経済

うつ病で働けなくなった時に知っておきたい補助金とお金の備え

ストレスチェックシートの画像

うつ病精神疾患など最近は精神的な病気、体調不良も珍しくなくなってきました。

しかし、もし自分がかかったときどうすればいいかなどしっかり備えてない人も多いです。

うつ病には予防接種などはないのでなってしまうときはしょうがないですが、
事前にお金の面で備えておくなどの対策はできます。

今回はお金の面でのうつ病の対策をまとめてみました。

まず、はじめに

うつ病は、精神的な病気であり、日常生活に大きな影響を与えることがあります。

うつ病の症状がひどくなると、仕事に集中することが難しくなり、働けなくなることもあります。

自分がうつ病かもしれない
よくわからないが心が不安定になっている

そう思う場合はまず迷わず病院、メンタルクリニックに行きましょう。

自分がうつ病なのか、病気なのかという正しい判断はお医者様しかできません。

そのため、一人で悩んでいる人はまずは心の病気の専門家のもとに行ってくださいね。

うつ病になった時のお金の不安

うつ病に限らないが、心が不安定になるときの原因としてお金の余裕がないというのは絶対にある。

またうつ病は、心の問題もあるが働けなくなってしまうという心配も発生してしまう。

そのため、事前にお金の心得と生活費の管理方法を知っておくと、
心の負担を軽減することができます。

うつ病になる前にやっておきたいお金の備え

心が不安定になる人間は身体もうまく動かなくなって最悪収入が止まることもあります。

そのため、そうなる前の備えを持っておくことがとても大事です。

生活防衛資金の確保

突然の収入の喪失に備えて、数か月分の生活費を確保することが重要です。

これには基本的な生活費や家賃、公共料金、食事費などが含まれます。

6か月ほどの生活費を常に専用口座などに置いておくと安心すると思います。

保険の確認

急に収入がなくなった、心の病気になったときの降りる保険についても調べてみてもいいかもしれません。

最近精神的な疾患、病気に対しての認知も広がったため、うつ病に対する保険も色々と増えていきました

精神的に落ち込みやすいなどは心の特徴のため、弱いとかではなく自分の心はそういうものだ。

とまずは受け止めましょう。

受け止めたうえで、
収入の一部を補償するための収入保険や障害保険の内容を確認しておくことが大切です。

社会保障給付の確認

保険だけでなく、国、自治体からも健康上の理由で働けない場合に支給される社会保障給付があります。

特に障害年金失業手当などの給付制度の対象だった場合、
申請をすると毎月の給付金を貰え生活を支えてくれます。

予算の見直し

また、収入がなくなっても困らないように事前に支出と収入のバランスを再確認し、節約できる部分を見つけましょう。

債務の整理

債務がある場合、返済プランを検討しましょう。

心が不安定になる理由は少なくともお金の問題は絶対にあります。

そのため、借金をしない、早く返済するなど自分の手元にマイナスを残さないように心がけましょう。

サポートの活用

お金とは直接的には関係ないですが、
住まいの自治体の社会福祉機関労働相談機関などのサポートを活用して、適切な支援を受けることが大切です。

心の支えを一つでも持つことは、経済的な課題だけでなく、うつ病の早期改善にもつながります。

うつ病になったら申請できる手当、給付金

まずは深呼吸をして静かに考えましょう

まず初めにうつ病や精神的に弱くなっている時は、思考がまとまらず正常な判断が出来なくなっていることがあります。

そのため自分で考えすぎてしまった結果、
勢いで仕事を辞めたり、塞ぎこんでしまうこともあります。

そうならないように、まずは落ち着いてお医者様や信頼できる人のフォローを貰いましょう。

今から紹介する制度などは代理人を立てて申請することも出来ます。

そのため、自分一人で考えず、周りに助けてもらいながら支援を貰いましょう。

障害年金

うつ病を始めとする様々な病気を持つ人の中に本当に労働が難しい場合もあります。

その場合、国から障害年金を受給することができます。

障害の程度に応じ額面は違いますが場合によってはしばらく働かなくてもいいような金額も貰えたりします。

ただし、障害年金はお医者様からのちゃんとした診断や国の基準を満たしておく必要があります。

そのため、しっかり制度を確認しましょう。

失業手当

雇用保険に加入している場合は仕事を失った時に、一時的に失業手当を受けることができることがあります。

失業手当は直近数ヶ月平均の収入の7割相当のお金を約1年間もらえます。

そのため、仕事を辞めるようになった際は必ず確認しましょう。

休職手当、傷病手当

病気により労働ができない場合、雇用契約によっては傷病手当金などの手当てを貰うことが出来ます。

傷病手当は原則として労災などに分類されるためどの会社にも存在するでしょう。

そのため、会社を休むことになったら必ず確認してみてください。

申請をする際はお医者様からの診断書や会社による申請書などが必要になる場合があります。

そのため、事前に会社に確認してもいいかもしれません。

生活保護、社会保障給付

また今後の労働、生活自体が困難な場合、生活保護が受給できます。

生活保護自体は審査基準が厳しいですが、自分の人生をやり直すには必要な制度になる人も必ずいます。

そのため、もし必要になったら迷わずに申請しましょう。

お金の備えがあるだけでも十分に頼もしい

うつ病などの精神的なダウンはどうしてもなってしまうときはなるものです。

そのため、まずはどんな人でもお金だけでも余裕を持つことが大切です。

特に生活防衛資金は計画的に貯めておく必要があるので、まずはここから始めてみてください。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: , ,

この記事をシェア!