため、これからアーリーリタイアを目指そうと思っている方や興味をお持ちの方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

後悔することない生活を送るために、自分の人生をより充実させるために必要なことをまとめましたので参考にしてください。

早期リタイアの計画書

早期リタイア後悔の理由と経験

アーリーリタイア後悔の理由

アーリーリタイアとは、早期に退職し、若い時期から自由な生活を送ることを指します。

多くの人々がアーリーリタイアを夢見ていますが、実際には後悔する人も存在します。

アーリーリタイア後悔の実例として、まずは経済的な問題が挙げられます。

退職後の生活に十分な資金がない場合、生活水準を下げたり、新たな収入源を見つける必要が出てきます。

また、健康問題や災害などの予期せぬ出費にも対応できる経済的な余裕がないと、ストレスや不安を感じることもあるでしょう。

さらに、社会的な要素も後悔の原因となることがあります。

仕事を辞めることで、社会的なつながりや役割を失うことがあります。

また、アーリーリタイア後に退屈や孤独を感じる人もいます。

仕事を通じて得られるやりがいや充実感がなくなることで、自己肯定感が低下し、後悔の感情が生じることもあります。

アーリーリタイアを成功させるためには、慎重な計画と準備が必要です。

資金面や社会的なつながり、自己実現のための活動など、様々な要素を考慮し、将来のリスクに備えることが重要です。

アーリーリタイアを考える際には、自分自身の価値観や目標を見極め、将来の不安要素に対しても対策を考えることが大切です。

アーリーリタイアは素晴らしい目標ですが、後悔しないためには慎重な準備とリスク管理が欠かせません。

自分自身の生活スタイルや将来のビジョンに合わせて、最善の選択をすることが重要です。

リタイア後の生活における後悔のポイント

後悔している日本男性

アーリーリタイアを考える際に、後悔しないためにはどのようなポイントに注意すればよいのでしょうか。

以下に、リタイア後の生活における後悔のポイントをご紹介します。

まず、経済的な面での後悔です。

アーリーリタイアをするためには、十分な貯金や投資などの資産が必要です。

しかし、リタイア後に予想外の出費が重なったり、資産運用が思ったようにいかなかったりすると、経済的な困難に直面する可能性があります。

仮に50歳でリタイアするという目標で、日本の平均寿命である男性81.05歳、女性87.09歳まで生活するとして、必要になる生活費を計算します。

令和4年簡易生命表によると、男の平均寿命(0歳の平均余命のこと。以下同じ)は 81.05年、女の平均寿命は 87.09 年となり前年と比較して男は 0.42 年、女は 0.49 年下回っている。
平均寿命の男女差は、6.03 年で前年より 0.07 年縮小している。また、主な年齢の平均余命をみると、男女とも全年齢で前年を下回っている。

引用元:厚生労働省 令和4年簡易生命表の概況

総務省統計局で発表している家計調査報告2023年(令和5年)11月分を参考にすると2人以上の世帯での、ひと月の消費支出は1世帯当たり286,922円です。

男性の平均寿命まで生活する場合、1億673万4984円が必要な生活費となる計算です。

消費支出
消費支出(二人以上の世帯)は、 1世帯当たり 286,922円
前年同月比 実質 2.9%の減少 名目 0.3%の増加

引用元:統計局ホームページ家計調査(二人以上の世帯)2023年(令和5年)11月分 (2024年1月9日公表)

