経済

経済格差の影響はどのようなもの?経済成長が作る格差の問題について

経済格差を表す画像

円安の影響、不景気もあり日本では現在、経済格差がどんどん大きくなっているとされています。
そんな、経済格差ですが実際にどういうものなのでしょうか?

経済格差とは何か?

経済格差とは、人々の経済的な状況や所得の差による生活の差が生じることである。

所得の高い一部の人々が豊かである一方で、
他の人々が貧困や経済的な困難を抱えている状態を指し、年々この差が大きくなっているとされているのだ。

経済格差が生活に与える影響とは?

さて、格差は良くないことだとよく言われるが実際にどう影響があるのだろう。

社会全体の不満感

経済格差が広がると、社会の不平等感が高まります。

一部の人々が豊かな生活を送りながら、他の人々は貧困や生活の困難に直面しているからまあ当たり前ではありますね。

このような状況が続くと、社会の結束力が弱まり、不満や対立が生じる可能性があります。

公共サービスの利用

また、経済格差が広がると、教育医療などの公共サービスへのアクセスにも差が生じます。

高所得者は、より良い教育や医療を受けることができる一方、低所得者は制約を受けることがあります。

これにより、教育や医療の質の格差が広がり、社会的な機会均等が損なわれる可能性があります。

文化的な最低限度の生活

さらに、生活に必要な食料や住居、衣服などの基本的なニーズを満たすことが難しくなります。

これにより、社会的な不安定感犯罪の増加など、社会問題が引き起こされる可能性があります。

もしかしたら今はやりの「闇バイト」も格差が原因なのかもしれませんね、、、

闇バイトについても記事をまとめてみました!

教育格差

また、受けられる教育に差が生まれてしまいます。

日本は現在中学校までを義務教育としそれ以降は自費で学校に通わなければなりません。

そのため、家庭が貧困層であればそれだけで行きたい学校、分野への制限が発生します。

また、中学校、小学校までの教育もインターナショナルスクールなど学べる項目が大きく変わってしまう。

経済成長と経済格差の関係性

格差が生まれる背景には、実は国の経済成長が大きく関わっているとされています。

経済成長とは、国の経済が拡大し、国民の生活水準が向上することを指します。

国民の生活水準が大きく挙がるため格差が生まれにくいと思いがちですが、
成長についていけなかったビジネス、市場などは取り残されてしまうため、
成長後所有する資産が大きく変わってしまうのだ。

経済格差を解決するためには、経済成長に合わせて社会的な取り組みが必要です。

例えば、教育の機会を平等に与える福祉サービスの提供、所得の再分配による格差の軽減が重要です。

まとめ

経済格差が生まれる背景には国の経済成長による所得、仕事の差がありました。

格差は社会に深刻な影響を及ぼすとされ、
所得の不平等や機会の不均等が生じ、社会的な不安定や犯罪率の上昇を招く可能性があります。

この問題を解決するためには、教育の普及や賃金の公正な設定、社会保障の充実など、具体的な施策が必要です。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

この記事をシェア!