経済

ボジョレーヌーボーは日本で人気?ワインが注目されてる理由とは

ボジョレーヌーボーは日本で人気?ワインが注目されてる理由とは

秋と言ったら食欲の秋!

美味しいものが色々と出てきましたね。

秋の食材として浮かぶのは人それぞれかもしれませんが、
ニュースを見るとこの時期は特段ボジョレーヌーボーという言葉をよく聞くと思います。

聞いたことはあるけどボジョレーヌーボーってよくわからない
ボジョレーヌーボーってそんな流行ってるの?

こんな疑問を持った人は多いと思います。
今回は日本でのボジョレーヌーボーについて見ていきたいと思います!

そもそもボジョレーヌーボーとは何か?

ボジョレー・ヌーボーは、フランスのワインの一種で、毎年11月の第3木曜日に解禁されることで知られています。

つまり、日本語で分かりやすく言うとワインの「初物」ということですね!

このワインは、フランスのボジョレー地域で栽培されたガメイという品種のブドウを使用して作られます。

ボジョレー地域は古くから安定した気候と良質は土壌のおかげでワインとして有名な産地であり、
このようなワインの初物としての文化が形成されてたのかもしれませんね。

ボジョレー・ヌーボーは、その新鮮さと果実味が特徴であり、短期間しか熟成されていないため、フルーティーな味わいが楽しめます。

また、ワインの中でも比較的軽めのボディであり、飲みやすいことも魅力の一つです。

このワインは、解禁日に世界中で同時に販売され、多くの人々が楽しみにしています。

特に日本ではアジア圏では珍しく、イベントが開催され、ニュースにもあがってるほどです。

取り上げられているがそんなに浸透してない風にも、、、

しかし、ハロウィンやクリスマスのようにボジョレー・ヌーボーだからと騒がれたり、騒動になっていないのもあります。

日本には浸透しづらい理由でもあるのでしょうか、、?

理由になることを考えてみました!

食文化の違い

まずはやはりここはあるのではないでしょうか?

日本では秋は新しいワインの解禁シーズンではなく、秋刀魚などの古来よりある季節の食材が楽しまれるというイメージがどうしても強いです。

そのため、ボジョレーヌーボーの解禁日が日本の食文化とはあまりマッチしていないのかもしれません。

日本人の舌に合わない

また、ボジョレーヌーボーはフルーティーで軽い味わいが特徴ですが、
日本人の多くは比較的重厚な味わいのワインを好む傾向があったりします。

そのため、普段のワインのイメージと違ってしまいリピートしないのかもしれませんね。

実は国内産も人気

ボジョレーヌーボーはフランスのワインの一つとして世界的に有名ですが、
実は日本国内では国内産のワインが人気だったりします。

日本人が好む濃厚なワインの風味、また日本人の舌に合った味わいに調整されています。

また、国内産の方が安いものも多く、コストパフォーマンスとしてもどうしても比較されてしまう現状があります。

イベントとしてのボジョレーヌーボーは日本だけ?

また実は流行らせようとイベント化させようとしているのは日本だけという声もあったりします。

ボジョレーヌーボーは確かにその年に解禁された新ワインを祝う、楽しむというイベントですが、
海外では「新ワインの試飲会」程度の認識だったりするのです

そのため、テースティイングのプロが飲んで良し悪しを判断する程度で終わる国も多く、
実はそんなに盛り上げるべきイベントでもなかったりするのです。

流行らせたいメディアの戦略なのかも?

さて、ボジョレーヌーボーだが、たしかにボジョレー地域のワインの品質、ブランドは世界的に注目されており例年待ち遠しいと思う人は多いだろう。

しかし、日本のようにボジョレーヌーボーだからと特設ステージを作ったり、ニュースでひたすら取り上げられたりするようなものではなく、
新作ワインの試飲会というのが世界的な認識らしい。

そうなると時期になったらボジョレーヌーボーの旗が立ったり、
イベントをいっぱい設けている日本の現状に少し違和感を感じてしまう。

確かにおいしいもの、みんなが好きなものを盛大に取り上げるのは良いことだが、
生活に文化に合ってないのなか、いったいどのくらいの経済効果が見込めるのだろうか?

それとももしかしたら数年後には日本は世界で有数のワイン好きの国に生まれ変わっているのかもしれませんね。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!