経済

離婚して良かったは誤解?後悔しない選択ために知っておきたいこと

この記事では離婚時に後悔してしまうことがあることについて解説していきます。

結婚生活の不満、相手の浮気、不倫などでどうしても離婚をせざるを得ない状況はどうしてもあります。

しかし、離婚は人生において大きな変化です。

そのため、離婚によるデメリットを知って備えておかないと思わぬ暮らしを送ることなるかもしれません。

離婚して良かったは誤解?後悔しない選択ために知っておきたいこと

離婚の現状

結婚率に対しての離婚率はここ数年で大きくなっている

実は離婚率だけだとここ数年では減ってきているのをご存じだろうか?

令和四年の厚生労働省の調査だと実は2003年をピークに離婚件数は減少をしています。

そのため、一見離婚はしなくなったのかと思いがちですが、
実は、結婚件数自体がそれ以上に大きく減っており、
相対的な差を考えると実は離婚率は増えて今では既婚者の三割近くが離婚したことあるそうだ。

離婚件数について昭和 25 年以降の年次推移をみると、昭和 38 年までは減少傾向で推移していたが、昭和 39 年以降増加傾向を示し、昭和 59 年から昭和 63 年に一時減少したものの、平成 14 年には約 29 万組となった。

平成 15 年以降は減少傾向が続いており、令和2年は約 19 万3千組 となっている。

引用元:離婚の年次推移

離婚になる原因とは?

不倫・浮気

離婚と言えばやはりまずはこれですよね。

不倫や浮気は多くの場合、結婚生活の破綻につながります。

性格や生活価値観の不一致

結婚して実際に暮らしてみると相手の性格が合わなかったり、ちょっとしたこだわりが許せなかったりどうしても合わない点があります。

本来結婚、生活はこういう差を埋めていくものですが、
現代は個人の価値観が多様化、認められていく傾向が強く、どうしても受け入れられない人が多いようですね。

コミュニケーション不足

子育ての大変さ、また共働き世帯の増加に合わせてパートナー間のコミュニケーションが不十分になりがちです。

相手との円滑な関係を続けるためにやはりコミュニケーションは大事ですよね。

昨今は景気の悪化もありどうしても余裕のある完成を持っている人が減ってきているように思います。

経済的問題

また、経済的な問題や不安定さが結婚生活にストレスをもたらし、離婚の要因となることがあります。

例えば、世帯収入が旦那さんに依存している場合は、どうしてもお金に対しての負担は旦那さんに大きくなってしまいます。

また、子供を授かろうとしても現在の収入、貯蓄では育てるのが難しく、
そのことでストレスが貯まってしまい、結婚生活に不和が生まれてしまうことがあるようです。

家庭内暴力や虐待

家庭内暴力や虐待は、結婚生活を脅かす深刻な問題の一つです。

正直、これに関しての解決策は離婚、刑事事件にするかしかなく、離婚の一つの原因と言えます。

離婚すると不幸になるパターン

離婚は結婚生活に対する不満や不安から来るものですが、実は離婚した方が不幸を感じる、デメリットになってしまう場合もあります。

まあこれに関しては個人によるところも大きいですが、ある程度パターンがあります。

離婚後に不幸になるパターンは、個々の状況や経験によって異なりますが、一般的ないくつかのパターンがあります。

孤独感を感じやすい

離婚後、社会的な孤立感や孤独感に陥ることがあります。

そのため、孤独感を感じやすい人の場合、夫婦や家族との関係が切れてしまうため、
生活の満足度などが下がってしまい、デメリットが多いです。

経済的困難

また、離婚によって経済的な問題が生じることがあります。

特に、片方の配偶者が家計を支える責任を負うことが難しい場合、
生活水準の低下や経済的不安が不幸を引き起こすことがあります。

親権争いや子供との関係の悪化

離婚後、親権争いや子供との関係の悪化によって、
精神的なストレスが増大することがあります。

親権争いや子供との接触権の問題は、
離婚後の精神的な安定に大きな影響を与えることがあります。

感情的な傷

離婚は感情的な傷を負うことがあります。

特に、長期間のパートナーシップや家族との別れは、
喪失感や悲しみを引き起こす可能性があります。

離婚後の後悔を避けるためには、どうすればいい?

さて、離婚は生活が大きく変わるため、大小関係なくストレスやデメリットは発生してしまうでしょう。

問題によっては対処も難しいのもありますが、事前にある程度の対策もできます。

冷静な判断を持つようにする

離婚を決断する前に、冷静に状況を考えることが重要です。

感情的な衝動や怒りに駆られて決断するのではなく、
冷静に問題を分析し、長期的な視野で将来を見据えることが重要です。

カウンセリングや専門家の助言を受ける

離婚に至る前や離婚後、カウンセリングや専門家の助言を受けることで、
感情を整理し、問題を客観的に見ることができます。

専門家は冷静な視点から助言を提供し、適切な選択肢を提示してくれます。

コミュニケーションを大切にする

パートナーとのコミュニケーションを大切にしましょう。

問題が生じた場合、率直に話し合い、解決策を模索することが大切です。

適切なコミュニケーションを通じて、誤解や不満を解消し、関係を修復することも可能です。

社会的な立場と収入を持つこと

また、最後に一番大事なのが、離婚後も自分の人生をしっかりと生きられるように仕事や収入などをしっかりと持つことがとても大事です

社会的な立場や収入があれば、経済的な安定を確保しやすく、単独で生活する必要がある場合、自己の収入が生活費や必要な経費を賄うための基盤となります。

また他者に依存することなく、自己の意思で生活を選択することができ、精神的な安定も得やすくなります。

まとめ

今回は離婚することがデメリットになってしまうパターンについて考えてみました。

離婚を切り出す際、多くの人は現状の不満が爆発してしまい、勢いで切り出してしまう人が多いと思います。

しかし、しっかりと離婚に向けての変化を知っておかないと人生にとって大きなマイナスになってしまいます。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!