環境

梅雨の影響で株式市場に変動あり?夏に向けて投資をすればいいか

梅雨の時期はずっとジメジメしていますし、大変ですよね。

生活に地味に大きな影響を与えている梅雨ですが、
実は株式市場にも多少なりとも影響を与えているのを知っていますか?

天気と株式市場は実は密の関係性にあり、
しっかりと知識として知っておかないと思わぬマイナスを受けてしまうこともあります。
また、梅雨の長さによっておすすめできる銘柄も併せて確認したいと思います。

今回は梅雨から夏場にかけての株式市場の変動についてまとめました。

梅雨の影響で株式市場に変動あり?夏に向けて投資をすればいいか

梅雨の期間と株価の関係性について

梅雨の期間と株価の関係性には、一定の影響があると言われています。

梅雨は日本の夏の特徴であり、多くの雨が降る時期です。

この期間中、農作物の生育には好影響を与えますが、
一方で観光業や外食産業などには悪影響を及ぼすことがあります。

特に、梅雨の時期には天候が不安定であり、外出や観光に適さないと感じる人も多いです。

このような状況が株式市場にも影響を及ぼすことがあります。

例えば、観光業や外食産業が悪影響を受けることで、
関連する企業の株価が下落する可能性があります。

また、天候が不安定なため、災害リスクが高まることも株価に影響を与える要因となります。

ただし、梅雨の影響が株価に大きな変動をもたらすかどうかは、他の要素との相関関係も考慮する必要があります。

経済の動向や企業の業績など、様々な要素が株価に影響を与えるため、単一の要素だけで株価の変動を解釈することは難しいです。

夏の暑さと消費行動の関係性について

更に梅雨から夏にかけて変化があります。

夏の暑さが増すと、私たちの消費行動にも変化が現れます。

暑い日は、エアコンや扇風機の需要が高まります。

また、冷たい飲み物やかき氷などの涼しいものへの需要も増えます。

これは、暑さを和らげるために必要な消費財やサービスが増えることを意味しています。

さらに、夏には海やプールへのレジャー需要も高まります。

水着やビーチグッズ、日焼け止めなど、
夏のアクティビティに必要な商品が売れる傾向にあります。

一方で、夏は学校の夏休みやお盆休みなど長期休暇の時期でもあります。

このため、旅行や帰省などの需要も増加します。

交通手段や宿泊施設、観光地での消費も活発化するでしょう。

暑い夏には、涼しい場所や冷たいものへの需要が高まる一方で、レジャーや旅行などの需要も増えます。

これらの消費行動は、夏の暑さに合わせて生活を快適にするためのものです。

夏特有の株式市場の動向

また、夏には梅雨の長さ、暑さに問わず相場の流れが存在します。

夏枯れ相場、取引減少

夏の時期はお盆休みを中心に多くの人が休みの期間に入ります。
そのため、投資家も帰省や旅行に出かけるため、一般的に取引量が減少します。

これにより、市場の活気が低下し、株価の変動も鈍くなる傾向があります。

そのため、思った以上に株価が上がらない、鈍化しているという印象を持つかもしれません。

決算発表

また、企業の業績発表や経済指標の発表がお盆期間中に重なることもあります。

これらの情報は市場の動向に大きな影響を与えるため、投資家は注意深く注目しています。

また、お盆休みのタイミングによっては決算を前倒しにする会社が多いです。

例えば前半の収益が弱かった場合、赤字で決算発表をする場合があります。

そのため、思わぬ決算の数値により相場が乱れることがあります。

旅行業、飲食業の需要増加

また当然かもしれませんが、
お盆休みのため、特定の業種や銘柄に注目が集まることもあります。

例えば旅行関連飲食業などは、お盆に需要が高まるため、当然注目は浴びます。

また、お盆期間中には消費が活発化するため、小売業物流業なども注目されることがあります。

ただ注意してほしいのはお盆などの売上増などは、株価にはすでに織り込まれている可能性が高いことです。

例えば、飛行機会社が去年冬に夏に向けた新サービスを発表した場合、お盆休みの前には既に株高になっている可能性が高いです。

そのため、お盆休みの影響を狙って株買いをしたり、利益を出すのは年単位での仕込みや相場の経験が必要です。

梅雨から夏に向けて初心者はどうすべき

投資家として何回も梅雨の時期を乗り越えた人ならいいですが、
新NISAなども始まった2024年は投資家として初めて夏を迎える人もいます。

改めて梅雨の相場は雨の長さ、暑さによって株式市場に影響を及ぼすことが分かりましたが、具体的に何をすればいいか悩む人も思います。

もちろん、投資先、投資目標によって大きく変わりますが、
メジャーどころについては取り上げてみようと思います。

インデックス投資はノータッチ

まず、多くの投資家が行っているインデックス投資だがこれに関してはなにもする必要はありません。

インデックス投資は数年から数十年単位でのつみたて投資になります。

そのため、お盆などの一時的なトレンドの影響はあまり気にしなくていいでしょう。

個別株は異常気象、レバレッジ次第

また、株主優待などを目的に個別株を購入されている場合も基本的には何もしなくていい。

しかし、投資先が天気に敏感である、レバレッジを高く設定しているなどの場合、
必要に応じて売買はすべきだろう。

まとめ

今回は梅雨が与える株式市場の影響について考えました。
インデックス投資のような市場全体投資などは原則気にしなくてもいいが、
梅雨、天気が与える変動は確実にあります。

そのため、仮に天気に敏感な銘柄を持っていなくても天気の影響による変動はしっかりと把握して投資経験は積んでおこう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!