経済

キッチンカーはなぜ流行った?理由とビジネスチャンスはまだあるのか?

キッチンカーの画像

キッチンカー、またはフードトラックは、
近年急速に増加している飲食業界の一環として注目されています。

筆者の知り合いにもキッチンカーを始めた人がおり、どんどん増えている印象を受けます。

今回はキッチンカーが流行った理由ビジネスチャンス経済効果などをまとめてみました。

なぜキッチンカーは流行ったのか

コロナによる生活変化

そもそもキッチンカーがなぜ流行ったかきっかけはコロナにあるでしょう。

コロナによる外出自粛巣籠り需要の拡大により人の流れは大きく変わりました。

その結果、職場、家で食事をする内食が多くなったのです。

そのため、家で食べられるようなフードデリバリーキッチンカーなどの新しい食文化が伸びるようになりました。

初期費用が少ない、出店場所の柔軟性

通常の飲食店を開業するには、場所を借りたり、建物を建てたりする必要がありますが、
キッチンカーならば、移動しながらさまざまな場所で営業することができます。

また、建物、店内の装飾を作る必要がないため、
初期投資をしやすく新規参入がしやすいため、急激にその数を増やしました。

キッチンカーが与える経済、地域への影響、ビジネスチャンス

コロナが落ち着いてきたとはいえ、キッチンカーは未だに人気であり、
お弁当唐揚げクレープから
最近はアイスクリーム屋さんのキッチンカーもよく目にするようになった。

新たなキッチンカーが登場することで、新しい雇用だけでなく、様々なビジネスが生まれています。

地元食材と地域生産者の結びつき

キッチンカーは移動式という特異性から店舗だけでなく、物流としても機能します。

すると、地元の農産物や食品生産者から直接新鮮な食材を仕入れたり、生産者自身のPRの場所ともなります。

そのため、農家をしながらキッチンカーをするなんて人も多く、
今まで気づかれにくかった地元の魅力に気づくことが出来るかもしれません

イベントと観光誘致

キッチンカーはオフィス街商業施設の駐車場に昼休みの時間帯に表れるお店というイメージが強いかもしれません。

しかし、キッチンカーの最大の強み、売り上げが出るのは、
フードトラックフェスティバルストリートフードイベントなど、大規模なイベントに参加した時です。

オフィス街なの駐車場では場所代を払って営業するのですが、
このようなイベントの場合は主催者側から出演料がでることがあるのです。

また、集まるお客さんも食べることを目的に来ているため売り上げが出やすいのです。

イノベーションと多様性

また、食文化において新しいアイデアやクリエイティビティを刺激しています。

レストランなどは店の内装や厨房の機材から作られる料理が限られてしまうことがあります。

しかし、キッチンカーの場合は、機材などの詰め替えが容易であり、
新しい料理スタイルやフュージョン料理を提供することができます。

これにより、地元の食文化が豊かで多様なものとなり、消費者にとって新たな食の体験が提供されます。

昔からある屋台という文化

日本には昔から屋台出店のような仮設、移動式の店舗が実は多いです。

屋台などは衛生面、土地の問題から減ってきていますが、もしかしたらキッチンカーがその代わりなって増えてきているのかもしれませんね。

キッチンカーはこれかも需要は多くあり、今後も経済に与える影響、ビジネスチャンスはあるでしょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!