経済

格安SIMとは?大手キャリアとの違い

格安SIMとは?大手キャリアとの違い

皆さんはどこの通信会社を使っているだろう。

ドコモ、au、ソフトバンク、多くの人はこれらキャリアを使っているだろう。

しかし、最近は「格安SIM」という選択肢もあり、通信業界は自分に合わせた会社を選べるようになった。

「格安」とついているからには普通より安いというのは何となくわかると思うがどんな特徴まであるかわかるだろうか。

格安SIMとは

格安SIMとは、大手キャリア会社以外のMVNO(仮想移動体通信事業者)が提供する低価格のSIMカードのことを指します。

MVNOとは、モバイル通信サービスを提供する企業です。

しかし、

自社のネットワークを使用しておらず、大手キャリア会社のネットワークを借りてサービスを提供します

自社ネットワークを持たないため、ネットワークを維持のコストがかからず、
MVNOはネットワークを借りるだけなので、コストを抑えることができます。

主なメリット

低価格料金

最大の特徴としてはネットワークを維持のコストがかからないことによる通信費の低価格にあります。

通常の携帯電話会社と比べて、格安SIMは月額料金が数千円も低く設定されており、一番のポイントになります。

通信速度は比較的安定

格安SIMは大手キャリア会社のネットワークを借りているため、比較的通信速度が速いというメリットもあります。

最近の格安SIMは、高速通信規格のLTEや5Gに対応していることが多く、快適な通信環境を提供しています。

これにより、ウェブサイトの閲覧や動画の視聴など、インターネットを快適に利用することができます。

契約の自由度、シンプルさ

さらに、格安SIMは契約の自由度が高いというメリットもあります。

通常の携帯電話会社では、長期契約や解約金が発生することがありますが、
格安SIMでは短期契約や解約手数料がほとんどない場合があります。

また、プランも10Gだけなど分かりやすく、自分の利用状況に合わせて柔軟に契約内容を変更することができます。

独自性のあるプラン

さらに格安SIMはあらゆる事業社が参入しているため面白いプランが多い。

例えばビックローブが提供している格安SIMではYouTubeやアップルミュージックなどエンタメ利用の通信費が無料のプランがある。

GTN MOBILEは外国人向けに各言語でのサポートが対応しているなどあり自分にあったプランが見つかることだろう。

格安SIMのデメリットは大手の強み

さて、さまざまなメリットがあった格安SIMだがもちろんデメリットも存在する。

通信速度、安定さ

格安SIMは大手キャリア会社のネットワークを借りていると述べたが、
実は大手のさじ加減で通信速度が変わってしまうという問題がある。

特に昼頃のピーク帯は速度が安定せず、大手の通信会社は繋がるが格安SIMは繋がらないということも起きるのだ。

サポートが大手の方が充実している

大手キャリア会社は街を歩けば実店舗が多くあるように様々なところでサポートを受けている。

例えば破損や故障、通信不良などがあっても近くの店舗に行けば問題なく対応してくれており、
もしもの時の安心感では格安SIMは少し劣るだろう。

関連サービスの差

大手キャリア会社の場合は、通信事業だけでなく、電気などのインフラECサイトなど様々な業界に展開している。

そのため、大手キャリアを使うことでそれらサービスを十二分に使うことができ、
たとえ格安SIM自体は安くてもトータルで大手キャリアを使った方が良いというケースもあるのだ。

大手キャリアの低価格設定

日本は元々世界的に見て携帯料金が高かった

そのため、当時の総理、菅義偉は携帯料金の値下げを進めたのだ。

この問題に対して、菅総理は大手キャリア会社との協議を行い、料金の引き下げを実現した。

これにより格安SIMと遜色ない価格設定を大手キャリアもするようになり、格安SIMのメリットが薄れてしまったのだ。

格安SIMを選ぶ際の注意点

さて格安SIMに限ったことではないが通信キャリアを選ぶ際の注意点を確認していこう。

端末がキャリアで使えるか

キャリアによってバンドと呼ばれる周波数が決まっており、
実はキャリアによっては使いたい端末が使えないことがあるのだ

そのため、契約の際は必ず端末が対応しているか確認する必要がある。

生活圏にあった通信会社か

キャリアの通信範囲によっては自分の生活圏に対応していない場合がある。

そのため、自分の生活圏に対応した、通信が安定したキャリアを選ぶ必要がある。

格安SIMにおいては借りているネットワークによって範囲が変わるため、しっかり確認しておこう。

自分が使う電話、通信量に合っているかどうか

各社プランは様々な特徴があり、通話料無料、通信速度無制限などある。

ただし、格安SIMなどは通信量の上限が有ったりするため、自分の生活に合ったプランを選ぶ必要がある。

決済方法が希望のものがあるか

大手キャリアの場合は様々な決済手段が用意されているが、
格安SIMの場合はクレジットカード支払いのみなど支払いが限定している場合がある。

そのため、自分の支払い方法とあっているか事前に確認しよう。

普段使いだけなら通話料を大幅に抑えられる

さて格安SIMの特徴を確認してきた。

ネットワークを大手から借りている都合上、速度制限などデメリットは存在するが、
大容量ゲームやビジネスで多く使用などではない限り、問題なく使える。

また、大手も安くなったが価格もまだまだ安く生活に合ったプランが存在するなら選択肢として選んでみるのも良いだろう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!