経済

初節句のお祝い金っていくら?子供のために本当にすべきこととは?

子供、孫が生まれた際にちゃんと初節句は行っていますか?

子供の将来を期待、お祝いするためにも日本で古くからあるイベントですが、
実は初節句にはちゃんと備えておかないと思わぬ出費となってしまいます。

今回はそんな初節句に掛かるお金について考えて行きましょう。

初節句のお祝い金っていくら

初節句の意味とは?

初節句とは、赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句のことを指します。

日本では、女の子の初節句は「上巳の節句」、男の子の初節句を「端午の節句」といい
と呼びます。端午の節句は、日本の伝統的な行事であり、男の子の健やかな成長を願うお祝いの日です。

初節句の由来は、中国の伝説に由来しています。

伝説によれば、昔、悪い鬼が現れて村の子供たちを攫おうとしました。

しかし、鯉のぼりを掲げたり、菖蒲の葉で身を守ったりすることで、子供たちは鬼を追い払うことができました。

その後、この日を祝う行事が広まり、端午の節句となったのです。

初節句では、家族や親戚が集まり、特別な食事やお祝いの品を用意します。

代表的なお祝いの品としては、ちまきや柏餅があります。

ちまきは、もち米を竹の葉で包んで蒸したもので、
柏餅は、もち米を柏の葉で包んで作られます。

これらの食べ物は、健やかな成長や災いから守る意味が込められています。

初節句は、赤ちゃんの成長を祝福する大切な行事です。

家族や親戚が集まり、愛情を込めてお祝いすることで、
赤ちゃんの健康や幸せを願う気持ちが伝わります。

初節句は、日本の文化と伝統を守る大切な行事の一つです。

初節句のお祝いを贈る時期はいつが良い?

初節句のお祝いを贈る時期は、一般的には男の子の場合は生後100日目、
女の子の場合は生後32日目に行われることが多いです。

これは、日本の伝統的な習慣に基づいています。

この時期には、家族や親戚が集まり、赤ちゃんに良い成長を願いながら、お祝いの品を贈ります。

お祝いの品としては、主に五月人形や鎧兜などの武具が使われます。

これらのアイテムは、男の子が強く健康に成長することを願って贈られます。

女の子の場合は、着物やお人形などが贈られることが多いです。

初節句のお祝いの金額や相場は?

初節句のお祝いの金額や相場は、様々ですが、
数万円から数十万円されるとされています。

この金額は雛人形、五月人形それぞれの代金が高いことに起因してます。

なぜ雛人形らが高いのかというと、それぞれの人形は日本の伝統的な手法を用いて手作りされているからです。

特に美しい着物や豪華な装飾が施されており、職人の手間暇がかかっているため、価格が高くなっています。

高すぎる初節句はどうすればいいのか?

初節句は日本の伝統的な文化として古くから根付いているため、家庭によっては簡単に辞めることが出来ないイベントです。

しかし、初節句は最大で数十万もかかってしまうため、いくら子供のためとはいえ出費を考えてしまう人も多いでしょう。

レンタル、リースサービスの利用

子供が着る着物、ひな人形なども併せて最近はレンタルするサービスも増えてきました。

実際のところ。節句は一年に一回しかないイベントですしお金を捻出することも難しいですよね。

そのため、その時だけ貸してもらえるレンタルは良い選択肢になります。

親戚、知り合いから貸してもらう

また、身近な人に一式の道具を持っている人がいる場合は是非貸してもらうことを検討するもいいでしょう。

雛人形、五月人形は基本的に造形が昔から変わりません。

そのため、少し古いものでも立派なものは多いです。

まとめ

今回は初節句のお金の問題について考えました。

自分の子供や孫はどうしても可愛いものですし、お金をかけたくなってしまうのはある意味、仕方ありません。

しかし、時代やタイミング的にお金の捻出が難しかったりするので、
ちょっと残念ですが無理に祝うようなイベントでもないと思います。

また、仮に祝うにしても知り合いに借りるなどをしてできるだけお金の捻出は抑えるべきでしょう。

抑えたお金で将来的に子供の成長、進学などを助けるに使うのが一番子供のためになりますからね。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!