投資

なぜ投資をすべきか?メリットと始め方をわかりやすく解説

投資というものをどのくらい身近に感じているだろうか。

ここ数年で投資を推奨するようなこと多く、なんと学校で投資について学ぶようになってきた。

もう投資を始めている人からすれば、差し当たって何も変化はないだろうが、

気になっていた、これから始めようとする人は何が正解かわからないだろう。

さて、今回はその「投資」にについて語っていく

もし、あなたが将来のために資産を増やしたい、またはお金を増やす方法を模索しているのであれば、投資は魅力的な選択肢の一つです。

さあ、一緒に投資の魅力を探求し、将来の自分を豊かにする第一歩を踏み出しましょう。

なぜ投資をすべきか?メリットと始め方をわかりやすく解説

投資について

そもそも投資ってなに?

投資とは、資金や資産をある目的や目標を達成するために利用することです。

単的に言うのであればビジネスなどを頑張っている人にお金を預けでビジネスを成功してもらう、成功したら預けたお金と成功した分のお金をもらうというものだ。

投資をすることで、将来的な利益や収益を得ることを期待します。

投資は様々な形態がありますが、一般的には株式債券不動産商品、または新興企業への出資などが挙げられます。

投資をする際には、リスクやリターンのバランスを考慮する必要があります。

先ほど。「成功したら預けたお金と成功した分のお金をもらう」と述べたが逆に失敗したらなんと預けたお金すら帰ってこないことがある。

そのため、高リターンを狙う場合には、それに伴う高いリスクも存在することを理解する必要があります。

一方で、安定した収益を求める場合には、リスクが低い投資先を選ぶことが重要です。

投資は時間をかけて成果を得るものであり、即座に利益を得ることは稀です。

そのため、投資をする際には長期的な視点や計画が必要となります。

また、市場や経済の変動によって投資の価値やリターンが変わることも考慮しなければなりません。

投資は個人や企業にとって重要な活動であり、将来の資産形成や経済的な安定を目指すために積極的に行われます。

しかし、投資にはリスクも伴いますので、慎重な判断と情報収集が必要です。

さて、一概に投資といっても様々な種類がある、その中でも有名な投資について次は紹介していこう。

株式投資とは?

株式投資は、企業の株式を購入することで、その企業の経済的成長や利益を享受することを目的とした投資方法です。

株式は、企業の所有権を意味し、株主には経営に参加する権利や株主総会での投票権が与えられます。

株式投資の魅力は、企業の成長によって株価が上昇し、株主に利益がもたらされる可能性があることです。

また、配当金という形で企業から利益を受け取ることもできます。

しかし、株式投資にはリスクも伴います。

株価は市場の変動によって影響を受けるため、株価が下落するリスクもあります。

また、企業の経営状況や業績によっても株価は変動しますので、投資する企業の情報を正確に把握することが重要です。

株式投資を始めるには、証券会社やネット証券などを通じて口座を開設し、株式を購入する必要があります。

また、投資する企業や業界の情報を収集し、投資判断を行うことも重要です。

株式投資は、企業の成長や経済の動向に関心を持ち、リスクを理解した上で行うことが重要です。

投資は資産運用の一つであり、自分の目標やリスク許容度に合わせた投資戦略を立てることが大切です。

不動産投資とは?

不動産投資とは、不動産を購入して収益を得ることを目的とした投資のことです。

不動産は土地や建物などの形で存在し、需要があるため、投資対象として人気があります。

不動産投資にはさまざまな方法がありますが、一般的には賃貸物件の購入売買不動産開発などが挙げられます。

賃貸物件の場合、物件を購入して家賃収入を得ることが目的となります。

賃貸物件は需要が安定しており、一定の収益が期待できるため、安定した収入源となることが多いです。

また、売買の場合は、不動産の価値が上昇している地域や将来の需要が見込まれる地域に物件を購入し、価格の上昇による利益を得ることが狙いです。

不動産開発では、土地を購入して建物を建てるなどの手法があります。

需要の高いエリアや需要が見込まれるエリアで開発を行うことで、将来的な需要に応えることができ、高い収益を期待することができます。

不動産投資はリスクも伴いますが、適切な情報収集や計画的な運用を行うことで、安定した収益を得ることができるでしょう。

また、不動産は実物資産であるため、価値が長期的に上昇する可能性もあります。

投資家にとって、不動産投資は魅力的な選択肢となることが多いです。

国債とは?

