経済

お盆貧乏⁉連休の思わぬ出費で困らないためのお金の節約法とは?

最近はお盆貧乏なんて言葉が流行っているようです。

お盆期間中、お金を使いすぎてしまい、金欠になってしまう、、、
さすがに帰れなくなるなどはないと思いますが、

連休、お盆に対してしっかりお金を節約しておかないと実は大変なことになるかもしれません。

今回はお盆期間中のお金の節約について考えてみましょう。

お盆貧乏⁉連休の思わぬ出費で困らないためのお金の節約法とは?

お盆とは?起源と特別な意味

まず、お盆の起源は、仏教に関連しています。

仏教では、人が亡くなった後も、その魂は一定の期間、現世に戻ってくると考えられています。

その期間がお盆であり、亡くなった先祖の霊を迎えるために、家族が集まり、供物を捧げるという意味があります。

実家に帰るようになったのは江戸時代から?

そしてお盆の期間に実際にかえるようになったのは江戸時代からとされています。

江戸時代頃より出稼ぎという考えが生まれ多くの人が江戸などの都会で働いていました。

しかし、当時は、土日休みなどは一切なく、年末年始とお盆に休みを取るということが習慣になったようです。

また、出稼ぎの資金を実家に落とす目的もあったとされていました。

2024年のお盆休みはいつ?

一般的には8月13日から8月16日までの4日間とされています。
ただし、7月13日から7月16日になる地域もあり、この差によって祝日扱いされてないと言われています。

また8月盆(旧盆)の場合、2024年は8月13日から8月16日が平日のため、翌日の17日、18日も併せて6連休の大型連休になりますね。

お盆貧乏とは何か?

さてそんな楽しみなお盆ですが一方で「お盆貧乏」なんて造語もあるみたいです。

お盆貧乏とは、主にお盆の時期になるとお金が不足してしまう状況のことを指します。

主に8月で毎年あるお盆ですが、旅行や帰省など時期的に出費がかかってしまいお金が必要以上に無くなってしまうことがあります。

確かに夏に入り、遊び、旅行など活発的になる時期ですのでどうしても先立つものがなくなりやすいのでしょうね。

繁忙期の影響

お盆貧乏は一見だらしない人の総称見たいなイメージですが、割と他人ごとではないかもしれません。

お盆期間は旅行、イベントが盛んに行われる時期で繁忙期にあたります。

そのため、新幹線、飛行機などの交通費、旅館、ホテルなどの宿泊費が軒並み高く、
ただ帰省をするだけでも普段より多く費用が掛かってしまうのです。

お盆貧乏を避けるための心構え

ではお盆貧乏を回避するためにも今から心構えについて確認してきましょう。

必要な予算を立てる

まず、予算を立てることが大切です。

帰省、旅行にしろお盆の期間中に使えるお金を計算し、それに合わせて支出を考えましょう。

そしてそれに合わせて日頃から貯蓄をしておくことが大切です。

事前予約、割引を多用しよう

次に使い交通機関、宿泊施設に事前に予約しておき、早割などの割引を使いましょう。

また、宿泊費を抑えるために格安の宿泊施設を選んだりするなどちょっとした妥協点を探せば費用はいくらでも安くできます。

謙虚に過ごす

また久しぶりに会う知り合いや一緒に旅行にきた家族と食事をする際に、
食べすぎたり、お土産を買いすぎたりしないようにしましょう。

特に旅先では非日常感、興奮から必要以上に買い物をしてしまいがちです。

根本的な解決、お盆の過ごし方

さてもっと根本的な話をしましょう。

お盆貧乏は確かに使いすぎなどのせいですが、
もっと言えば、そもそもお盆で貧乏になるくらい手持ちの資産が少ないという意味でもあります。

旅行、帰省しなくてもいい?

お盆は出かけるもの、帰省するものという認識がありますが、そもそも出かけなくてもいいと思います。

お盆に帰省するという文化は江戸時代に出稼ぎ金を受け渡すのが目的とされてましたし、
そもそも現在は帰ろうと思えばいくらでも帰れます。

そのため料金の高いお盆に帰省をしなくてもいいのではないでしょうか?

お盆貧乏にならないように勉強、仕事をする

また、お盆に帰らずに収入アップに勉強や仕事をするもの良いかもしれません。

お盆期間は規制している人が多いためむしろ都心は人が少なく静かになります。

そのため集中して数日ほしいような勉強などにはおすすめです。

まとめ

今回はお盆に貧乏になってしあうお盆貧乏にならないようにお金を節約、話をしていきました。

物価高、円安の影響もあり今後の日本はまずまずお金がかかる国になっていくでしょう。

場合によっては料金が上がりすぎで新幹線すら乗れない場合もあります。

そのため正直節約だけで今後は対打ちできないでしょう、
やはり節約以外にも最低限投資はやっておきべきですね。

投資方法にもよりますが、しっかりと運用すれば数年後、数十年後には大きなリターンとなって帰ってきます。

今後もお盆休みを堪能したいなら備えるべきことに備えてきましょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!