環境

減少するミツバチ!経済、産業に与える深刻な影響とは?

減少するミツバチ!経済、産業に与える深刻な影響とは?

ミツバチが減少しているというニュースを見たことはないだろうか。

実は昨今世界中でミツバチが数を減らしており、産業、経済に大きなダメージを与えているとされているのだ。

ミツバチがなぜ経済を、、、

と思う人もいるだろうが、実は古来よりミツバチは我々の生活を大きく支えている存在だったのです。

働き蜂は経済をどう回す?

農業を助けるミツバチ

さて、実はミツバチは我々の今の生活を大きく支える重要な存在であるのはみんな知っているだろうか。

もちろん、蜂蜜は作っているが主に農業の受粉の面において大きく貢献しているのだ。

ミツバチによる受粉作業は、農業において非常に重要な役割を果たしています。

実際、ミツバチのおかげで、世界中で多くの農作物が栽培されています。

食物は花の花粉を介して受粉を行います。

基本的にはミツバチ問わず、様々な生物を介して受粉が行われるのですが、
農業として効率化するにはミツバチによる受粉作業がもっとも効果的なのです。

そのため、実は多くの農家は養蜂家に頼んでミツバチを貸してもらうなどして、
農業を手伝ってもらっているのです。

美容品としても注目されている蜂蜜

蜂蜜は、自然界の素晴らしい贈り物の一つであり、美容や健康にも良い効果があります。

そのため、最近では蜂蜜を使用した化粧品が注目を集めています。

蜂蜜には抗酸化作用があり、肌の老化を防ぐ効果があり、
保湿効果も高く、乾燥した肌に潤いを与えることができます。

さらに、抗菌作用もあるため、ニキビや吹き出物の改善にも効果的です。

蜂蜜を使用した化粧品は、実はさまざまな種類があります。

例えば、フェイスマスクやクリーム、リップバームなどがあります。

これらの製品には、蜂蜜の他にも、植物エキスやビタミンなどの成分が配合されていることがあります。

これらの成分が相乗効果を発揮し、肌を健やかに保つ助けとなります。

このように様々な面においてミツバチは我々の生活を助けている。

しかし、そんなミツバチが近年減少しているというのだ。

働き手(蜂)の減少?

そんなミツバチの個体数が最近減っている理由はいくつかあります。

まず一つ目は農薬の使用です。

農薬は農作物を害虫から守るために使われますが、ミツバチにとっては有害な影響を与えることがあり、
農薬が花の蜜や花粉に残留していると、ミツバチがそれを摂取することで健康被害を受けることがあります。

二つ目の理由は生息地の減少です。

都市化や農地の拡大によって、ミツバチの生息地が減ってしまいました。

ミツバチは花の蜜や花粉を採集するために広い範囲を飛び回る必要がありますが、
そのための適切な場所が少なくなってしまったのです。

また、三つ目の理由として異常気象の影響が挙げられます。

昨今、夏はずっと暑かったり、冬は一段と寒くなるなど気候が極端になっているのは皆さん体感しているだろう。

そんな異常気象は自然界にも影響しており、ミツバチが夏に活動できなくなったり、
植物が育たず十分な蜜が集められないなどの事態が起きているのだ。

これら理由によりミツバチのはずは大きく減少してしまった。

ただ蜂蜜だけが取れなくなるなら、まだしも先も述べた通り、
ミツバチたちは農業にも大きく関わているため、農業、強いては人類の存続にも大きく関わってしまうのだ。

アインシュタインも古くから提唱していたミツバチの減少問題

このミツバチが与える世界への影響については実は昔から考えられており、
かのアインシュタインの言葉には、

ミツバチが地球上から消えると、人間が生存できるのは4年だけだろう

ともあるのです。

アインシュタインは、ミツバチが私たちの生態系において重要な役割を果たしていることを理解しており、

ミツバチの存在がなくなると、多くの作物が受粉されず、収穫量が減少する可能性があると危惧していました。

そのため、私たちは、農薬の使用を適切に管理し、ミツバチの生息地を保護することがなによりも大事であるとも伝わったとされています。

人は大自然に生かされているだけの存在

今回はミツバチが支える人類経済と現在抱える問題について考えて行きました。

ミツバチは農業、美容品などの様々な産業を支えており、実は経済を回す上では欠かせない存在です。

減少理由には様々なことがありますが、
何といっても温暖化のような異常気象による減少が顕著であり、
今後も人類が生存する上では自然との付き合い方を見直さなければいけないでしょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

この記事をシェア!