経済

【花粉症に負けない婚活術】マスク、くしゃみはどうすればいい?成功するためには

今回は花粉が辛い時期の婚活事情についてまとめました。

春先、夏前は気温も安定していますし、過ごしやすい時期が続いていますよね。

しかし、ここ数年で花粉症がひどい時期ともいえるようになりました。

花粉症は東京都内などだとなんと半数の人が悩まされる症状です。

そして婚活では

マスクをすべきか?

話している時にくしゃみはしていいのか?

どうすれば花粉に悩まされないでお話しできるか

など悩みは尽きないと思います。

しかし、花粉症はしっかりと今となっては予防接種、薬などを始めしっかり対策すれば、

ほとんど症状が抑えられます。

【花粉症に負けない婚活術】マスク、くしゃみはどうすればいい?成功するためには

日本の花粉症はひどい理由

三大花粉というものがあり、そのうちの一つは日本にしかないスギが入っています。

ではなぜ、日本にはスギが多いのでしょうか?

要因としてます、日本の気候と土壌がスギの生育に適していることがあります。

スギは湿度が高く、冷涼な環境を好みます。

日本は四季がはっきりしており、夏は多くの雨が降り、冬は寒くなります。

このような気候条件がスギの成長に適しているのです。

さらに、日本の歴史的な背景もスギの多さに関係しています。

日本では古くから建築材料や木材として杉が利用されてきました。

特に神社や寺院、伝統的な建築物などでは、杉の木がよく使用されています。

そして、戦後の日本では国の経済を支える産業として林業も力を入れようとし、スギの植林が盛んに行われ、森林が広がっていったのです。

自治体の花粉対策、伐採など

一日に数千億円の経済損失が出ている花粉にはもちろん自治体からも対策が色々と考えられています。

例えば、林業者による杉の木の伐採も行われていますし、
花粉の少ないスギに変えるなど対策をしているようです。

しかし、一部の見識では花粉の発生を半分に減らすには約30年もかかってしまうらしく、
すぐに健康、経済効果に影響が出る政策はないのが現状です。

2024年度から花粉の発生源となるスギ人工林の伐採と花粉飛散の少ない品種への植え替えを集中的に進めることが分かった。全国に約441万ヘクタールある人工林の約2割を重点区域の対象とする。30年後に花粉の発生量を半分に減らすことを目指す。

引用元:花粉症対策に46都道府県でスギを重点伐採

花粉症と婚活の両立

さて、そんなひどい花粉の中でも将来のパートナーを探すことはやめたくないですよね。

では花粉症でも婚活するために気を付けるべきことをあげていきましょう。

マスクは外したい

花粉症の対策としてマスクを着用したり、外出時にはメガネをかけたりすることで花粉の侵入を防ぐことができます。

しかし、婚活として考えた場合、マスクをしている、されているとどうしても表情が読み取れずうまくいかないと思います。

そのため、すっごく辛いですが、なるべくマスクを外して婚活をしておく方が良いでしょう。

どうしても薬などで抑えてもくしゃみが出る時もあると思います。
その際はしっかりと花粉症だと相手に断りを入れてその場を離れればいいと思います。

花粉症は現代病の中でも特に日本でひどい被害をもたらしている症状です。

そのため、ほとんどの人がその辛さを理解してくれます。

だからしっかりと断ること自体は失礼にはならないと思いますよ。

場所をこだわる

さらに、婚活活動を工夫することも大切です。

例えば、屋内でのデートやおしゃれなカフェでの会話を楽しむことで、
花粉の影響を最小限に抑えることができます。

また、婚活パーティー結婚相談所など、
花粉の飛散が少ない場所での活動を選ぶこともおすすめです。

花粉症と婚活の両立は、少しの工夫や対策をすることで可能です。

自分の体調をしっかりと管理しながら、
素敵なパートナーを見つけるために努力しましょう。

花粉症が辛い時期でも、希望を持って前向きに取り組むことが大切です。

花粉が付きづらい服を選ぶ

また花粉の厄介なポイントとして衣服についてしまい室内に持ち込むことがあります。

そのため、花粉が付きづらい服、スプレーをして対策をしましょう。

これらは見た目には大きく変化が現れないため、婚活にも影響が少ないでしょう。

注射

花粉症の症状を軽減するための効果的な治療法の一つとして、花粉症の注射療法(アレルゲン免疫療法)があります。

この治療法では、アレルゲン(花粉など)に対する免疫反応を緩和するために、
定期的にアレルゲンを注射することで免疫系を調整し、症状の軽減を図ります。

注射療法は花粉症対策の中では今一番効果的です。

この注射の注意したいところは、
副作用で気だるさ
治療費が高くなること

などあります。

まとめ

春先、初夏は天気も良く、新しい出会いも多い時期です。

天気も暖かいので婚活をするなら外で気持ちよくしたいですが、
花粉症に悩まされている人も少なくはありません。

しかし、花粉症はしっかりと対策をすれば症状の緩和も出来ます。

中にはどうしてもお金がかかってしまうものもありますが、
婚活の成功確率を上げると考えたら安いものではないでしょうか?

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!