サービス

国内旅行も保険に入るべきケース|決め手となるポイントについて解説

旅行に行く際、皆さんは保険についてどのように考えていますか?

海外旅行の場合事故病気または携行品の紛失など、
国境、言葉の壁のあるため、ほとんどの人は保険に加入した経験があるだろう。

しかし、国内での旅行で保険を意識し加入したことのある人は少ないのではないだろうか?

結論から書いてしまうと
国内旅行でもケガ、病気になる可能性は大いにあります。

そのため、保険にはなるべく入るべきです。

しかし、

日帰り旅行でも入るべきなのか
1人旅でも入るべきなのか

など判断に迷ってしまう場合も多いでしょう。

そこで、今回は国内での旅行保険に加入すべきかについてまとめました。

入るべきパターンを抑えて「もしも」に備えておきましょう。

飛行機が飛んでいる画像

保険とは?

なんとなく知っている人も多いため、
まずそもそも保険について簡単に説明しておこう。

保険は、「もしも」に備えて生活や財産を守るための重要な仕組みです。

保険会社などに、一定の金額を支払うことで、
万が一の事故や災害が起きた場合に、被害を最小限に抑えることができます。

車を運転して事故に遭った際の自動車保険
家が火事になり、資産を多く失って生活を保障してくれる火災保険
病気やケガで働けなくなってしまった際に生活を保障してくれる医療保険

保険には様々な種類があり、加入することで、自分や家族の安心と安全を守ることができます。

旅行保険は何を保障してくれる?

旅行保険は、旅行中に発生するトラブルや事故に対して保障が発生する限定的な保険です。

旅先の医療費

例えば、旅行中に病気やケガをする場合もあるでしょう。

国内旅行で軽傷なら保険証を見せて薬を貰うだけで済むかもしれませんが、
入院が発生してしまう、緊急で手術が必要になってしまうなど避けられない場合もあります。

その際に、入院費、治療費に対して一定のお金の保障があるのは大きいでしょう。

荷物の紛失や盗難、損害

特に海外では起きたら怖い話ですが、自分のカバン、カメラなどが窃盗にあった際は大きな損害になってしまいます。

そのような時にでも保障をしてくれます。

飛行機などの遅延費用

また、飛行機、新幹線で欠航があり予定外の宿泊、飲食費が発生してしまう場合があります。

そのような際に日数などに応じて保障してくれる場合もあります。

主にはこのような保証がありますが、
保険商品によっては

スマートフォンなどの携行品の破損保険
山登りなどで遭難に合った際のレスキュー保険

など特化した保障をしてくれる保険もあります。

国内旅行で保険に入った方が良いケース

では国内旅行にて保険に入った方が良いケースを確認していこう。

家族で旅行に行く場合

まず、家族で旅行に行く場合はなるべく保険に入るべきです。

特に小さい子供を連れていく場合は思わぬケガ、病気になる可能性が高いです。

保険の内容にもよりますが、掛け捨て国内旅行の場合は高くて数千円程度です。

自分の子供の「もしも」に数千円でお金に関して保障出来るなら備えるべきですね。

スキー、登山などのレジャーへ出かける場合

また、身体を動かす、自然の中に入るなどのケガのリスクが大きい場合は、保険は入っておくべきでしょう。

特にスキーのような遭難リスクのあるレジャーの場合は
医療費、滞在費、レスキュー費用など想像以上のお金がかかってしまう場合があります。

交通の便が不便な場所への旅行

また、交通が良くない地域への旅行の際は気を付けなければいけません。

国内旅行の場合、飛行機、新幹線、車など様々な交通手段がありますが、
例えば、観光地化されてない離島の場合、船でしか交通手段がない場合があります。

そうすると

悪天候による船の欠航
病気になった際に満足な治療がすぐに受けられず悪化してしまう

などのリスクがあります。

特に病気などの場合、悪化により通院が長引いてしまうなど、わかりやすくリスクがあり備えなければいけません。

おすすめの国内旅行保険とは

旅行会社の掛け捨てセットプラン

旅行で様々な会社で保険の加入が出来ますが、旅行会社で旅行を手配する場合、
旅行会社の保険に入っておくのが無難です。

保険会社などでの加入の場合、確かに保障内容が手厚かったり、保険の種類も多いですが、

月額費用が発生する
特定の条件でしか保障されない

などの制約も多いです。

特定の条件とは例えば、欠航時の宿泊費の保障に飛行機の場合に限るなどです。

そのため行きたい旅行プランに合わないことが多いです。

一方で旅行会社の保険の場合、その旅行にて発生するトラブルに特化した保険を紹介してもらえることが多いです。

そのため、的確に備えるのであれば旅行会社の保険に加入しておくのが良いでしょう。

クレジットカードの付帯保険

また、クレジットカードなどには旅行保険が付いている場合が多いです。

そのため、わざわざ加入しなくてもクレジットカードの旅行保険で問題ない場合もあります。

注意点があるとすれば、大体の場合カードの利用付帯である点です。

クレジットカード決済にて旅費、交通費を支払ってなければ旅行保険が使えないことが多いです。

そのため、条件には注意しましょう。

まとめ

保険は基本的には起こりえないが起きてしまったら大きな損害を受けるリスクに対して備えておくための仕組みです。

リスクの種類には
ケガ、病気の命の危険
欠航、滞在延長など予定外の出費

に主に分けられます。
これらリスクをしっかり確認して適した国内旅行保険に基本的には入るべきです。

確かに国内旅行は国外に比べて安心、安全に過ごせます。

しかし、「もしも」は常に存在するため、
国内旅行だろうが起こるリスクは必ず意識しなければなりません。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!