経済

仕事ができる人は昼寝をしている!生産性が上がる理由とベストな時間とは

皆さんはお仕事のお昼休み、小休憩の時はどう過ごしていますか?

午後の資料をまとめる
スマホをいじってゲームをする

など過ごし方はそれぞれですが、

生産性の高い仕事をこなすのであれば「シエスタ」という昼寝することすべきかもしれません。

昼寝をするビジネスマンの画像

シエスタ制度、スペインの昼寝文化

シエスタとは、スペイン語で「昼寝」という意味であり、
古くは17世紀より主にスペインやラテンアメリカ生まれました。

地中海地域などの気候や労働習慣が背景にあり、
昼間の暑さを避けるために、午後の時間帯に休憩を取る習慣が生まれたのです。

そして現代では気候の問題ではなく、
業務などによる疲労からのリフレッシュとして日本や欧米などの先進国で広まってきました。

昼寝の効果とは?

昼寝をしてしまうとボーっとしてしまうのでは?

そのように思いそうですが、短い時間でも昼寝をすることで、
身体や脳にさまざまな良い影響を与えるとされています。

疲労回復

まずなんといっても疲労回復効果があります。

午前中の仕事の疲労午後に向けての集中力の向上が期待できるでしょう。

特にあえて寝ることで午後の眠気の予防にもなり、
リフレッシュされて再び元気になるでしょう。

ストレスの軽減

また、昼寝はストレスホルモンのコントロールに影響します。

そのため疲労が蓄積している場合、昼寝を通じてリラックスし、ストレスを軽減することが期待されます。

ストレスを溜め込むとその日のパフォーマンスだけでなく、生活リズムすら大きく乱れてしまいます。

夜の睡眠の質が上がる

また、昼寝をすることで夜の時間帯に疲れを大量に残すことがなくなるので、
夜の睡眠の質が上がり生活リズムが整います。
ただし、昼寝で寝すぎるなどすると夜更かしをしてしまう場合もあるので、
昼寝の時間帯などちゃんとコントロールすることが 大切になります。

効果的な昼寝の仕方とは?

昼寝は、特定の時間帯などのルーティンを持つことが重要です。

では、昼寝の適切な時間帯はいつなのでしょうか?

効果的なのは午後2時頃から!

一般的に、昼寝は午後の早い時間帯がおすすめで、
午後2時から午後3時の間が理想的とされています。

昼食を食べると消化をするために、胃腸にエネルギーが集中します。

そのため、一時的に脳がエネルギー不足に陥ってしまうため、眠気を感じやすくなるからです。

また、気温的にもお昼から下って来るため、眠気が助長されます。

そのため、午後2時頃を目安に睡眠をとりましょう。

ベストな昼寝の長さは?

15分から30分の短い昼寝が効果的です。

人間には身体を休める深い眠りと頭を休める浅い眠りがあり、周期的に繰り返して睡眠をします。

そのため30分以上の長時間眠ってしまうと、深い眠りに入ってしまい、
素早く起きることが困難になってしまうのです。

また、夜の睡眠の質が低下する可能性もあるため、最長でも30分が好ましいとされます。

どのような姿勢で寝る?

昼寝のポイントとしては、静かで暗い場所で寝ることが好ましいですが、
身体を横にするのは深い眠りに入ってしまう可能性があるので注意が必要です。

そのため、理想は座った姿勢など体の負担にはならないが、楽な状態が良いでしょう。

コーヒーを飲むと効果的な目覚めも

また、入眠時にカフェイン飲料のコーヒーなどを飲むことはおすすめです。

カフェインは摂取してから30分ほど効果がかかります。

そのため、ちょうど起きるタイミングで気持ちよくカフェインが効きリフレッシュできるでしょう。

どうしても昼寝が出来ない場合

目を閉じるだけでも効果的

また、職場の雰囲気、仕事柄どうしても昼寝が出来ない。

なんて場合もあると思います。

その場合は目を閉じてゆっくりするだけでも効果はあります。

大事なのは脳を仕事から休めることです。

目を閉じて情報を遮断するだけでも十分な効果が期待されます。

歩行瞑想

また、少し身体を動かしておくのもいいでしょう。

元々のシエスタでは暑い気温帯で働かないための、昼寝でしたが、
現代においては仕事から脳を休めるためのものと実は目的が大きく変わっています。

そのため、実は昼寝にこだわる必要はなく、例えば少し歩いたりするだけでも十分な効果は期待できます。

まとめ、気持ちのオンオフをすることが成功の秘訣

今回は昼寝がもたらす仕事、勉強などの効果について考えてみました。

デスクワークがメインの現代においては、
数時間パソコン越しに仕事と向き合うことが当たり前になっています。

もちろん、それが仕事なので仕方ないですが、
ずっと座って睨めっこし続けても良い成果は出るかは別です。

真に成果や生産性を求めたとき、昼寝すべきかずっと睨めっこすべきか

どっちが良いかの答えは自ずと出てくるでしょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!