経済

結婚式のご祝儀は贈るべき?経済的な影響によるお祝い金への考え方の変化

今回は結婚式でのご祝儀について考えます。

日本から古くあるお祝い金のご祝儀ですが皆さんはどう思います?
正直いきなり数万円の出費が来るわけですし、結構馬鹿にならないですよね。

しかし、最近はご祝儀を贈らなくなったりする人も増えてきた色々と考え方が変わってきているようです。

今回はそんなご祝儀の最近の事情に関して見ていましょう。

結婚式のご祝儀は贈るべき?経済的な影響によるお祝い金への考え方の変化

ご祝儀とは?由来は?

結婚式のご祝儀は、日本の文化の一部として長い間行われてきました。

この習慣は、新郎新婦に対して結婚のお祝いとしてお金を贈ることで、
結婚生活のスタートを応援する意味があります。

その由来は、江戸時代にさかのぼります。

当時、結婚式は身分の高い人々の間で行われ、
その際には金や品物が贈られる習慣がありました。これが、ご祝儀の始まりとされています。

結婚式のご祝儀は、新郎新婦の経済的な支援としてだけでなく、
お祝いの気持ちを表す大切な行事でもあります。

外国ではお金じゃなくて物を贈るのが一般的

また、結婚式の際に数万円包んで贈るのは日本くらいです。

外国ではまずお金を渡す文化はありませんがしいて言うなら、ほしいものを贈る習慣ある用です。

そのため、結婚式の当日などにサプライズで贈ったり演出の一部のようなものになっていることが多いです。

夫婦への結婚祝いの相場

親族や親しい友人の場合は、10,000円以上のお祝い金を包むことが一般的です。

基本的には関係性にもよりますが、多くの人は3万円程度、
そして、部下の結婚式、年下の結婚式など自分の方が立場が上なら5万円などより多くのお金を包むのが通例とされています。

結婚式に不参加の場合は出さなくてもいい

また、結婚式に参加しない場合、ご祝儀を贈る必要がないとされています。

ただ、ここも人により違いがあり、例えば挙式のみの参加は払わないが、
披露宴の参加の場合は払うなど様々なケースが存在するようです。

そのため、基本的には自分が祝う気持ちがあるかどうかで決めてもいいかもしれませんね。

海外挙式のご祝儀はどうする?

海外での挙式に参加する際、少し注意が必要です。

わざわざ出向くのならいらないという場合も

まず、海外挙式の場合は諸々の費用は自費で現地に向かう必要があります。

そこに更にご祝儀となると数十万円は平気でなくなってしまうため、
新郎新婦からご祝儀は要らないと言われる場合があります。

渡すなら日本円、出来れば国内で

また、海外挙式の場合は現地通貨で渡すようなことは控えておきましょう。

もちろん、そういう冗談が通じる間柄なら構いませんが、基本的には誠意をもって渡すものですからね。

また、国にもよりますが多くの外国は日本より治安が良くなく現金を持ち歩くのには適してないと言えます。

最悪ご祝儀が盗難に遭うことも考えたら、出発前などに渡しておくのが無難でしょう。

結婚式もご祝儀もいらない、やらないという考え

また、コロナ禍になった頃から密を避けるという目的で結婚式を挙げないという考えも広まりました。

当時は感染予防の意味合いが強いですが、今ではお金を使わずに結婚する。

そんな目的に代わりながら文化だけがまだ残っており結婚しても、
身内だけで小さく、写真だけ撮るなどコンパクトな結婚式が増えてきました。

この考えは近年の日本の経済状況を考えると、まあ当たり前なのかもしれません。

日本では不景気が続いており高い結婚式の費用や生活費の増加などの影響から、
多くの人々が結婚式の参加費用を抑える傾向があります。

そのため、一部の人々からは、結婚式のご祝儀がもはや必要ないのではないかという声も聞かれます。

これに加えて、結婚式自体の規模やスタイルが変化し、ご祝儀よりもむしろ贈り物やサービスを受け取ることが一般的になるかもしれません。

まとめ

今回は結婚式でのご祝儀について送られました。

結婚式にプレゼントを贈るという文化は世界中である考え方ですが、
お祝い金というお金を贈る文化がここまで浸透しているのは日本くらいでしょう。

まあ確かにお金でもらえた方が自分たちに本当に必要なものを買うことも出来ますし、合理的なのかもしれません。

しかし、昨今はそのお金すら出すのが難しい経済状況になってきていると思います。

今後はこの文化はどうなってしまうのでしょうかね?
もししっかり残していくなら賃金上昇、投資など日本人の金融リテラシーをまずは上げないといけないでしょうね。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!