経済

父の日の経済効果は実はすごかった?市場への影響が実は強いと考えられるワケ

今回は父の日の経済効果についてまとめてみました。
父の日の母の日に比べて印象が薄い?
そんなイメージを持つ人も多いでしょう。

実際に、経済効果としても実は大きくなく、あまり大したイベントではないと思われがちです。

しかし、実は父の日は趣味に合したプレゼントを贈られることが大きく、
市場に広く分散して経済効果があるともされてます。

今回はそんな要因など父の日について詳しく見ていきましょう。

父の日の経済効果は実はすごかった?市場への影響が実は強いと考えられるワケ

父の日の方が母の日より経済効果がない?

父の日と母の日は、それぞれ特定の人々に感謝の気持ちを示す日です。

しかし、経済的な観点から見ると、父の日と母の日では少し違いがあります。

まず、父の日の方が母の日よりも経済効果が小さいと言われています。

母の日の経済効果は父の日の倍近く

記念日文化研究所の調査によると2018年の「母の日」の推計市場規模は1170億円となっている。

そして、実は額面としては父の日の倍になる規模である。

なぜここまで大きな差が生まれてしまうのか?
これは、父の日に贈られるギフトやサービスの種類や価格帯が、母の日に比べて限られているためです。

例えば、母の日には花や宝石、スパのチケットなど、比較的高価なアイテムが人気ですが、父の日にはネクタイやソックス、グルメなど、比較的手頃な価格のものが主流です。

また、父の日のお祝いの方法も母の日とは異なることがあります。

母の日は家族での食事やプレゼントをすることが一般的ですが、父の日はアウトドア活動やスポーツ観戦など、よりアクティブな過ごし方が好まれる傾向があります。

父の日の贈り物とは?実は母の日よりも多岐にわたる?

さて確かに贈るものとなると父の日は母の日より限られていると思うでしょう。
しかし、実は父の日の贈り物は、父親の趣味や興味に合わせて選ぶのが一般的
かなり多岐にわたります。

趣味に関連するアイテム

父親が趣味を持っている場合、その趣味に関連したアイテムを贈ると喜ばれるでしょう。

例えば、ゴルフが趣味ならばゴルフクラブやゴルフウェア、釣りが趣味ならば釣り道具や釣り用品などが考えられます。

体験型のギフト

特別な体験をプレゼントするのも良い選択肢です。
例えば、レストランでの食事、スポーツ観戦チケット、スパやマッサージの予約などが挙げられます。

お酒や食品

父親がお酒を好む場合は、彼の好みに合ったワイン、ウイスキー、ビールなどを贈ることができます。
また、特別な食品やお菓子も喜ばれるでしょう。

ファッションアイテム

父親がファッションに興味を持っている場合、シャツ、ネクタイ、靴、時計などのファッションアイテムが良いプレゼントとなります。

ハンドメイドのアイテム

手作りのプレゼントは特別な思いが伝わります。父親が喜ぶものを自分で作る、あるいは手紙や写真を添えて感謝の気持ちを表すのも素敵なアイデアです。

まとめ

この記事では、父の日の経済効果について取り上げました。

父の日は母の日に比べても経済効果は半分程度しかありません。

そのため、経済、株価などに与える影響は実際少ないでしょう。

しかし、父の日のプレゼントは父親の趣味や嗜好に合わせて選ばれることが多く、実は経済効果が広く分散しているだけなのです。

そのため、景気の安定、拡大に合わせて父の日の経済効果も大きく伸びるでしょうし、
実は大きな可能性を秘めた記念日と言えます。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!