経済

ゴールデンウイークがもたらす経済効果とは?投資家が考えるべきこととは?

コロナももう特別視されなくなり、ゴールデンウイーク、クリスマスなどのイベントが本格的に活発になってきましたね。

肌感覚としてはもう以前のような状態にイベント系は戻っていると感じますが実際のところはどうなのでしょうか?
そこで今回はゴールデンウイークの経済効果について考えて行きたいと思います。

ゴールデンウイーク事態の経済効果は他のイベントと比べてもかなり規模は大きく、
投資家、ビジネスマンなら意識しなければいけない存在です。

ゴールデンウイークがもたらす経済効果とは

ゴールデンウイークの経済効果は大きい?

連休に経済効果があるかどうかって聞かれたらそりゃありますよね、、、
でもゴールデンウイークってクリスマスとか他のイベントに比べて大きいのか?

2022年で17兆1695億円

まずゴールデンウイークの経済効果だが2022年のデータで17兆1695億円あった。

他のイベントの経済効果と比べると、クリスマスの経済効果は約7000億円ほどであり圧倒的な差がある。

しかも2022年の17兆1695億円はコロナ明けばかりの数値であり、今後はどんどんこの数値は加速していくだろう。

また、観光庁の調査によると、ゴールデンウィーク(GW)における国内旅行の実施率は、
宿泊旅行で20.2%、日帰り旅行で35.0%と多くの人が旅行に出る時期とし確立しています。
コロナが明けた現在ではこれよりも高い数値で推移していることだろう。

旅行実施率旅行回数消費額単価旅行消費額
宿泊旅行20.2%1.0542,874円9,272億円
日帰り旅行35.0%1.428,776円4,454億円

引用元:観光庁 ゴールデンウィークにおける観光旅行の動向について

しかし、コロナ以前には戻ってない

数値的には2022年の17兆1695億円も凄まじく感じるが、
実はコロナ直前の2019年は21兆9,312億円となり、未だ21.7%減と大きく落ち込んだ結果となっている。

そのため、相対的にはまだまだゴールデンウイークの経済効果は十二分ではない。

旅行先の人手不足?

コロナ前の水準に未だ戻っていない理由として、生活変化、物価高など様々な理由はあるが、
一番の理由はおそらく観光業界の人手不足と考えられる。

2022年のデータでもホテル旅館、飲食店の半分以上は人手不足状態となっており、
せっかくの繁忙期を利用できていない状況が続いています。

そのため、まだまだゴールデンウイークの経済効果の伸びしろはあると言えるだろう。

人手不足企業の割合ランキング

正社員非正社員
1情報サービス(69.1%)飲食店(76.3%)
2旅館・ホテル(65.4%)旅館・ホテル(75.0%)
3飲食店(64.9%)人材派遣・紹介(57.5%)

引用元:日本総研 観光業の人手不足の現状と課題

投資の世界へのゴールデンウイークの効果とは?

コロナも明けた現在、ゴールデンウイークの経済効果は株式投資市場にも大きな影響を与えます。

観光業などへの期待

まず、10兆円を超える経済効果からゴールデンウイークは、観光業や交通業界など、さまざまな産業にプラスの影響を与えます。

特に今は、国内市場は上昇気味であり、相場の大きな流れに乗れば大きな収益を得ることが出来るでしょう。

業績発表

また、ゴールデンウイーク前後には、企業の業績発表や経済指標の発表が行われることが多いです。

そのため、指標を読み取って一年間のトレンドが形成されやすい時期になります。

テクニカル的な言いかたをすると原則、
年が変わってもトレンドなどは変化しないはずですが、
年頭のトレンドがなぜかずっと年内ずっと続いてしまうこともあります。

そのため、ゴールデンウイーク前後に見られる指標は確認しておましょう。

取引ができない

一方でデメリットもあります。
ゴールデンウイークに限らずですが、
実は取引市場は土日祝日の連休などは取引を停止しています。

そのため、投資家は一部の取引ができなくなる可能性があります。

また、ゴールデンウイーク後には、景気の落ち込みや株価の下落が起こることがあります。

これは、ゴールデンウイーク中に消費が活発化した反動として起こることが多いです。

したがって、ゴールデンウイーク中に投資する際には、メリットとデメリットをよく考慮し、リスク管理をしっかりと行うことが重要です。

2024年のゴールデンウイークに対しての株価、相場に関して関連記事でもまとめています。

まとめ

今回はゴールデンウイークの経済効果について考えて行きました。

過去のデータではゴールデンウイークがもたらす経済効果は凄まじく、
クリスマス、年末年始などとは比べ物にならないでしょう。

しかし、実数値的には未だコロナ以前の経済効果に届いていません。

もちろん、これは投資、ビジネス的な余力が残っているという意味ですが、

ゴールデンウイークは連休という特徴から株価変動が特殊であり、投資をする場合は経験がなければリスクが大きいでしょう。

しかし、投資方法を間違えなければ着実に資産を増やせる場面でもあるので、
チャンスとして投資をしてみるのもいいかもしれません。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: , ,

この記事をシェア!