経済

日経平均株価とは?分かりやすく解説!

日経平均株価とは?分かりやすく解説!

日経平均株価は皆さん見ているだろうか?

投資をしていなくても仕事柄見ている人なども多いのではないか。

今後、少子高齢化、不景気と合わせて経済が冷え込むと考えられている日本をしっかり把握しておくためには日経平均株価は大事な指数であり、
もし見たことない人がいる場合は是非、この記事で学んでいってほしい。

日経平均株価とは

日経平均株価とは、日本の株式市場で最も重要な指数とされ、
東京証券取引所に上場している225の代表的な企業の株価の平均値を表しています。

日本代表する会社の銘側ということで有名なところだと、
シャープ、パナソニック、伊藤忠、NTTなど一度は聞いたことある銘柄ばかりと思います。

経済的に影響を及ぼす可能性が高い銘柄とされ、
日本の経済全体の健全性や株式市場の動向を把握するための重要な情報源となっています。

日経平均株価の特徴

日経平均株価は、算出対象となる225銘柄の株価の平均値で算出されます。

しかし、正確に算出するために単純な平均でなく、
銘柄入れ替え、株数などを考慮した除数」というものを使います。

この計算式から日経平均株価は株価が高い企業の影響を受けやすい特徴があります。

日経平均株価は何に影響を受ける?

国内政治

国内政治の影響は日経平均株価のみならず多くの株価に影響を与えます。

例えば、政府が経済政策を変更し、企業に対する支援策を打ち出した場合、
株価は上昇する傾向にあります。

また、選挙の結果が政治の安定をもたらす場合も、投資家の信頼感が高まり、
株価が上昇することがあります。

しかし、逆に政府の経済政策が失敗し、企業への支援策が不十分だった場合、
株価は下落する可能性があります。

また、政治の混乱や政府の信頼性の低下も、投資家の不安を引き起こし、
株価の下落につながることがあります。

国の方針は国内の企業の存続を大きく決める方針になります。

自然災害

地震台風などの天災から洪水や山火事などの災害も日経平均株価に影響を与えます。

例えば、食べ物を作っている生産業は天候などにより全く収穫が出来ない時もあります。

その際、純粋に商品が出せなかったり、
高い海外の商品で代用するなどコストがかかってしまうのです。

コスト増と売上の低下は株価にはマイナス影響であります。

外国為替

日本の産業の多くは海外との輸入、輸出に依存しています。

例えば、日本は多くの自動車を生産し輸出していますが、
円高が進むと外国人から見ると日本車の金額も上がってしまいます。

そのため、売上の低下などにもつながるため、為替影響は大きいです。

金利

金利と株価は、経済において重要な要素です。

金利は、銀行などの金融機関がお金を貸し出す際に設定される利率のことを指します。

金利が低い場合、企業はお金を借りることが比較的容易になり
大きなビジネス展開、投資をすることができます。

そのため、金利が下がると期待から株価は上がりやすく、
一般的に金利と株価はシーソーの関係と言われています。

日本だけでなく世界の状態も確認できる大事な指数

さて、今回は日経平均株価について説明をしてきた。

日本を代表する大企業の株価をまとめた指数であり、
日本の景気などがわかるものとなっておる。

また、日本だけでなく海外の状態もわかったりする。

例えば、
新しい政策やビジネス展開をしていないのに日経平均株価が上がったりすることがある。

この場合例えば、外国の情勢が良くなく、日本に資産が流れてきた。

戦争が起きそうで資産を守るために日本の株をいっぱい購入する人が増えた。

など世界情勢すらわかってしまうのだ。

投資をする上では特に気にしておくべきだが、
日常生活でも今後の国、経済の流れを把握しておくためにも
定期的に日経平均株価は確認しておこう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!