経済

【完全攻略】離婚をスムーズに進め、失敗しないためのポイントとは?

今回は離婚のスムーズな進め方について解説していきます。

離婚の話が上がってきたときはどうしても感情的になってしまい、

一刻も早く終わってほしい
相手から慰謝料をむしり取ってやる

など感情が前面に出てしまいがちです。

しかし、離婚を進める際しっかりと計画を練っていかなければいけない。

特に事前の準備、心構えは離婚後の人生にも大きく関わっていくため、
しっかりと要点を抑えておきましょう。

離婚をスムーズに進め、失敗しないためのポイントとは?

離婚はここ数年で変わったか?

離婚率は年々と上昇

実は離婚率だけだとここ数年では減ってきているのをご存じだろうか?

令和四年の厚生労働省の調査だと実は2003年をピークに離婚件数は減少をしています。

そのため、一見離婚はしなくなったのかと思いがちですが、
実は、結婚件数自体がそれ以上に大きく減っており、
相対的な差を考えると実は離婚率は増えて今では既婚者の三割近くが離婚したことあるそうだ。

離婚件数について昭和 25 年以降の年次推移をみると、昭和 38 年までは減少傾向で推移していたが、昭和 39 年以降増加傾向を示し、昭和 59 年から昭和 63 年に一時減少したものの、平成 14 年には約 29 万組となった。

平成 15 年以降は減少傾向が続いており、令和2年は約 19 万3千組 となっている。

引用元:離婚の年次推移

なぜ離婚に?原因とは?

不倫・浮気

離婚と言えばやはりまずはこれですよね。

不倫や浮気は多くの場合、結婚生活の破綻につながります。

生活価値観が合わない

結婚して実際に暮らしてみると相手の性格が合わなかったり、
ちょっとしたこだわりが許せなかったりどうしても合わない点があります。

本来結婚、生活はこういう差を埋めていくものですが、
現代は個人の価値観が多様化、認められていく傾向が強く、どうしても受け入れられない人が多いようですね。

夫婦間のコミュニケーション不足

子育ての大変さ、また共働き世帯の増加に合わせてパートナー間のコミュニケーションが不十分になりがちです。

相手との円滑な関係を続けるためにやはりコミュニケーションは大事ですよね。

昨今は景気の悪化もありどうしても余裕のある関係を持っている人が減ってきているように思います。

経済的な問題

また、経済的な問題や不安定さが結婚生活にストレスをもたらし、離婚の要因となることがあります。

例えば、世帯収入が旦那さんに依存している場合は、
どうしてもお金に対しての負担は旦那さんに大きくなってしまいます。

また、子供を授かろうとしても現在の収入、貯蓄では育てるのが難しく、そのことでストレスが貯まってしまい、
結婚生活に不和が生まれてしまうことがあるようです。

DVや虐待

家庭内暴力や虐待は、結婚生活を脅かす深刻な問題の一つです。

正直、これに関しての解決策は離婚、刑事事件にするかしかなく、離婚の一つの原因と言えます。

離婚をスムーズに進めるためのポイントとは?

離婚はどうしてもお金、時間、感情を多く使ってしまうため、ストレスが多く貯まってしまいます。

また、時間をかけても良い結果になるとは限りませんし、スムーズに終わらせるためにはポイントがあります。

感情の処理

まず、離婚時は感情的にどうしてもなりやすいため、感情を適切に処理する必要があります。

また必要であればカウンセリングやサポートグループに参加することもおすすめです。

コミュニケーション

家庭内暴力などどうしても相手との会話が難しい時もありますが、
離婚時は、慰謝料、養育費の決定、財産分与などの重要な手続きが多く存在します。

そのため、常に冷静に自分が損を被ったりしないようにする必要があります。

妥協と柔軟性

また、離婚理由によっては話し合いが難航してしまう場合もあります。

円滑に話し合いを進めるためには双方が妥協し、柔軟性を持って要求を調整することが、とても大切です。

浮気、不倫をされていたらまた別ですが、相手も生活がありますし、
争いごとを避け、相手の立場やニーズを理解しようとする姿勢が大切です。

弁護士は必ず頼ろう

また、離婚手続きはとても複雑で実際に離婚するときは様々な感情がめぐってしまい正常な判断ができないでしょう。

そのため、必ず弁護士に頼りましょう。

弁護士はトラブルの種類によって専門家が存在しているため、
しっかり慰謝料を取りたい、逆に取られたくないときはしっかりアドバイスを貰えるようにしなければならない。

必ず書面に残す

また、双方が合意した事項は、書面に残したり、
発言をしっかりと記録しておくことはかなり大事です。

そのため、決まりごとの際は書類による決定、
ボイスレコーダーによる録音などしっかりと事実確認を出来るようにしなければいけません。

子供を最優先に

最後にですが、子供がいる場合は必ず子供が幸せになれるように離婚する予定でも、
そこは共通の意識で考えなければならない。

親権や面会交流の取り決めもそうですが、
なにより小さい子供が将来立派な大人になるためにお金の支援を充実させなければいけません。

これらのポイントを意識しながら、
相手と協力して離婚手続きを進めることで、スムーズかつ円満な離婚が実現できるでしょう。

感情的は絶対にNG

今回は離婚をスムーズに進めるためのポイントについてまとめました。

離婚するときはどうしても感情のぶつけ合いになってしまい、
端的に物事を決めてしまう人が多いと思います。

しかし、今後の人生、特に子供がいらっしゃる場合はしっかりと考えて決めなければいけません。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!