投資

早期退職の落とし穴!失敗してしまう人の特徴と行うべき準備とは

仕事に依存しない
好きなことが出来る
早期退職は、多くの人が憧れる夢の一つです。

しかし、注意しなければならないポイントも多く存在し、
退職後後悔した生活に困ってしまったという声は実は多いです。

この記事では早期退職の失敗を避けるためのアドバイスをご紹介します。

早期退職の落とし穴やポイントを理解し、計画を立てる上で参考にしていただければ幸いです。

早期退職

早期退職をする理由

早期退職とは、定年を待たずに早めに退職することだけを意味します。

そのため、退職する目的は人それぞれです。

FIRE、セミリタイアするため

一般的なイメージとしてはこれではないでしょうか。

FIRE(Financial Independence, Retire Early)は、
財政的な独立を達成し、早期にリタイアすることを目指すライフスタイルの哲学や運動を指します。

貯蓄投資などでその後の人生に困らない資産を築き
その後は資産を使いながら趣味などに時間をあてる生き方です。

コロナ禍で投資が注目を浴びるとともにFIRE、セミリタイアなどは注目され、
一つの憧れのような存在となってます。

仕事への不満、転職するため

また、現状の仕事に満足できず新しい仕事給与が高い会社に転職するために早期退職する場合もあります。

この場合、前職の業界と同じでなく
興味があった仕事、今の生活スタイルに合わせてアルバイト雇用に変えるなど理由は多種にわたります。

家族にとの時間のため

また、仕事が忙しく、家族との時間が不足している場合、
早期退職を通じて家族との絆を強化し、共に時間を過ごすことができます。

独立、新たな挑戦

また、独立して自分で仕事をしたり、新たな挑戦に時間を充てることができます。

特に独立の場合、収入が大きく上がる可能性もあります。

失敗する早期退職とは?

早期退職には、自由な時間を持てたり、ストレスやプレッシャーから解放、
また、新しい仕事、趣味への挑戦など自分の人生を豊かにします。

しかし、早期退職の生活をしっかり意識しないと生活に困ってしまったり、また働かなければならないことが起こります。

収入の減少

まず、早期退職には収入が減る可能性を考慮しないといけません。

転職で高い給与が提示されているなら別ですが、
資産運用だけの収入に頼る生活、アルバイトに切り替えるのは、
サラリーマンなどで働いていた頃より収入が大きく下がることが多いです。

そのため、減った収入だけで日々の生活費、突発的な医療費などを工面できるか計算しないといけません。

年金額が減る

また、将来的に貰える年金が減ることがあります。

年金額は加入期間や収入に基づいて計算されます。

そのため早期退職により、収入がなくなる、減ってしまう場合、
基礎年金の支給額に影響してしまうのです。

人間関係が希薄になる

また、退職後の時間の使い方や生活スタイルの変化に対応できないと、退屈孤独感に悩まされることもあります。

そのため、寂しさから鬱になってしまったり、再就職してしまう場合があります。

再就職のしづらさ

また、一度早期退職してしまうと再就職が難しい問題があります。

日本の企業は長く働くことに美徳を覚える終身雇用制度の文化がまだ抜け切れていません。

そのため、40代、50代が再就職することが困難であり仮に就職できても賃金がかなり減ったパターンが多いです。

失敗しないためのセットアップ

早期退職は自分の人生を豊かにする、夢を叶える手段として有効ですが、
事前に起こりうるリスクそれに対する準備をしておかないと人生の最後で失敗をしてしまいます。

そのため、早期退職を目指すうえでは以下のことにまず注意しましょう。

財務計画を立てる

まず、将来の生活費医療費などを見据えた財務計画を立て、経済的な安定を図りましょう。
特に資産運用で退職後の生活費を工面する場合は十分な資産がないと精神的にも辛くなってしまいます。

時間を費やせる趣味や興味を持つ

自由な時間というのは選択肢が多く魅力的ですが
自分の心が満たされることをしないと辛い時間を送るだけの日々になってしまいます。

そのため、退職後の時間を有効活用するために、没頭できる趣味を見つけたり、
常に新しいことに興味を持つようにしましょう。

自分の市場価値をしっかり把握する

また、転職でもリタイアでも自分の市場価値を知っておくことはとても大切です。

市場価値とは自分がビジネス、仕事でどのくらい活躍できるか、
サービスを生み出しお金を生み出せるかのパフォーマンス力のことです。

このパフォーマンス力が高いと再就職や転職にとても有利であり安心して早期退職もできるでしょう。

そのため、自分の市場価値をしっかりと把握して

早期退職出来るか
もう少し勉強、スキルを付けた方が良いのか

をしっかりを見極めましょう。

そもそも早期退職がしたいのか

また、そもそも今自分が早期退職をしたいのかをしっかりと見定めましょう。

最近友達が早期退職したから自分も早期退職したい
仕事が辛いから早期退職したい

様々な理由がありますが、退職後に自分が幸せになるのかは別です。

例えば、仕事にプライドや楽しみがあるのであれば仕事を辞めることは不幸になってしまいます。

また、今の仕事が辛いのであればまずは上司に相談し働き方を変えて貰ったり、部署異動を希望するのもいいです。

退職は一度してしまうと前の状態には簡単には戻れません。

そのため、安易な理由で選ぶは逆にリスクしかありません。

早期退職を加速させる方法

最後に早期退職をいち早く目指すための方法を紹介します。

仕事のスキルアップ

まず第一に目の前の仕事を頑張り、スキルを身に着けることがあります。

すっごく当たり前のことですが、これが出来ないと早期退職なんてまず無理です。

仕事のスキルアップ自分の市場価値が上がるだけでなく、収入にも直結します。

そのため、早期退職に必要な資産形成にも大きく貢献します。

投資をする

これも絶対にやっておかないといけません。

投資は株式や不動産などの価値ある資産を購入することで配当金などを受け取れるようになります。

配当金は自分で労働をしなくてもお金が入って来る唯一の仕組みです。

そのため、投資なしでは安定した早期退職は狙えないでしょう。

独立、起業する

また、自分にある程度の市場価値があるなら起業することもいいです。

起業をするとビジネスで発生した利益はすべて自分のものとなり、資産形成が大きく加速します。

もちろん、起業には知識や努力は必要ですので簡単には出来ませんが、素早く早期退職するなら気にしておきましょう。

自分の価値観、優先順位を見直す

また、自分が人生において何が大切で、何に時間を使いたいかをしっかりと把握しておかなければいけません。

具体的な目標、目的を持つことは今すべきこと、いつまでにお金が必要なのかなどやるべきことが明確になります。

そのため、しっかりとありたい未来の自分の姿を捉えましょう。

道中も楽しまないと早期退職は楽しくない

最後に早期退職はあくまで自分の人生の手段であり、目標としすぎないことが大切です。

早期退職するために日頃から節約をして、残業をし続けるそんな生き方をしても退職後、
心から生活を楽しめるからは少し疑問です。

お金が無くなること不安を感じなんだかんだ再就職してしまう。

そんな知り合いも多く実は見てきました。

早期退職は趣味、人間関係に時間を使いたいから、
新しい仕事、起業がしたいからと成りたい自分の生活への手段でしかありません。

そのため、あまり気負いせずに今の生活も楽しみながら目指す程度のスタンスの方が結果的に失敗はしないと思います。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!