そのため、リタイア前に十分な貯金をすることや、資産運用などお金を働かすことがとても重要になってきます。

次に、社会的な面での後悔です。

アーリーリタイアをすると、仕事や職場との関係が断たれることになります。

これにより、社会的信用がなくなることや人間関係や社会的なつながりが減少し、孤立感を感じることもあります。

また、仕事によって得られるやりがいや自己成長の機会も失うことになるかもしれません。

リタイアすることで企業などへの所属もなりなるため社会的信用がなくなることも少なくありません。

社会的信用がなくなることで、

・賃貸物件の審査
・クレジットカードの申込審査

などで不利になることが出てくるでしょう。

賃貸物件の審査では持ち家の方は安心ですが、賃貸の場合は、「預貯金審査」を利用することで家賃の支払い能力を示すことで審査は通る可能性はあるでしょう。

したがって、リタイア後に不利になることも想定した備えや社会的なつながりを持ちつづけることや、自己成長のための新たな目標を見つけることが大切です。

最後に心理的な面での後悔です。

アーリーリタイアをすると、一日の大半を自由に使えるようになりますが、それによって生活のリズムや目的意識が失われることもあります。

また、仕事によって得られるやりがいや充実感も失われるかもしれません。

そのため、リタイア後も自分自身に何かしらの目標や意義を持つことが重要です。

以上が、アーリーリタイア後の生活における後悔のポイントです。リタイアを考える際には、これらのポイントに注意して、後悔のない生活を送ることが大切です。

アーリーリタイアの失敗と対策

失敗例:早期リタイアの落とし穴

早期リタイアは、多くの人々の夢です。

しかし、注意が必要な落とし穴も存在します。

その一つは、十分な貯蓄や投資計画がないことです。

アーリーリタイアを目指す場合、将来の生活費や医療費を考慮し、十分な貯金や投資を行う必要があります。

そうでないと、リタイア後に経済的な困難に直面する可能性があります。

また、アーリーリタイア後の生活計画も重要です。

多くの人はリタイア後の暇な時間を楽しむために、趣味や旅行に時間を費やしたいと考えています。

しかし、それにはお金が必要です。リタイア後も十分な収入源を確保することが重要です。

さらに、社会的なつながりや目的の欠如も問題となることがあります。

仕事を辞めることで、同僚や仕事仲間との交流が減る可能性があります。

また、仕事に対する目的ややりがいを失うこともあるかもしれません。

アーリーリタイアを考える際には、これらの点も考慮する必要があります。

アーリーリタイアは素晴らしい目標ですが、注意が必要です。

十分な貯蓄や投資計画、生活計画、社会的なつながりや目的を持つことが、後悔しないための重要な要素です。

失敗を避けるためのアーリーリタイアの対策

アーリーリタイアを考える際、失敗を避けるためにはどのような対策をとるべきでしょうか。

まずは自分の経済状況をしっかりと把握しましょう。

アーリーリタイアを実現するためには、長期的な貯蓄計画や投資戦略が必要です。

収入と支出のバランスを見極め、将来の生活費を見積もりましょう。

また、リタイア後の生活スタイルを考えることも重要です。

どのような趣味や活動に時間を費やすのか、どのような生活環境を求めるのかを明確にしておくことが大切です。

また、健康管理や保険の見直しも忘れずに行いましょう。

さらに、リタイア後の収入源を確保する方法も考えておく必要があります。

将来的には投資や副業などで収入を得ることができるかもしれません。

そのためにも、自己啓発やスキルアップに努めることも重要です。

早期リタイアへ向いている人、不向きな人とは

早期リタイアに向いている人の特徴

早期リタイアを考える人には、いくつかの特徴があります。

まず、貯金や投資などの資産形成に積極的な人が向いています。

早期リタイアを実現するためには、一定の財産を持つことが必要です。

そのため、給与や収入の一部を貯金に回し、資産を増やすための投資を行うことが重要です。

また、将来の生活を計画する能力がある人も早期リタイアに向いています。

リタイア後の生活費や健康保険などをしっかりと考え、計画を立てることが必要です。

将来の不安要素を考慮し、リスクを最小限に抑えることができる人が成功しやすいでしょう。

さらに、仕事に対する情熱ややりがいを持っている人も早期リタイアに向いています。

仕事を楽しんでいる人は、長期間にわたって働くことができるため、早期リタイア後にも充実した生活を送ることができます。

これらの特徴を持つ人が早期リタイアを目指すことで、より充実した人生を送ることができるでしょう。ただし、早期リタイアにはデメリットもあるため、注意が必要です。

早期リタイアに向いていない人の特徴

早期リタイアを考える際、すべての人にとってメリットがあるわけではありません。

早期リタイアに向いていない人には、いくつかの特徴があります。

まず、経済的な面での準備が不十分な人は早期リタイアに向いていないかもしれません。

早期リタイアをするためには、将来の生活費や医療費などを考慮して十分な貯蓄が必要です。

もし貯蓄が不十分な場合、早期リタイア後に経済的な困難に直面する可能性があります。

また、仕事に対する情熱ややりがいを持っている人にとっては、早期リタイアは退屈に感じるかもしれません。

仕事が人生の一部であり、やりがいや充実感を得ている場合、早期にそれを終わらせることによって後悔するかもしれません。

さらに、社会的なつながりや活動が重要な人にとっては、仕事を通じて人との交流や社会貢献を行っていることが多いため、早期リタイア後に寂しさや充実感の欠如を感じるかもしれません。

これらの特徴が当てはまる場合、早期リタイアは向いていないかもしれません。

自分自身のライフスタイルや価値観に合わせて、早期リタイアを考えるかどうかを慎重に判断することが大切です。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!