経済

放置は危険?ラテマネーを抑える理由、節約方法と考えるべきこと

放置は危険?ラテマネーを抑える理由、節約方法と考えるべきこと

ラテマネー

節約、倹約をする上ではラテマネーの節約は考えないといけない。

ラテマネーとは、日常生活で無駄遣いをしてしまうことを指します。

例えば、

出勤時、コーヒーショップでのカフェラテを毎日買い、お気に入りのタンブラーで会社に向かう。

毎週末、決まった行きつけの店で外食を頻繁にすることなどが挙げられます。

これらの出費は一つ一つは少額ですが、積み重ねで月々の支出に大きな影響を与えることがあります。

このような少額の浪費をラテマネーといいます。

年間で12万円もの出費に?

さて、ラテマネーを具体的に見ていきましょう。

例えば、一杯500円のおいしいカフェラテ。

これを出勤時に毎回購入すると単純計算で月に約1万円もかかってしまいます。

年間にすると約12万円

コーヒー代で12万円と考えると恐ろしい金額ですね。

コーヒーやお菓子のような娯楽面以外にも手間賃的なラテマネーもあります。

例えば、ATMの手数料です。

ATM手数料は一回に100円前後かかりますが時間などを意識すれば手数料無料で利用できます。

また、コンビニ弁当なども少し歩けばもっと安いスーパーの弁当があるのに
歩く手間をかけたくないからコンビニに行くという意味でラテマネーと言えるでしょう。

ラテマネーの抑え方、節約術

収入が多い、資産がある人でもコツコツかかるラテマネーはしっかり意識しないと危険です。

そのため、抑えられるラテマネーは抑えていきましょう。

置き換え、代用する

例えば、自宅でコーヒーを淹れることや、外食を控えることなどがあります。

自宅でコーヒーを淹れれば一杯100円もかかりません。

また外食も習慣化するのではなく、特別なことがあったら行うなどにするか、
外食ではなく良い食材を買って自炊するなど置き換えることが重要になります。

固定費の見直し

また、サブスクリプションのサービスもラテマネーです。

最初はずっと見ていたけど、最近はそこそこしか見ない、使わないなどのサービスがあるはずです。

そのため、定期的な支出の確認はとても重要です。

予算内に楽しむ

また、どうしてもたまにはおいしいコーヒーを飲まないと死んでしまうなんて人もいると思います。

その場合、ラテマネーに予算を設けるのもいいかもしれません。

毎月の予算内で楽しめば収支の計算はしやすく、節約も大きく進むでしょう。

ラテマネーは抑えるべきだが不要か必要かはしっかり判断

さてラテマネーを抑えることのよる節約効果は理解していただいたと思うが、
最後にラテマネーを抑える過ぎることは注意してほしい。

ATMの手数料などは問題ないが日々のコーヒーや週末の外食は人によっては人生の豊かさになっていることがある。

そのため、ラテマネーだからと抑えすぎると今の日常が楽しくなくなってしまうかもしれない。

そうならないようにバランスよく節約は行っていこう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

ちなみに、、、

私はLINEでは株式に特化した情報を発信しています。
個人的な株式に関する質問や相談も受け付けています。

「他の経済の話は興味ない」
「とにかく株式のことを聞きたい!」

こんな方はもちろん(笑)
そこまでじゃなくても、株に興味があったら私のLINEアカウントを友だち追加してメッセージください。

タグ: ,

この記事をシェア!