投資

新NISAはインデックス投資だけで大丈夫?初心者が知っておきたい欠点とは?

2024年から始まった新NISAは皆さんは既に積立投資の設定はされましたか?

NISA自体は10年前から始まっている制度ですが、
今回の改訂でさらに使いやすくなり多くの投資未経験者も始めたと思います。

そんな新NISAですが、ネットの記事などを見てると
オールカントリーS&P500だけでいい
インデックスファンドだけの投資をずっとお勧めしている印象があります。

未経験者の場合、本当にこれでいいのか?
っと少し心配になるレベルではないでしょうか。

そこで今回は新NISAの投資においてインデックス投資だけで大丈夫なのか
それ以外の投資はすべきかをみていきましょう。

新NISAを調査

【おさらい】インデックス投資とは?

投資には様々な企業などの株価を組み合わせて
まとめて投資出来る投資信託というものがあります。

その投資信託で特定の指数(例えば、日経平均株価など)の動きに連動するように
組成されたものをインデックスファンドといい、その商品への投資をインデックス投資といいます。

インデックス投資は市場全体の流れに沿うように評価額が変わるため、
急激な変動は起きづらく、初心者でも運用がしやすい投資としてお勧めされます。

新NISAとの相性は?なぜインデックス投資は最強とされているか

初心者におすすめする投資法ではあるが、
実はベテランでも行っている投資法であり
ほとんどの人にお勧めできるというは、最近はよく聞くと思うが、
どういった部分が良いのでしょうか?

確実な資産形成ができる

まずポイントとして確実な資産形成が出来る点が挙げられる。
投資での資産形成にはまず安定さが重要です。

インデックス投資は、市場全体の動向に連動するため、個別の企業や銘柄のリスクを分散することができます。

これにより、一部の企業の業績が悪化しても、他の企業の好調さによってリスクを軽減することができます。

運用コスト

運用コストが低いという利点もあります。

そのため、長期的な運用をしても手数料負けするが少なく、
安定して資産を拡大することができるのです。

また、新NISAを使えば利益に発生する税金も非課税になり、利益をほぼ全て受け取ることができます。

複利の力

また、複利の力を使うことで、資産を拡大することができます。

複利とは、元本に加えて利息や配当が加わり、
その合計が次の期間の元本として再投資されることを指します。

文章にすると大した事なさそうですが、
複利による再投資を数十年行うだけで、元本と同じ額の利益を上げることも出来ます。

そのため、長期的運用に向いているインデックス投資との相性が良く
資産形成が容易なります。

インデックス投資はこのように資産形成の確実性が高く、
万人におすすめ出来るのも納得ですね。

特に新NISAとの相性では長期的投資の嚙み合わせが100点です。

そのため、新NISAで資産形成を考えているのであれば、インデックス投資だけで問題ないと言えます。

インデックス投資の欠点

もちろんインデックス投資も完璧ではなく、デメリットもあります。

資産が貯まるのには時間がかかる

まずインデックス投資資産形成には数十年時間がかかってしまいます
例えば、インデックス投資として有名なオールカントリーに投資する場合でも、
投資金より資産が倍になるのは20年近くかかります。

爆発的に資産が増えるわけではない

また、インデックス投資は爆発的に資産を増やすことはありません。
短期取引などの場合は投資先やレバレッジ取引を用いれば1日で数倍に資産が大きく増えることもありますが、
インデックス投資においてはほぼ無理です。

インデックス投資ではたとえ大量の資産を投資しても投資額の割合でちょっとづつ増えていく投資法です。
また、市場の価格が低下してしまい値動きが鈍化している場合は、増える速度も下がってしまいます。

生活レベルを大きく変えたいならインデックス投資だけでは難しい

デメリットの紹介で挙げた通り、インデックス投資は爆発的に資産が増えるわけではないので、
インデックス投資しているから富裕層になれるというわけではない。

そのため自分の人生をワンランク上の生活に押し上げるにはインデックス投資以外も行わなければならない。

短期取引

資産を爆発的に増やす手段としてはまず、株式投資、為替取引などの短期取引が挙げられます。

短期取引と聞くとギャンブルであり、投資にはならないと思ってしまいます。

たしかにギャンブルになってしまう投資もありますが、
しっかりと市場を分析してリスク許容度内で取引をすれば、基本的勝てます。

また、レバレッジという信用取引もできるため、さらに爆発的に資産を増やすことも出来るので、
早めに資産を増やしたいのであればチャレンジしましょう。

自分でビジネスを持つこと

また、自分の生活のレベルを上げるなら、自分のビジネスを持つことも必須です。

雇われの会社員は確かに安定した生活、社会的信用もあり、
安心した生活を送るならとてもいい選択肢になりえます。

しかし、給与が急激に増えることは基本的になく、その会社から貰える生涯賃金はある程度決まってしまいます。

一方で、自分でビジネスを作り上げると、
会社に控える税金やコストがなく、すべて自分の利益となります。

そのため、成功すれば自分の収入が増えるだけでなく、会社員を辞めることすら出来ます。

まとめ 新NISAはインデックス投資だけでいいのか?

今回は新NISAを始めた人向けに投資先はインデックス投資だけでいいのか
という疑問についての解説でした。

インデックス投資は長期的な資産形成においては運用コスト、安定した利益率があり、
まず間違いなく成功する投資法です。

また、新NISAの利益への税金控除、無期限の期間など長期投資との相性もとてもよく、
基本的にはインデックス投資だけでいいでしょう。

しかし、間違えてほしくないのは、インデックス投資

資産形成に数十年かかる
爆発的には増えない

という静かな投資という点です。

そのため、早期退職したい、アーリーリタイアしたいと考えた場合は、
インデックス投資だけでは足りません。

短期取引、自分のビジネスを持つなどどうしても別の手段が必要です。

そのため、新NISAの枠を使ったアクティブな投資も是非検討してみてください。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!