経済

北朝鮮がミサイル発射、衛星打ち上げをする理由。日本、国際社会が求められること

北朝鮮がミサイル発射、衛星打ち上げをする理由。日本、国際社会が求められること

北朝鮮のミサイル発射のニュースを昨今はよく聞くと思うが、そもそも北朝鮮はなぜミサイルを打つのでしょうか。

北朝鮮はどんな国?

北朝鮮は、日本から見ると非常に特殊な国です。

政治体制や社会制度が他の国とは異なっており、人権状況も大きな関心事です。

北朝鮮は、1950年代に朝鮮戦争が起きた後、現在のような政治体制になりました。

この国は、共産主義の原則に基づいて運営されており国家主義と指導者崇拝が重要な要素となっています。

しかし、北朝鮮の政治体制は、人権侵害や言論の自由の制限など、多くの批判を受けています。

報道の自由は制限されており、国内の情報は厳しく統制されています。

また、政治的な反対意見や異なる意見を表明することは、危険を伴うこともあります。

そのため、アメリカ、日本などの個人を尊重するような資本主義の国とは折り合いが付かず、
長い間、国際的な対立がありました。

北朝鮮のミサイル発射の背景とは?

北朝鮮がミサイルを発射する背景には、いくつかの要素があります。

国力のアピール

まず、北朝鮮という国ですが核兵器の保有などにより
国際社会からの制裁を受けており、経済的な困難に直面しています。

国際援助や経済難の脱出には核兵器を辞めることが一番早いですが、
長年の国の対立もありなかなか難しいのが現状です。

そのため、北朝鮮は圧力という意味でミサイル発射を行い、国内外の注目を集めようとしているのです。

ほとんど脅しとしての方法になりますが、確かにミサイルを色んなところに撃たれても困りますしいいけん制になります。

また、国内にも自国の強さを証明でき、内政の安定にも繋がるのです。

保安、武器としての開発、強化

さらに、北朝鮮はアメリカや日本などの周辺国が軍事的な脅威となる可能性があると考え、自国を守るためにミサイル開発を進めています。

特にアメリカは北朝鮮からすると対立する相手になるため、
地球を半周するようなミサイルが必要であり、その開発の一環としてミサイル発射もしています。

また、自国を守るだけでなく第三国へ武器を下ろす武器産業としての側面も北朝鮮は持っています。

特に今現在はウクライナとロシアの戦争もあり武器需要は上がっています。

そのため、自国経済のためにもどんどんミサイルを打ってるのです。

具体的な例としては、過去に北朝鮮はミサイルを日本の近くに落としたことがあります。

これは、日本がアメリカと同盟関係にあるため、アメリカに対する牽制(けんせい)の意味も含まれていると考えられます。

北朝鮮がミサイルを発射する背景には、経済的な困難や安全保障の必要性があります。

しかし、これらの行動は国際社会との関係を悪化させる可能性もあるため、対話や交渉による解決が求められています。

日本が確実は対応を求められる時は近いかもしれない

北朝鮮のミサイル発射は国の防衛、軍事力の誇示などアピールとしての側面が多く、いままでは戦争行為などには発展しませんでした。
しかし、ウクライナ、ロシアの戦争もあって国際情勢は不安定です。
そのため、北朝鮮が本当に領地にミサイルを打つこともあり得ます。

そうならないためにも今後はより一層の防衛強化をしてほしいですね

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!