投資

ギャンブルと投資の違いとは?投機との違いもわかりやすく解説

ギャンブルの画像

投資はギャンブルだから辞めておけ
などと投資を止められたことはありませんか?

何となく違いは分かるが言われてみたら違いを説明できない人もいるでしょう。

今回はそんな投資とギャンブルの違いのお話になります。

ギャンブルと投資の大きな違いとは

ギャンブルと言えばとは、
カジノでのカードゲームスロットマシン競馬競輪といった公営ギャンブル、宝くじなどが一般的であり、
少ないお金で賭けに勝ち、大きく儲けることを言う。

そし、投資とは、株式債券不動産などの金融商品や資産に対してお金を使うことであり、
少ないお金で投資して大きく利益を上げることを目指すことである。

実はこの二個は少ないお金を大きなお金にするという目的は一緒です。

ただそこには色々な違いあります。

それでは具体的に違いを見ていきましょう。

運任せになっているか

まず、ギャンブルは運に頼る要素が強く結果が完全にランダムです。

例えば、カジノでのスロットマシンやルーレットなどのゲームは、自分のスキルや知識に基づいて勝つことはできません。

また、株式投資なども運の要素が強ければギャンブルとなります。

例えば、

価格の変動が激しくマイナスにもプラスにもなるような相場は
自分の経験や知識で確実に勝てるようなものではなく、
ギャンブルと言えるでしょう。

一方で、統計学や、市場や企業の分析、情報収集などの要素に基づいてお金を使えるなら投資と呼べます。

そのため、長年の市場、先人の経験がある株式投資、不動産投資は「投資」としてみなされることが多く、
計画的にリターンを予測することができます。

また、数値などの事実として勝率を勝ち取れるならパチンコやスロットなども投資と言えそうですが、
個人的にはこれは投資にはならないと考えます。

パチンコ、スロット、カジノなどが投資にならない理由

パチンコ、スロット、カジノを嗜む人には台ごとの設定調整を見極めて大きく勝ちを取る人が一定数います。

投資とは先ほども言った通り、統計学や、市場や企業の分析、情報収集などの要素に基づいて資産を増やすことです。

台ごとの設定や調整を見極めることも確か分析と言えなくはないですが、
投資にならない最大の理由は胴元が必ず勝つようになっている市場操作にあります。

カジノなどの施設はボタン一つで設定を変更出来たりし、当たりを調整できます。

そのため、基本的にプレイヤー側は勝てません。

一方で株式市場などは売り手側と買い手側の購買バランスで市場が成り立っており、
カジノのような胴元が勝つための市場とは投資の市場は根本的に成り立ちが違うのです。

そのため、確かに勝てるタイミングはあるとは思いますが、
パチンコ、スロット、カジノは投資とはなり得ないでしょう。

投機と投資、ギャンブルの違いとは

また投機と何が違うのかという疑問もあるでしょう。

投機とは投資と同じで、将来の価値の上昇や収益の増加を期待して資産を買うことです。

ですが実はリスクを大きく取り、資産がゼロになるか増えるかの二択となってしまうような危うい投資のことです。

例えば、もう潰れるかもしれない会社に資産をつぎ込みこと
会社が持ち直せばいいですが倒産したらゼロになってしまいます。

そのため、このような場合は立派な投機ですね。

ギャンブルと投機は似たようなものと捉えて問題ありません。

強いて区別するなら投機は負けた分だけ他のプレイヤーが儲かります。

一方、ギャンブルはカジノなどにも言えるため、胴元(市場)が勝ち金を回収します。

そのため、お金が取られる相手が違うくらいなので本当に一緒と考えていいです。

代表的な投資とは

では投資として代表的なものを紹介していきます。

株式投資

やはり投資としてはまず、企業の株式を購入する株式投資は、王道でしょう。

企業の成長や経済の動向を予測して株式を購入する。

その後大きく株価が上昇したり、配当金などによって利益が得られます。

投資先も世界の数万社、あるいは有名数社をまとめて投資出来る投資信託などバリエーションは無限大にあります。

もちろん、中にはギャンブルになるものもありますが、
しっかりと市場と投資先を勉強しておけば少なくとも負けることはないでしょう。

株式投資の詳しい説明はコチラ記事でも

不動産投資

不動産も古くから多くの人に投資として購入、運用されています。

こちらも仕組みは株式投資と同じです。

購入、所有している不動産を賃貸物件として貸しだし家賃収入を得ることが得られます。

また、不動産の価値が上昇すれば、売却益を得ることもできます。

ただし、不動産投資する際は不動産の購入、修繕などに数百~数千万円のお金がかかったりします。

そのため、資産のある人、元々不動産を持っている人などできる人は限定されると言えます。

自己投資

さて、少し異色かもしれないですが、自己投資はある意味一番の効果のある投資と言えます。

時間や労力、お金を投じ個人の能力やスキルを向上させることを基本的には指します。

もちろん、自己満足で行うならただの趣味ですが、
例えば

得られたスキルでビジネスをする
資格を取得し会社で昇給する

など実は大きく収入、資産を上げる手段となるので立派な投資となります。

特に自己投資はただお金を増やすだけでなく、
人間関係を新たに構築したり、自分の活躍の場を増やすなど人生の豊かさに大きく貢献してくれます。

投資をする上での一番気を付けなければいけないこと

さて、最後にはなるが投資をする上で一番気を付けなければいけないこと知識をしっかりもって行っているかです。

例えば、良質な企業の株式を買う投資も売買のタイミング、購入金額を間違えばそれはギャンブルになります。

また、優秀な投資と紹介されても実はぼったくり投資信託だったりすることは実は多いです。

そのため、自分自身でこれは知識ベースで投資かどうかを判断する必要があります。

投資に慣れていない、始めたばかりのうちは
無理に買わずに少額で少しづつ始めてみて、

自分にとって心地の良い、自身の持てる投資を判断して行ってみてください。

もし投資についてもっと知りたい人がいましたらコチラ記事も確認してください

今回は以上になります。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: , ,

この記事をシェア!