国債は、国が発行する債券のことです。

国債を購入することは、国にお金を貸すことになります。

国債は、国の借金の一形態であり、国が資金を調達するために利用されます。

国債の利回りは、債券の価格と逆の関係にあります。

つまり、国債の価格が上がると利回りは下がり、価格が下がると利回りは上がります。

これは、投資家が国債を購入する際に、将来の利息収入を考慮して価格を決定するためです。

国債は、安定した収益を求める投資家にとって魅力的な選択肢です。

なぜなら、国債は国家が発行するため、信用リスクが非常に低いからです。

また、国債の利回りは、市場金利や経済の状況によって影響を受けるため、投資家はこれらの要素を考慮しながら国債を選択することができます。

国債は、個人投資家だけでなく、機関投資家や年金基金などの大口投資家にも人気があります。

これは、国債が安定した収益を提供し、リスクを抑えることができるためです。

国債は、日本を含む多くの国で利用されています。

国債は、国の財政を支える重要な手段であり、経済の安定にも貢献しています。

他にも投資は様々な種類があるが初めての人はこの3つだけまず抑えておこう。

投資は怖い?

なぜ投資は怖い?

さて、そんな投資ですが怖いもの危ないものとよく聞いたことはありませんか?

その理由としては投資をすると、お金を失う可能性があるからです。

例えば、株式投資では、株価が下がった場合に損失を被ることがあります。

不動産投資では、家賃収入が見込めない場合や、物件の価値が下がる可能性もあります。

また、投資には知識や経験が必要です。投資商品や相場の動向を理解し、適切なタイミングで売買を行う必要があります。

十分な情報収集や分析が必要です。

さらに、投資は時間を要します。投資先が成果を上げるまでには、数年以上かかることもあります。

その間、損失を被る可能性もあるため、辛抱強さが求められます。

しかし、投資には多くのメリットもあります。

例えば、定期預金などの銀行にお金を預けておくだけでは、お金が増えることはありません。

しかし、投資をすることで、資産を増やすことができる可能性があります。

また、投資によって得られる利益は、多くの場合、預金の利息よりも高いです。

投資は、将来の自分や家族のためにお金を増やす手段として考えることができます。

しかし、投資はリスクが伴うため、慎重に判断し、十分な準備をしてから行うことが大切です。

FXはすべきでない?

