経済

お中元のマナーとは?プレゼントされたい贈り物、贈る基準を解説!

皆さんはお中元を贈るときって何を買ったらいいか
誰までに贈るべきか、いくらの予算でいいのか

結構悩む人多いと思います。
今回はそんなわかりずらいお中元のことについてまとめてみました。

お中元のマナーとは?プレゼントされたい贈り物、贈る基準を解説!

そもそもお中元とは?

お中元は、家族や友人、上司や取引先など、
お世話になった人々に感謝の気持ちを伝えるために贈られます。

お中元の由来は、江戸時代にさかのぼります。

当時は、暑い夏に食べ物が傷みやすくなるため、
人々は贈り物として新鮮な食品を贈り合いました。これがお中元の始まりとされています。

お中元はいつ贈る?

一般的には、7月上旬から中旬にかけて送られることが多いです。

7月15日の「盆前」が特に一般的な贈り時とされていますが、
明確な決まりはなく地域によっては8月頃の贈られる場合もあります。

お中元はどこまで贈る?

お中元を贈る範囲の基準

お中元は、夏の季節に贈り物をする習慣であり、
主に親しい関係の人やお世話になっている方々に贈られます。

一般的には、家族や親戚、上司や同僚、
お世話になっている方々などに贈ることが一般的です。

贈る範囲は人によって異なる場合もありますので、
相手の関係性や自身の判断によって贈る範囲を決めましょう。

地域の習慣による差

お中元は、地域によって異なる習慣や範囲があります。

例えば、関東地方ではお中元の贈り物は、
親しい人や上司、取引先などに贈ることが一般的です。

一方、関西地方ではお中元は、特に上司や取引先に贈ることが多いです。

また、一般的には、お中元の贈り物は、食品や飲料、お菓子などが選ばれますが、
地域によっては、化粧品や家庭用品なども贈られることがあります。

お中元を贈る際には、相手の地域の習慣や範囲を調べて、
適切な贈り物を選ぶことが大切です。

地域の習慣や範囲を調べるためには、
インターネットや書籍、地元の人に聞くなどの方法があります。

また、贈り物の選び方やマナーについても、事前に調べておくと良いでしょう。

お中元の値段の相場

相場は贈る品物や関係性によって異なりますが、
一般的には数千円から1万円程度が相場とされています。

贈り物の品質や内容、贈る相手との関係性によって変わりますので、
よく考えて選ぶことが重要です。

関係値別だと
お中元の相場は下記のようになります。

  • 上司や取引先などのビジネス関係:3,000円から5,000円程度
  • 親族や友人などの親しい関係:2,000円から4,000円程度
  • 先生や上司の配偶者などの複数人への贈り物:5,000円から8,000円程度

贈る相手の好みや地域の風習、個々の状況によってもちろん変わることがありますが、
おおよそは一万円を超えない程度のようですね。

お中元におすすめのものとは?

お中元にはさまざまな品物がありますが、相手の好みや関係性によって選ぶべきです。

以下に、一般的におすすめされる品物をいくつか挙げます:

季節のフルーツ詰め合わせ

夏季には、美味しい季節のフルーツが豊富に出回ります。

マスカットやスイカ、メロンなど、
甘くてみずみずしいフルーツを詰め合わせた贈り物は喜ばれるでしょう。

和菓子詰め合わせ

伝統的な和菓子や季節限定のスイーツを詰め合わせたセットは、
日本の文化に触れたい人やお茶を楽しむ人に喜ばれます。

高級食材セット

高品質なお肉や魚介類、珍味などを詰め合わせたセットは、
料理好きや贅沢を楽しむ人に喜ばれるでしょう。

スイーツセット

チョコレート、クッキー、ケーキなど、甘いものが詰め合わせられたセットは、
幅広い年齢層や好みの人に喜ばれます。

健康食品セット

健康志向のある人には、
ヘルシーなお菓子や健康食品を詰め合わせたセットが喜ばれるかもしれません。

お酒

お酒好きな人には、地酒やワイン、焼酎など、好みに合ったお酒を贈るのも良い選択肢です。

これらの品物は一般的に人気があり、多くの人に喜ばれるでしょう。

しかし、相手の好みや関係性を考慮して、より適切な贈り物を選ぶことが重要です。

まとめ

今回はお中元についてまとめてみました。

生活リズム的にどうしても贈らない人もいると思いますが、
相手との円滑な関係値を作る上ではとても重要なものだと思います。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

この記事をシェア!