経済

端午の節句はなにをするの?子供の教育、成長を祝う伝統を振り返ってみた

今回は、5月5日の端午の節句についての解説です。

別名、こどもの日とも呼ばれるこの日は子供の健やかな成長を祝う日として古くからある祝日です。

しかし、昨今はゴールデンウィークの休みのひとつという意識だけで、
端午の節句に本来行うべきことをやってない家庭は多いのではないでしょうか?

家の都合など仕方のない人も多いでしょうが、日本の文化をしっかりと教えないことは、
実は子供の教育に良くないともされています。

端午の節句はなにをするの?子供の教育、成長を祝う伝統を振り返ってみた

端午の節句、こどもの日は何をするの?

こどもの日は、毎年5月5日に日本で祝われる特別な日です。

この日は、子供たちを祝い、彼らの成長と幸福を願う日です。

日本の伝統的な祭りである「端午の節句」としても知られています。

こどもの日には、家族や友人と一緒に様々な楽しい活動を楽しむことができます。

例えば、カープや鯉のぼりの飾り付けをすることができます。

これらの飾りは、子供たちの健康や幸福を象徴しています。

また、こどもの日には、伝統的なゲームやスポーツを楽しむこともできます。

例えば、餅つきや凧揚げなどがあります。

これらの活動は、子供たちの体力や協力心を養うのに役立ちます。

さらに、こどもの日には、家族で美味しい料理を作ることもできます。

子供たちが好きな料理を一緒に作り、一緒に食べることで、家族の絆を深めることができます。

こどもの日は、子供たちを大切にする日です。

子供たちと一緒に楽しい時間を過ごし、彼らの成長と幸福を願いましょう。

最近はやってない?伝統的な端午の節句の過ごし方とは?

別名、こどもの日ということもあり、文化に詳しくない人でもこどもの健康、成長を祝うというのは何となくわかると思うが、
その日に行われるべき伝統的な催し物について実は知らない人も多いのではないでしょうか?

鯉のぼり

まず一つ目は、鯉のぼり
子供たちの健やかな成長を願うシンボルであり、
昔は年頃の家には鯉のぼりが上がっていた。

しかし、最近はマンションなどの集合住宅が増えてしまい掲げる人もだいぶ減ってしまいました。

菖蒲湯(しょうぶゆ)

次に菖蒲湯に入ることです。

端午の節句には、邪気、病気の予防になるという言い伝えから菖蒲湯に入る習慣があります。

子供の頃、菖蒲の葉を使って自分だけの鉢巻きを作ったりした記憶がある人もいると思う。

五月人形

五月人形は、日本の伝統的な節句の一つで、
主に男の子の健やかな成長を願うために飾られる人形です。

五月人形は、武士や将軍、歴史上の英雄などをモチーフにした立派な人形で、
一般的には男の子の将来を祈願するために飾られます。

人形の中には、鎧や兜を身につけた立ち姿のものや、
馬に乗った姿のものなど、様々な種類があります。

ちまき

もち米を使って作られ、竹の葉で包まれています。

ちまきは、日本の祝祭や節句の時によく食べられる料理です。

ちまきの中には、様々な具材が入っています。

例えば、豚肉や干しエビ、梅干し、栗などがよく使われます。

具材は、地域や家庭によって異なることがあります。

具材を包んだちまきは、一緒に蒸されます。

最近の端午の節句の傾向とは?

端午の節句、こどもの日は様々な伝統的なお祝いがあるが、
ここ数年の傾向を見てみると、そもそも子供たちが外で遊ぶ機会が減ったり、
ちまき、菖蒲湯などを行っている家庭はだいぶ減ってきただろう。

その理由として、子供たちの生活スタイルの変化が挙げられます。

テレビやスマートフォンなどの電子機器が普及し、子供たちは室内で遊ぶことが増えました。

また、親の忙しさや安全面の心配もあり、外での遊びに対する制約も増えてきました。

少子高齢化

少子高齢化は、日本が直面している重要な社会問題です。

この問題は、出生率の低下と高齢化人口の増加によって引き起こされています。

出生率が低下すると、将来の労働力や人口が減少し、
経済に悪影響を及ぼす可能性があります。

また、高齢化人口の増加により、医療費や介護の負担が増えることも懸念されています。

この問題に対処するために、日本政府はさまざまな施策を実施しています。

例えば、出生率の向上を促すために、出産や子育てに関する支援策が充実しています。

また、高齢者の働き方改革や介護施設の整備なども進められています。

しかし、少子高齢化は一朝一夕に解決する問題ではありません。

これからも人口減少と高齢化は進行し続けるでしょう。

そのため、私たちは将来を見据えて、柔軟な対策を講じる必要があります。

例えば、外国人労働者の受け入れや働き方の多様化、高齢者の自立支援などが考えられます。

少子高齢化は日本だけでなく、世界的な課題でもあります。

各国が協力し、知恵を絞りながら解決策を模索していくことが重要です。

私たちの未来を守るためにも、この問題に真剣に向き合っていく必要があります。

まとめ 文化とこどもを大切にするためにも

今回は端午の節句の文化について振り返りました。

子供の成長を祝うイベントだけあって名ばかりの祝日に比べしっかりと現代でも楽しめる。

しかし、少子高齢化、生活スタイルの変化などから最近は文化的なイベントをする人も少なくなってしまい、
端午の節句、こどもの日はただのゴールデンウィークの休みの一つという意味合いになっている人がほとんどです。

しかし、子供たちにとっては祝われること、そして日本の古くからの文化に触れることはとても大切であり、
今後の世代のためにもしっかりと残さなければいけない文化ですね。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!