経済

ビックマック指数だと日本は危険⁉日本で暮らしていくためにやるべきこと

ビックマック指数なんて単語を聞いたいことがあるだろうか。
実はこのビックマック指数によると日本は危機的状況らしい。
今回はこのビックマック指数をわかりやすい解説と日本の現状について見ていきたい。

ビックマック指数は何がわかる?価格差から読み取れる日本と外国の経済状況

ビッグマック指数とは何ですか?

ビッグマック指数とは、世界経済の動向を示す指標の一つです。

この指標は、
アメリカのファストフードチェーンであるマクドナルドの商品である「ビッグマック」の価格を比較することで、
各国の物価水準や為替レートの適正性を評価するものです。

そんなハンバーガーの価格だけで経済がわかるのか?

という疑問も生まれてくるでしょうが、
マクドナルドは全世界の多くの国に展開しており、大半のメニューは統一されています。

そのため、同じ商品、特にマクドナルドで定番のビックマックの価格差を確認するで
国別の経済差も分かるようになります。

ビックマック指数から読み取れること

ビッグマック指数は、各国の物価水準為替レートの変動を考慮して算出されます。

例えば、ビッグマックの価格が上昇している国インフレが進行している可能性があります。

また、ビッグマックの価格が安定している国経済も安定していると言えるでしょう。

ビッグマック指数は、様々な経済学者や投資家などが経済分析に利用しています。

ビッグマック指数は、一つのハンバーガーの価格から始まった概念ですが、
世界経済の動向を理解する上で重要な指標となっています。

スターバックスにも似たような指数が、、、

また、世界中に展開している企業なら似たような指数もあり、
有名なところではスターバックスのトールラテ指数だろう。

トールラテ指数は、文字通り人気メニューであるトールラテの価格を基準に、物価の変動を示す指標です。

同じレストラン業態のメニューの指数ですが、
ビックマックと違いコーヒーには飲まれる文化圏が違う特徴があります。

そのため比較国によって指数が、国の経済状況に沿ったものになるのか変わってくるのが面白い点です。

日本のビックマック指数

さて、日本国のビックマック指数をみると2023年1月時点で
日本は54か国中41位とかなりの下位にあります。

基準となるアメリカは6位
GDP2位の中国は31位
GDP4位のドイツを抱えるEUは10位

他の先進国に比べてかなりの低さを出している。

本来は先進国になるにつれて、物価は上がっていくためビックマック指数ランキングも上位になる。

しかし、日本はGDP3位でもあるにもかかわらず下位にあり、
日本は世界的にはあり得えない物価安なのだ。

指数では物価安でも割高感しかない

さて、日本に住んでいるならわかるが、今の日本は物価安に感じるだろうか?

値上げが続いていき、生活が苦しくなっていると悲鳴を上げている人も多い。

しかし、それでも世界的には物価安である理由が2つある・

物価高に追いつかない給与問題

生活が苦しい理由にはまず、上がらない給与の問題がある。

厚生労働省のデータによると2008年のリーマンショックによる給与から横ばいが続いている。

日本の給与水準が上がらない理由としては

伸びしろのあるIT業界の遅れ
国際的な企業の少なさ

などが主な原因と考えられており、これらは政策を変えた程度では変化は起きないだろう。

円安による相対的物価高

また、コロナの影響から日本は金融緩和を実施しずっと円安が続いている。

円安は意図的に現金の価値を下げているため、国内だけで見れば物価高になる理由の一つです。

また、この円安も物価高に対してだけでなく、為替的にも円安であり、
何をするにも日本円で買うと割高になってしまっている。

そのため、今の割高感に拍車をかけてしまっているのだ。

個人で備えておくべきことは

日本に住んでいると物価高を感じるが
ビックマック指数だと世界的には物価安ということが分かったと思う。

これは日本円の価値がドンドン下がっていることを指しており、
このままの状態で日本に住むことは、とても危険なことをあらわしている。

外貨、外国株を持つこと

日本円だけではこのままでは生活できないためまずは外国の資産を持つことを始めましょう。

外国の資産としては

外貨
外国株

外国の不動産
外国にある会社

などある。

会社を持つことはさすがにハードルが高いが、外貨、外国株なら証券会社よりボタン一つで買えてしまうのでお手軽です。

必要なお金以外を外国株で持つというスタイル

実はこのような資産のほとんどを外国の資産に変えている人がいる。

それは富裕層だ。

富裕層は土地をいっぱい持って札束を持ち歩いているイメージを持つが、
実はすぐに使わないお金は株などに変えており、すでに日本の危険性に気が付いています。

みなさんも、日本で安全に暮らしていくために、
まずは資産を外貨、外国株に変えて自分の身は自分で守らないといけません。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

この記事をシェア!