経済

2020年に東京オリンピックの開催が決定。決め手はプレゼン力?

2013年に東京オリンピックの開催が決定しました。

この決定には、多くの人々が驚きと喜びを感じました。

確かに喜ばしいことですが、なぜ東京が2020年のオリンピックの開催地に決まったのでしょうか?それは一体どのような決め手があったのでしょうか?

この記事では、2020年に東京オリンピックの開催地が決まった理由と、その決め手について詳しく解説します。

東京が選ばれた背景や魅力、大会の成功に向けて取り組んでいる取り組みなど、さまざまな情報をお伝えします。

2020年に東京オリンピックの開催が決定

東京オリンピックが決定した要因とは?

信用性

まず、東京は非常に信頼性の高い都市として知られています。

日本は過去にもオリンピックを成功させた実績があり、組織力や安全性において高い評価を受けています。

また、東京は交通網が発達しており、国内外からのアクセスも容易です。

これによって、選手や観客の移動がスムーズに行われることが期待されました。

観光地としての側面

さらに、東京は多様な文化や観光地も魅力の一つです。

オリンピックは世界中から人々が集まるイベントであり、観光や文化交流も重要な要素です。

東京には伝統的な寺社や美しい庭園、近代的な建築物など、魅力的な観光地が数多くあります。

これらの要素がオリンピックの成功に寄与すると期待されました。

東京が選ばれた要因は、信頼性と魅力的な観光地の存在です。

これによって、東京オリンピックの開催は大いに期待されています。

一番の決め手はプレゼンテーションにあった?

東京オリンピックの招致において、「お・も・て・な・し」と「アンダーコントロール」というキーワードが頻繁に使われました。

今回のオリンピック決定において実はこの要素こそ重要だったとも言われています。

「お・も・て・な・し」

2013年のアルゼンチンにて行われたオリンピックの総会にてフリーアナウンサーの滝川クリステルによる日本への誘致のプレゼンテーションは誰もが印象に残ったことだろう。

まず、「お・も・て・な・し」とは、日本人が持つお客様を大切にする心遣いや、温かい歓迎の意味を表しています。

東京オリンピックでは、世界中から多くの人々が訪れるため、彼らを心地よく迎えることが重要でした。

このプレゼンテーションではその日本の「おもてなし」を見事に世界に伝えられ、印象付けたことだろう。

「アンダーコントロール」

次に、「アンダーコントロール」とは、日本語で「制御する」

東日本大震災で原発、放射能のイメージが強く残ってしまった、日本であったが、オリンピック誘致にあたり当時の総理大臣である安倍晋三が原発はアンダーコントロールにあるとアピール。

このことは世界に日本開催の安心感をもたらしたことだろう。

「お・も・て・な・し」と「アンダーコントロール」は、東京オリンピックの成功に不可欠な要素でした。

これらの要素を重視したことにより、多くの人々が東京を訪れ、素晴らしい大会を楽しむことができました。

2020年に東京オリンピックの開催決定のまとめ

東京オリンピックの開催が決定した理由は、多くの要素が組み合わさった結果です。

東京は先進的な都市インフラ、安定した政治環境、豊かな文化、そして経済力を持っています。

ただその中でも、日本への安心感、信頼を強く伝えたプレゼンテーションが目立ち、これらは東京オリンピックの決定に大きく関わったことは間違えないだろう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

この記事をシェア!