経済

【男性はどうする】一生一人で生きる覚悟、独身のデメリットとは?

今回は男性目線での独身で生き続けることについて書いていきます。

男女問わずですが日本は晩婚化、未婚率が上がっていき
結婚することは必ずしも急ぐこと必須なことではなくなってきました。

中には独身のほうが幸せという意見もありますが
実際、独身は結構デメリットもあります。
30代、40代になってから人生を後悔しても仕方ないですし、
一度、独身、結婚について考えてみましょう。

ひとりで佇んでいる男性

日本の未婚率自体は上がっている理由とは

まず、日本の現状から、、、

2020年の国勢調査では以前の値よりも未婚、離別がそれぞれ上がっています。

2015年、2020年のデータの比較にて

2015年2020年
未婚29%30%
有配偶57%56%
離別5%6%

上記は15歳以上の男女の結婚状態を表したもの
全体的に独身へ数値が推移している

参照元:令和2年国勢調査

<h3>結婚したい相手に出会えない
未婚率の上昇のまず一番の理由として
結婚したいと思える相手に会えてないという意見はよく聞きます。

これはコロナなどの生活習慣の変化が大きな原因でしょう。

目的、興味が湧いてから行動、出会うというのがだいぶ習慣化されてきたと思います。

しかし、そうすると結果的に出会う人の分母は減ってしまうため、
結婚したいと思える人に出会う数も減ってしまっているのでしょう。

独身生活を楽しみたい

また、自由な人間関係、趣味に時間を使いたいなど、
独身生活を楽しみたいという人も多いですよね。

実際、結婚をして子供を授かれば必然的に一人の自由な時間は無くなっていきます。

そのため、時間もお金も自分の興味の惹かれることに使いたくなる傾向が強くなっているのでしょう。

経済的負担

また、子供が出来てしまったらば経済的な負担も大きくなります。

子供一人を育てるのに約2000万円の費用が掛かるとされ、
お金の面だけを考えるとただの負担になります。

特に今の低賃金の現状では進んで負担を増やしたくない
このように思ってしまう人は多いでしょう。

また、それ以外にも

結婚式、披露宴
夫婦で住む、子供の成長などに合わせた家具
一戸建ての持ち家の購入

など費用面だけ言うなら数千万円変わってきます。

結婚は大変だが一生独身も大変

さて結婚した後、そもそも結婚のしづらさなどから
少なくとも結婚に対して前向きになれない状況は正直ある。

しかし、だからと一生独身が良い選択肢になるかはちょっと考えた方がいいでしょう。

男は孤独に弱い

精神論的な話にいきなりなりますが、まず男は孤独に弱いです。

これは経験則などではなく実際に調査で証明されていることです。

孤独感が「しばしばある・常にある」と回答した人の割合は4.9%、「時々ある」が15.8%、「たまにある」が19.6%であった。

一方で孤独感が「ほとんどない」と回答した人は40.6%、「決してない」が18.4%であった。

しかし、令和3年調査と比較すると、孤独感が「時々ある」、「たまにある」及び「ほとんどない」の割合が拡大し、「決してない」の割合が縮小。

引用元:孤独・孤立の実態把握に関する全国調査(令和4年)

特にこの孤独感は30代、40代と年齢を重ねていく毎に強く増していくとされ、
実際に婚活や人間付き合いに対して後悔している人は多いようです。

趣味、仕事はいずれ飽きる

一生独身を覚悟している中には趣味、仕事に全力で打ち込みたいと考えている人もいますが、これは結構危険だったりします。

例えば、小学生の頃にはサッカーが大好きで毎日練習していたかもしれません。

でも高校生になって、急に関心がなくなり部活も入らず帰宅部になった。

似たような経験をした人は多いと思います。

このように、興味のあることに飽きが来るのは自然なことでそれは大人になっても変わりません。

むしろ、30代40代と身体が老化を迎えるごとに、運動系ならそもそもできなくなったりもしますし、
趣味、仕事と一生を添い遂げるのは実は結婚以上に覚悟が必要だったりします。

周りの変化についていけない

また、周りの人間が結婚や転勤などで関係性が疎遠になったり、
家族などは遅かれ早かれ死別したりどんどん人間関係が疎遠になっていきます。

そのたびに新しい人間関係を作ったりするのは労力もかかりますし、年と共に難しくなっていきます。

とりあえず結婚に前向きになるためには

仕事を頑張る。場合によっては転職も

まずは仕事を頑張ることから始めましょう。

ここで言う「頑張る」とは業務を頑張るのではなく
自分の年収、キャリアが上がるように行動する
ことを言います。

結婚は人生に大きく関わることでもあるので、
まずは結婚以外の人生の重要なことを整えておくことが大切です。

実際に<自信を持てる仕事をするプライベートでも自信をもって行動できるようになります。

とりあえず貯蓄、投資はしておく

また、貯蓄、投資をして資産を築いておくことは大事です。

特に現代では
結婚 = お金のかかる
というイメージは強いですし、ほぼ正解です。

ならばまずは貯蓄、投資をしておくことがベストでしょう。

特に投資は積み立てておくだけで貯蓄よりも多くの資産価値を生み出せます。

そのため、早め早めにお金の不安は減らしておきましょう。

積極的に人に関わる

個人的な意見も入ってしまいますが、結婚に対して前向きになれてない人は自分から人に関わったり、発言するのが弱いです。

今回は男との話になるのでこの点は結構大事になります。

特に人と積極的に関わることはプライベートでも仕事でもとても大切ですし人生成功の秘訣とも言えます。

そのため、色々と行き詰っている人はまずは少しでいいから人と関わり始めるのもいいかもしれない。

まとめ 急ぐ必要はないが常には選択肢として持っておこう

今回は男目線での結婚の現状と、結婚しないことのデメリットなどをまとめました。

もちろんですが、生活や思考によって結婚が向いてない人も多くいらっしゃると思います。

しかし、今独身が楽しいからと言って数年後も独身が楽しいかは別です。

嫌な言い方になりますが、独身という状態にはいつでもなれますが、
結婚はタイミングと時期がどうしても存在してしまうため、

やっぱ結婚したくなったと思っても出来なくなる可能性はかなり高いです。

もちろん、収入や仕事に集中したいなど、
男側にも時期というものは存在します。

そのため、焦る必要はないですが、いつ結婚をしてもいいようにまた結婚が良いものと受け止められるように行動していかないといけませんね。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!