経済

デイトレードとスイングトレード、どちらがおすすめ?それぞれのメリットとデメリットを徹底比較!

短期取引をしたいと考えた時、
スイングトレードデイトレードあるいはスキャルピングなど様々な手法がある。

言葉の響き的にはデイトレードが一番有名なために、トレードするならデイトレード
となりやすいですが、
初心者が短期取引をする際は実はデイトレードはかなりリスキーであり、
初めて短期取引をする場合は実はスイングトレード方が良いとされています。

今回は初心者にお勧めできるスイングトレードと他の手法との違いなどを見ていきましょう。

もし短期取引に興味をお持ちでしたら今回の記事は
どの手法にすべきかの一つの判断材料になることでしょう。

上昇、下降している投資を表現している画像

スイングトレードとは

まずはスイングトレードを知らない人もいらっしゃると思うので説明します。

投資、取引はその期間に応じて短期、中期、長期と分かれるが、
スイングトレードは中短期トレードと言えるだろう。

基本的に数日から長くて数か月のポジションを持つことが多く、
株式や通貨などの様々な金融商品で取引されている手法です。

主な利益の作り方は値動きによるキャピタルゲインです。

スイングトレードでは銘柄が数日以降でどのように動くかを予測します。

そして、決めた期間あるいは決めた含み益に達したタイミングで売買取引を行い利益確定します。

デイトレードとスイングトレードの違いとは?

基本的には両方とも短期トレード

まず、デイトレードとスイングトレード共に短い期間で取引になります。

投資初心者や銀行窓口で紹介されるつみたて投資、
インデックスファンドなどは数年、下手すれば数十年後に利益を回収する投資手法になります。

取引する期間

短期トレードの中でもデイトレードは一日の間に取引をするが、
スイングトレードは1取引を数日から数週間かけて行い利益を出すようなトレードです。

そのため、投資する商品や目的がかなり変わってくるため、
デイトレードでおすすめしている銘柄≠スイングトレードでもおすすめできる銘柄、
となるため、銘柄選定にはしっかりと注意しなければいけません。

トレードに必要な知識

また、それぞれのトレードに必要な知識は意外と違ってきます。

トレードをする際の手法として主にファンダメンタル分析テクニカル分析があります。

ファンダメンタル分析は相場が大きく動きそうな情報を仕入れて分析して投資を行います。

例えば、政府の大きな発表選挙など挙げられ、
日頃から経済のニュースを多く仕入れる必要があります。

そのため、中期的な投資によく用いられる手法であり、
スイングトレードの場合は、主にファンダメンタル分析を用いて取引すべきでしょう。

一方のテクニカル分析は値動き細かな動きや変動の大きさから予測をする分析方法です。

その数分後から数時間後の値動きを予測するのに強い分析であり、
デイトレードと相性がよく必須な知識です。

なぜスイングトレードの方がおすすめできる?

デイトレード、スイングトレード共に分析と経験があればしっかり勝てる短期取引ですが、
初心者におすすめできる手法としてスイングトレードの方がいいでしょう。

テクニカル分析は身に着けるが難しい

まず、短期取引で使うテクニカル分析とファンダメンタル分析があるが、
テクニカル分析すぐには身につかないスキルです。

ひとえにテクニカル分析といっても移動平均線などの値動きの分析からRSI などの相場
熱量を図るオシレーター系などがある。

そのため、一言でテクニカル分析と言っても何を使うかによって結果は大きく変わってしまう。

一方ファンダメンタル分析経済動向や政府など指数発表などを確認し、
値動きの変化を予測します。

そのため、日頃から経済ニュースをしっかりと読んでいればある程度の傾向が分かってしまうのです。

ファンダメンタル分析の方が習得はしやすく、それに適したスイングトレードの方が始めやすいです。

短時間の激しい値動き

またデイトレードの場合は一日のうち、
かなりの値動きに対してトレードをするため、集中力が必要になります。

ベテランデイトレーダーにもなると一日に数億円の値動きは当たり前になります。

そしてプラスでもマイナスでも大きな値動き初心者にとっては鬼門です。

プラスになったらからもっとリスクのある取引をしよう!
大きくマイナスしたからとりあえずためにも頑張って取引をしないと、、、

そうなって潰れていったトレーダーは山のように見ています。

取引、投資において必要なのは何よりも冷静さです。

そのため、冷静な取引がしづらい初心者のうちは
長期投資、中期投資、スイングトレードと徐々に期間を短くしていきましょう。

ルールを決めやすい

投資をするときはいつまでに売るか
いくらまで投資するかなどルールを決める必要があります。

そして単純にスイングトレードの方が1取引の期間が長いため、ルールを決めやすく安心して投資ができます。

短期投資の場合は主に、

①いつまでに売買取引を行うか
②どのくらい含み損が発生したら損切りするか

を決める必要があります。

特に①がブレると、
「上がるかもしれないからまだ売らない」
など感情が入り安くなってしまいます。

そのため、安定した取引、ルール作りのためにも少なくともいきなりデイトレードから始めるのはおすすめしません。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

この記事をシェア!