経済

紙の本と電子書籍って結局どっちがいいの?価格差や利便性から見る違いとは

皆さんは日頃、本は読んでいますか?
最近は電子書籍の普及もあり、本を紙で買うか電子書籍で買うか悩むことが多いと思います。

結論から言うと値段的には似たり寄ったりですが、電子書籍の方が色々とお得な部分が多いです。

ではどんな点でお得なことが多いのかその差を見ていきましょう。

紙の本と電子書籍どっち

電子書籍の利点と使いどころ

電子書籍は、紙の本と比べてさまざまな利点があります。

持ち運びの利便性

まず、電子書籍は軽くて持ち運びが簡単です。

たくさんの本を一度に持ち歩くことができるので、旅行や通勤時間にも便利です。

また、電子書籍はインターネットに接続している端末があれば、いつでもどこでも本を読むことができます。

読みやすいように設定を直せる

さらに、電子書籍は字の大きさや背景色を自由に変えることができます。

視力が悪い人や目が疲れやすい人にとっては、読みやすさを向上させることができます

また、電子書籍は紙の本と比べて価格が安いことも魅力です。

通常、電子書籍の方が紙の本よりも安く購入することができます。

さらに、オンラインで購入することができるので、書店に行かなくても手軽に本を手に入れることができます。

電子書籍は、特に旅行や通勤時間などで本を持ち歩く機会が多い人や、視力に不安がある人にとっては便利な選択肢です。

電子書籍のデメリットと注意点

一方、電子書籍にはいくつかのデメリットや注意点もあります。

まず、電子書籍は電源が必要です。

電池が切れてしまった場合や、電源がない場所では本を読むことができません。

また、電子書籍はデジタルデータとして保存されているため、
端末が故障したり、データが消えてしまったりするリスクもあります。

さらに、紙の本と比べて電子書籍は手に触れる感覚がありません。

本をめくったり、ページを指でなぞったりするという楽しみが少なくなってしまいます。

また、電子書籍は著作権の問題データの流出のリスクもあります。

不正なコピーが広まったり、個人情報が漏洩したりする可能性もあるので、注意が必要です。

電子書籍は便利な面もありますが、デメリットや注意点もあるため、自分に合った使い方を考える必要があります。

本と電子書籍の金額の差

さて、本をよく買う人ならわかると思うが、全体的に電子書籍の方がちょっとだけ安いです。

このちょっとした価格は何なのでしょうか?

コストがかからない

電子書籍は、紙の本と比べて安価な選択肢として注目されています。

その理由を見ていきましょう。

まず、電子書籍は物理的な本を印刷する必要がないため、製造コストが削減されます。

紙の本では、用紙やインク、印刷機械などの資材や設備が必要ですが、
電子書籍はデジタルデータとして保存されるため、これらのコストが不要です。

そのため、出版社は電子書籍をより低価格で提供することができます。

さらに、電子書籍は倉庫や物流のコストも不要です。

紙の本は印刷された後、出版社や書店などの倉庫に保管され、注文があった場合には物流手段を使って配送されます。

しかし、電子書籍はインターネットを通じて直接ダウンロードされるため、
倉庫や物流のコストがかかりません。この効率化により、電子書籍はより安価に提供されることができるのです。

実はもっと安くできる

電子書籍の価格差の理由を見てきたが、
実は電子書籍がもっと安くできることをご存知でしょうか?

現在のところ電子書籍の方が数円から大きくても100円行かないくらい安くなるが、
実はコストだけで調べてみると原価の半分近く安くなる。

ではなぜ、安くしないのか?
この理由には出版業界への配慮がある。

例えば電子書籍の価格をコストベースにした場合、おそらくほとんどの印刷会社は倒産してしまうだろう。

そうなると印刷料金の高騰や業界のバランスが大きく崩れてしまう。

そのため、電子書籍の価格を抑えすぎないような配慮がされているのだ。

では、電子書籍はお得ではないのか?

結論から書くと電子書籍はそれでも紙の本よりもお得な存在と言える。

売却することを考えた際のお得さ

電子書籍の方がなぜお得なのか

そのひとつの理由にまず、最終的にどちらの方が安いかと言う点がある。

例えば、実際の紙の本は購入価格もだが、例えば要らなくなった時売却もできるため、
最終的な手元に残るお金としてはお得に感じやすい。

しかし、紙の本の売値込みの買値と元々が少し安い電子書籍の買値を比べた時そこまで差はないのだ。
差がないのに手元に本が残ると考えると電子書籍のほうが圧倒的にコスパはいい。

まとめ お得さは電子書籍の方が良いが、、

今回は電子書籍と紙の本の違い、お得さを見ていきました。

紙の本、電子書籍は得られる内容は一緒だが、
コストが違うため、販売価格が変わっており、実際のところトータルで電子書籍の方がお得であることが現状です。

しかし、一つだけ抑えてほしいのは必ずしも本は安ければいいというものではないことです。

例えば、参考書のような内容に対しての情報が欲しいだけならば、安い本を買えばいいが、
物語、叙事詩のような知識を体験として得たいこともある。

そのため、自分が体験などのコンテンツとして本を読みたいかによって大きく変わって来ることは気を付けてほしい。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!