投資

結婚後に考えるべき資産運用とは?老後、子育てに備えるために投資

結婚後に考えるべき資産運用とは?老後、子育てに備えるために投資

新婚生活の始まりは、幸せな時間ですが、同時に夫婦共有の財産を考える時でもあります。

結婚後、資産運用はどのようにすべきでしょうか?

結婚後の生活費や将来の夢のために、資産運用は非常に重要です。

しかしながら、具体的にどのように行えばよいのか分からない方も多いかと思います。

そんな人はこの記事で一度整理整頓してみてください!

結婚後に必要なお金

まず、考えなければいけないのは結婚後にはどのような費用が発生するかだ

出産、子育て費用

結婚でまず考えられるのは出産子育てです。

出産や子育てには多くの費用がかかります。

赤ちゃんのために必要な物品や医療費、保育園や学校の費用など、経済的な負担は大きいです。

大きなケガ、病気

ケガ病気自体は結婚しなくてもありますが、家族を持つとそうは言いてられません。

単純な計算でも、家族分のケガや病気のリスクがあるのです。

そのため、予防、備えとしても多くのお金は必要になるでしょう。

老後の生活費

結婚後、新婚夫婦にとってある意味、重要なテーマです。

特に、退職後の将来の老後の生活費を考える必要があります。

老後には年金や貯金だけでは十分な資金を確保することが難しい場合もあります。

結婚生活における「貯蓄」と「投資」の使い分け方

さて、結婚後に様々な面でお金がかかることはわかりました。

では具体的にどうお金を貯めて備えていくか、
そのためには「貯蓄」と「投資」に分けて資産を持っておかなければいけません。

まずは貯蓄です。

結婚生活では、将来の安定や夢の実現のためにお金を貯めることが大切です。

そのためにも貯蓄は、急な出費や予期せぬ事態に備えるための安全策です。

結婚後には、まず毎月数万円の貯金などをして貯蓄を考えましょう。

しかし、貯蓄だけでは将来の資産形成や収入の増加には限界があります。

これからの時代、インフレや低金利の影響も考えると、投資もしなければなりません。

投資は、将来の収入の増加や資産形成を目指すための手段です。

リスクも伴いますが長期的には大きく資産を増やすことも出来るので、
自分たちの目標やリスク許容度に合わせて、適切な方法を選ぶことが重要です。

貯蓄、投資これらは大きく分けると、すぐに使える資産かということにあります。

投資は投資先の商品にお金を変えているためどうしても引き出しに時間がかかったり、
評価価格が下がってしまって、損をしてしまうことがあるのです。

そのため、貯蓄と投資のバランスが重要です。

将来の安定や夢の実現のために、しっかりと考えて行動しましょう。

結婚生活における投資の距離感

結婚後は、家族を守り育てるために責任を持つ必要があります。

そのためにも投資をして資産を大きく増やす必要がありますが、
リスクを大きく取ってしまうと家族全員が路頭に迷ってしまうなんてこともありえます。

そのため、投資との距離感というものを意識しないといけません。

距離感をかかる上で大事なのは、

いつまでに
どのくらいの資産を
どのくらいのリスク

を考えなければいけません。

例えば、定期預金や国債などはとても安定した運用方法ですが、
金利がとても低く十分なリターンを得ることが難しいです。

逆に、一つの企業の株を買ってみるとします。

その場合は、その企業が倒産したらもちろん資産もゼロになります。

そのため、リスクが大きすぎますね。

このようにリスクとリターンはシーソーの関係ですので、
家族のもっとも良いバランスを見極めなければいけません。

投資信託を活用した資産運用

結婚後はリスクをしっかり抑えて投資をしなければため、個人的には投資信託による資産形成がお勧めです。

投資信託は、複数の投資家が資金を出し合い、その資金を運用する仕組みです。

初心者の方でも気軽に参加できるため、資産運用の一つとして人気があります。

投資信託の特徴は、プロのファンドマネージャーが資金を運用してくれることです。

ファンドマネージャーは市場の動向を把握し、最適な投資先を選んでくれます。

そのため、自分で株や債券を選ぶ必要がなく、専門知識がなくても始めることができます。

また、投資信託はリスクを分散することができます。

複数の銘柄に投資するため、一つの銘柄の価値が下がっても他の銘柄の成績が良ければ、
全体のパフォーマンスが保たれます。

結婚後だとどうしても日常がどうしても忙しくなってしまいます。

そのため初心者でも参加しやすく、
リスクを分散もでき、プロに任せて放置できる投資信託はお勧めの資産運用方法になります。

目標をしっかり設定して手堅く増やす

結婚はとても喜ばしいことですが、
現実的には備えるお金が必要になってくるため、様々な対策が必要になります。

手段としては投資が一番リスクとリターン、
また効率が良く投資信託と貯蓄に分散して資産運用をするのがいいかもしれませんね。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: , ,

この記事をシェア!