リスクのある投資としてFXについて見ていきましょう。

FX投資は、初心者にとってはリスクが高い投資方法であると言わざるを得ません。

為替相場は非常に変動が激しく、予測することが難しいため、投資初心者にはおすすめできません。

もちろんメリットもあり、FX投資には、大きな利益を得ることも可能です。

しかし、同時に大きな損失を被る可能性もあります。

特にレバレッジ取引では、元本以上の損失を被ることもあるため、慎重な取引が求められます。

FX投資には専門的な知識や経験が必要ですので、投資を始める前にしっかりと勉強することが重要です。

投資は自己責任で行うものですので、冷静な判断を心がけましょう。

身の丈に合った投資をすべきでない

投資をする際には、自分の経済状況やリスク許容度に合った投資をすることが重要です。

例えば、学生や若い社会人の場合、まだ収入が安定していないことが多いため、大きなリスクを伴う投資は避けるべきです。

まずは貯金を増やしたり、低リスクの投資商品に取り組んだりすることがおすすめです。

一方で、収入が安定している中年以上の方は、少し冒険してリスクの高い投資に挑戦することもできます。

ただし、投資にはリスクがつきものですので、自分が許容できる範囲で行うことが大切です。

また、投資は一度に大金を使うものではありません。

少額から始めてみて、経験を積みながらじっくりと投資を進めていくことがおすすめです。

投資は将来の自分や家族のために資産を増やす手段の一つですが、自分の身の丈に合った投資をすることで、安心して取り組むことができます。

なぜ最近投資が注目されたのか

1. 不景気

現在、日本は不景気の状況にあると言えます。

経済が停滞し、企業の業績も悪化しています。このような状況では、投資は非常に重要な手段となります。

なぜなら、投資は将来の収益を生み出す可能性があり、資産を増やすことができるからです。

投資にはさまざまなメリットがあります。

まず、投資はお金を増やすチャンスです。

例えば、株式や不動産などに投資することで、将来的にその価値が上昇し、利益を得ることができます。

また、投資はリスクを分散する手段でもあります。

複数の投資先を持つことで、一つの投資が失敗しても他の投資で補うことができます。

投資を始める方法はいくつかあります。

まずは、自分の目標やリスク許容度を考えることが重要です。

その後、投資先を選びます。

株式や債券、不動産など、さまざまな投資先がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

そして、投資のプロセスやリスクについて学ぶことも大切です。

投資は一度始めたら終わりではありません。継続的に学び、自分の投資スキルを向上させていくことが重要です。

投資は将来の安定した生活や資産形成のために必要な手段です。

しかし、投資にはリスクも伴いますので、慎重に計画を立てて行うことが大切です。

投資を始める前に、専門家のアドバイスを受けることもおすすめです。

2. 収入が増えない日本

労働市場では、正規雇用よりも非正規雇用が増加しており、非正規雇用の労働者は安定した収入を得にくい状況にあります。

さらに、高齢化も収入の増加を抑制しています。

高齢者の増加により、年金や医療費などの社会保障費が増え、若い世代への資金配分が減少しています。

そのため、若い世代は収入の増加を期待しにくい状況にあります。

このような状況により、多くの人々が収入の増加に悩んでいます。

そんな労働だけでは今後暮らすのが難しくなってるのも原因でしょう。

3. FIREという新しい価値観

さらには新しい価値観も投資ブームを後押しました。

FIRE(Financial Independence, Retire Early)は、若い世代の間で注目されている新しい価値観です。

財務的な独立と早期退職を目指す動きのことです。

この考え方は、一般的には個人が十分な資産を築き、早期に仕事を辞めて自由な生活を送ることを目指すものです。

自分の自由な時間が欲しい、労働に依存したくないなどを意識する人が増え、FIREの実現のためにも労働に依存しない収入として投資が注目されました。

いまから始める資産形成

さて今度は、簡潔にはではありますが今まで投資などに興味がなかった人がどうすればいいかを説明していきます。

1.節約と貯蓄

まずは、節約し貯蓄をしましょう、以上です。

拍子抜けかもしれませんが、節約は、貯蓄を増やすために非常に重要な行動です。

節約は将来の安心を築くための大切な行動です。

投資するにも、普通に暮らすにも先立つものがないと何もできません。

2.税制優遇されている投資を少額行っていこう

投資には様々な種類がありますが、そのどれらにも大体税金がかかります。

投資の仕方によっては利益の半分も税金で徴収される場合もあるため、税金対策は必須です。

筆者としてはまず「NISA」から始めてみるのをお勧めします。

NISAとは、「少額投資非課税制度」の略であり、投資信託への積立が非課税となります。

小額から始められることが特徴であり、月々定期的に少額を積み立てることができます。

これにより、一度に大きな金額を投資する必要がなく、リスクを分散させることができます。

新NISAと従来のNISAの違いとは?どう投資した方がいいのか

また国が推進しているだけあってNISAは様々な有益な情報があり、初心者も安心して始めることができるでしょう。

3.投資したお金をあまり気にせず、日ごろを楽しく生きる

最後に精神論なものになってしますが、実はこれが一番大切です。

NISAなど株式投資においては値動きが毎日あり、投資したお金が見るたびにマイナスになったりします。

「もしかしたら下がるかも」
「マイナスは嫌だからやめようかな」

もちろん、知識と経験があれば負けない投資はできますが、それには勉強が必要ですぐには難しいですからね(汗)

そのため、最初のうちは「気にしない」という意識が大事です。

投資を気にしないで日常を楽しんでいきましょう。

そうすると投資していることが当たり前になり、「少し下がったけど、これは上がる」など投資に対して耐性が付いていきます。

そうしたら今後は、自分に合った投資など様々なことにチャレンジしていくのもいいかもしれません!

結局投資はしたほうがいいの?

今回は投資についてそれがもたらすメリットなどについて、考えてみました。

不景気などあり、今後生活していくうえでは投資というものの重要性はあがっており、個人的には全国民が絶対やった方が良いと思います。

ただし、投資にはリスクの可能性の可能性もあるので、しっかり勉強し自分に合った投資を見つけていくことが大切です。

当サイトでは今後も投資などに役立つ知識を配信していく予定ですので期待してください!

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!