経済

株価の暴落との付き合い方。失敗しないための対応方法と備え

株価の暴落との付き合い方。失敗しないための対応方法と備え

コロナが収束してから株価の大きな暴落などはまだ起きていない。

しかし、株価の暴落はいつ起きるかわかりません。

そのため、暴落が起きる前に対応方法をおさらいしましょう。

暴落対策は特に初心者には重要なマインドと手法になります。

暴落時の対応方法とは?

暴落時の対応方法とは、株式投資においてリスクを回避するためのポイントです。

株式市場は時折大きな変動を経験し、株価が急落することもあります。

そのような場合には、冷静な判断と対応が求められます。

まずは深呼吸して冷静に

まず、暴落時には感情に左右されず冷静さを保つことが重要です。

リアルタイムの暴落の場合はどんどん株価が下がり評価価格が目減りしていくため、
胸が引き締められるような状態になります。

そんな時でもパニックにならずに市場の状況を客観的に分析し、判断するために、心を落ち着けましょう。
心の落ち着け方はひとそれぞれかもしれませんが、株においては一旦株価を見ないことをお勧めします。

下がっていることは変わりませんが、目の前で具体的な数字で減るのは心に本当によくないです。

なぜ下がっているかを調べる

暴落には戦争や政策発表のような分かりやすい理由から、

景気悪くなってきたかも?

みたいな投資家の感情で株価が下がってしまうことがあります。

このような理由の場合、
株式市場は一時的な変動であることが多く、長期的には成長していく傾向があります。

売ることは安易には決めない

また、売ることは安易には決めない方がいいです。

暴落時は気持ちの不安から感情で売買をしてしまうことがあります。

その際長期的には損をしてしまう判断もあるため、冷静に分析して自分の投資に合わない、数値的に無理かどうかをしっかり判断しましょう。

買い増しもあり

また、株価の暴落は市場が過剰反応することがあります。そのため、本来の価値よりも安く購入することができるチャンスが生まれます。

もちろん、トレンドが変わってしまうことありますが長期的には大抵株価は元に戻ることが多いです。

将来的に価格が回復すれば利益を得ることができる可能性が高まります。

そのため、暴落がある程度落ち着いた底値が見えたら購入してもいいかもしれません。

ただし、買い増しは投資の知識と経験がないと判断が難しいため、
初心者の場合はせめて上がり始めてから買ってもいいでしょう。

暴落に備えるための分散投資

また、事前に暴落に備えることも投資においては重要です。

前もって予知して、売却できればいいですがそれはプロでも難しいのは素直に分散投資をしてリスクヘッジすることをおすすめします。

複数の銘柄や業種に投資することで、リスクを分散させることができます。

一つの銘柄や業種に依存することなく、幅広い投資先を持つことで、暴落時のリスクを軽減することができます。

また、現金を所持して置くこともいいでしょう。

銘柄にもよりますが、現金と株式は逆相関の関係にあることが多く、
暴落時は相対的に現金の価値が上がります。

勉強はしておこう

また、やはり投資の知識を深めることも重要です。

株式市場の動向や企業の業績などについての情報を収集し、分析することで、より正確な投資判断を行うことができます。

投資に関する知識を積極的に学び、自己啓発を行うことで、暴落時にも冷静な判断ができるようになります。

特に買い増し、損切りの判断は知識と経験で自分自身で判断しないといけません。

そう考えると勉強が一番の暴落の備えになるのかもしれません。

暴落は備えと冷静な判断を、、、

株価暴落時の投資戦略は、冷静な判断力分散投資投資の知識の三つが重要なポイントです。

これらのポイントを意識しながら、株式投資を行うことで、リスクを軽減し、安定した利益を得ることができるでしょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

ちなみに、、、

私はLINEでは株式に特化した情報を発信しています。
個人的な株式に関する質問や相談も受け付けています。

「他の経済の話は興味ない」
「とにかく株式のことを聞きたい!」

こんな方はもちろん(笑)
そこまでじゃなくても、株に興味があったら私のLINEアカウントを友だち追加してメッセージください。

タグ:

この記事をシェア!