経済

30代でFIREは出来るのか?経済的自由を目指すための必要な資金計画!

FIRE(Financial Independence, Retire Early)を目指す人はここ数年で多くなっています。

特に傾向として20代30代の若い層で、
会社で偉くなるよりも経済的自由を手に入れて、早期退職したい人が多いみたいですね。

私自身もアーリーリタイア(早期退職)をしているため、
結論から言うなら30代でリタイアは出来ます。

しかし、30代でFIREを目指すためにはそれなりの注意点リスクもあるので是非この記事から学んでみてください。

バカンスの画像

30代でのFIREするために必要なこととは

貯蓄出来る生活スタイル

30代でなくて経済的自由を目指すのであれば、
まずは、無駄使いをしないで常に節制する生活スタイルを作らなければいけない。

ぎりぎりまで切り詰めなければならない?

もちろん、そんなことはありませんが、
30代でFIREを目指すのであれば人よりも削れる費用は削っておかないといけないでしょう。

収入をバズらせる

また、時間をかけた資産形成が出来ない以上、入って来るお金の量、
つまりは収入額が普通の人より多くしなければいけません

本業のスキルアップ、副業をするなど年収の増やし方は色々とありますが、
30代のリタイアなら起業することがほぼ絶対条件になります。

起業をして自分のビジネスを持つと、副業や転職などで収入を増やすよりも効果的に資産形成が出来ます。

事業によっては1年で数億円が稼げたり、リタイア時に事業を売却すれば売却益も狙えます。

一方雇われの会社員では、30代ならせいぜい1000万円目指せれば良い方です。

もちろん、会社員の方が安定はあるかもしれませんが、
30代でFIREを目指すならビジネスへは積極的に頑張らなければいけません。

リスクを大きく取った投資

このブログではよくインデックス投資などの、
時間をかけて確実に資産形成をする方法をお勧めしているが、
30代でのリタイアを目標とする場合はハイリスクな投資をしなければいけません。

例えば、仮想通貨レバレッジありでの株式の購入などになります。

このような投資は、資産が大きくマイナスになる可能性もあるため一般的にはお勧めできません。

しかし、短時間で資産を数倍に増やせるポテンシャルを秘めています。

そのため早期リタイアには必要な投資です。

いくらあればリタイアできる?

さて、30代でFIREを実現するためには、大きくリスクをとった戦略が必要になります。

しかし、リスクを取るにしても必要最低限がいいでしょう。

ではFIREする上ではどのくらいの資産があればいいのでしょうか?

4%ルール

老後など人生の終わりが近いなら資産は減っても気にしないかもしれませんが、
30代FIREの場合は、なるべく老後まで資産を減らしたくないでしょう。

そこで資産を減らさないために投資資金の4%で取り崩す4%ルール」というものがあります。

4%ルールとは支出額を資産の4%未満に収めると投資資金が減らないというものであり、
実際に、米国株式(S&P500)の年平均成長率から平均物価上昇率引いた際にデータから算出されている。

そのため、少なくとも老後など資産を崩しても良くなるまでに投資資金の4%で生活できれば理論上では30代FIREが出来る。</span>

6000万円あればリタイア可能?

例えば、月々に掛かる生活費の合計が20万円だったとする。

その場合年間支出額は240万円となる。

そのため、240万円を4%としたとき、理論上、必要な投資資金は6000万円となります。

しかし、病気、ケガなど突発的な支出はどうしてもあります。

そのため、大雑把には1億円くらいなきゃ不安を感じてしまうかもしれません。

このように早期のリタイアを計画する場合は、不確定要素が多くリタイア可能かの判断が難しいです。

30代FIREのデメリット

さて、FIREは人生の自由にもつながるため、
早めになっておくべきと考えがちだが、早すぎるFIREの欠点もある。

若いうちの経験、体験が減る可能性

30代でのFIREするために必要なことでも挙げたが、
人によってはかなり生活を切り詰めないとFIRE出来ない場合がある。

そのため若いうちにしかできない経験などを取りこぼしてしまう可能性があります。

特に仕事恋愛においては著しく選択肢が狭まってしまう可能性があります。

そのため、自分が将来的にどうなりたいかもしっかりと考えたうえで資産計画を練らなければいけません。

投資で失敗してしまう

また、投資で資産を広げようとしてリスクを大きく取ってしまい生活が困窮してしまう可能性があります。

そのため、投資リスクを上げるにしてもある程度にしておいたり、適切な投資先を選ばなければいけません。

将来の不安とキャリア

FIRE=早期退職ではないですが、仕事を辞めてしまった場合収入が無くなってしまいます

そのため、将来起こる可能性のある
災害ケガ病気などによるお金の支出に投資と貯蓄備えなければいけません。

また、仮に資産が足りなくなって再就職をする際もキャリアが途中でなくなっているため、
同年代よりも十分な金額を貰えない場合があります。

まとめ リスクを受け入れられるか

今回は30代でFIREを目指す場合の方法、金額、リスクなどについて見ていきました。

ネットの記事にはよく30代でFIRE出来ると書かれているものが多いですが、
それにはビジネス投資または生活に人一倍の努力とリスクを取らなければいけません。

特にインデックス投資のような「これをやればいい」みたいなマニュアルが存在しないので、
実際に目指すのはかなり大変です。

しかし、実際にやってみると案外楽しかったり、お金がどんどん増えていくことに楽しみも覚えるかもしれません。

また、FIREとは仕事をいつでも辞めれる状態なだけで、
起業したビジネスが楽しければそのまま仕事をしたりできます。
むしろ、このように好きにビジネスも自由も選択できるのが一番幸せかもしれませんね。

とは言え、もちろん向き不向きもあります。
そのため、どのくらいのリスクが自分の人生でストレスが一番ない資産計画をしてみましょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!