投資

ゴールデンウィークの為替相場に注意!連休に備えておくこと

FXや外貨取引を始めたばかりの際は特に連休には気を付けた方がいい

基本的に為替取引は24時間リアルタイムでのやりとりができるが、
連休は、為替市場は閉鎖してしまいます。

特にゴールデンウィークのような連休が長い期間だと、思わぬトレンドに捕まってしまうこともあります。

今回の記事ではゴールデンウィークのような大型連休でのFX、外貨預金の取引、ポジションについての注意点を考えてみました。

ゴールデンウィークの為替相場に注意

為替市場の休みとは?2024年ゴールデンウィークはいつ休み?

まず、FX、外貨預金などは24時間リアルタイムで取引できますが、
実は土日には取引が出来ない性質を持ちます。

しかし、平日になら日本の祝日でも取引は可能なのです。

ゴールデンウィーク期間中も祝日に関係なく平日、土日という分け方で取引が出来ます。

そのため、2024年のゴールデンウィークの祝日は

  • 昭和の日(4/29 月曜)
  • 憲法記念日(5/3 金曜)
  • みどりの日(5/4 土曜)
  • こどもの日(5/5 日曜)

とありますが、昭和の日(4/29月曜)、憲法記念日(5/3金曜)共にちゃんと取引はできますので注意しましょう。

週末の取引の特徴とは

また、週末の取引は、為替変動が予測しにくいという特徴もあります。

週末には、政治や経済のニュースが発表されることが少ないため、市場は一時的に停滞することがあります。

そのため、予測が難しく、リスクも高まる可能性があります。

週末のFX取引は、メリットもデメリットもあるため、注意が必要です。

十分な情報収集やリスク管理を行いながら、慎重に取引を行いましょう。

大型連休による特殊な為替の動き

為替は基本的に、国の政策や大企業の売上などに左右されるが、ゴールデンウィークのような大型連休だけに起きる為替変動もあります。

それは外国への旅行が増えることによる両替取引の増加です。

まず、多くの日本人が海外旅行に出かけるため、日本円から外貨への需要が高まります。

これにより、日本円の価値が下がり、外貨の価値が上がる可能性があります。

また逆に、日本を訪れる外国人観光客が増えると、
彼らは日本で買い物をするために日本円を必要とするため、外国人観光客の増加は日本円の需要を高めることになります。

さらに、ゴールデンウィーク中には、企業や金融機関が休業することがあります。

そのため、市場の流動性が低下し、為替市場の取引量が減少する可能性があります。

取引量が少ないと、為替レートの変動が大きくなる傾向があります。

これらの要因により、ゴールデンウィーク中の為替市場は不安定になる可能性があります。

したがって、外貨を保有している人や海外旅行を計画している人は、為替変動に注意する必要があります。

ゴールデンウィークに向けて持つべきポジションとは?

さて、ではゴールデンウィークに、向けてFXなどで実際に所持して置くポジションはあるか考えてみます。

相場観が掴み切れてないなら手を出すべきではない

ゴールデンウィーク期間は市場がしまっており、企業が休みなこともあり、非常に相場観がわかりづらいです。

そのため、実際にゴールデンウィークへのチャートをイメージできない場合は、そもそも取引は辞めておいた方がいいでしょう。

テクニカル分析に基づくポジションはおすすめ

FXなどの外貨を分析する際は、主にテクニカル分析、ファンダメンタル分析と分かれます。

そしてゴールデンウィークのような大型連休を挟む場合、テクニカル分析で考えた方がいいです。

ファンダメンタル分析の場合、相場の傾向、市場影響のある情報に依存します。

しかし、ゴールデンウィークのような取引数が少なくなる状態では相場への影響は、予測は難しいです。

一方、テクニカル分析として相場が読めている場合は、投資をすべきでしょう。

中長期取引以上か
また、取引が中長期目的かも大切になります。

ゴールデンウィーク内に売買するような場合は、思わぬ為替変動が起きる場合もあります。

そのため最低限、ゴールデンウィーク明けた週に売買するような取引にしておくべきです。

まとめ

今回はゴールデンウィークの時の、為替変動、FXなどでの投資をすべきかについて考えました。

ゴールデンウィーク期間は株式投資とは違い平日ならFXなどは行えますが、
連休という特殊な状況でもあるため、思わぬ為替変動がある可能性が非常に高いです。

そのため、無理にFXなどの取引を行うべきではないでしょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!