投資

アクティブファンドは買ってもいい?インデックスファンドとの違い

アクティブファンドは買ってもいい?インデックスファンドとの違い

投資信託、ファンドを選ぶときそれがどういうファンドかを皆さんはしっかり意識して購入しているだろうか。

ファンドには様々な特徴があり、ちゃんと理解して買っておかないと思わぬ損失を受ける場合もある。

主にアクティブファンド、インデックスファンドと種類が分かれ、
特にアクティブファンドは様々な形態があり注意して買ってほしい。

アクティブファンドとは何ですか?

アクティブファンドは、投資家の代わりにファンドマネージャーが市場の動向を分析し、
銘柄の選択や売買のタイミングを判断します。

インデックス投資の場合は、よっぽどのことがないと
基本的には売却は行わず淡々と決められた期間、金額を機械的に購入、組み換えを行います。

しかし、アクティブファンドにおいてはファンドマネージャーの分析や経験で判断されるのです。

アクティブファンドの特徴

さて、アクティブファンドですが様々な特徴があります。

これらをインデックスファンドと比べながら見ていきましょう。

プロによる売買が行われる

先ほども述べましたがアクティブファンドは投資のプロのファンドマネージャーが銘柄の売買を行います。

そのため、プロの知識と経験を間借りした投資を投資家はでき、大きく利益を受けることがあります。

一方、インデックスファンドは投資タイミングで提示されたルール通りに購入、組み換えを行います。

ポートフォリオの割合などのルールはもちろんプロのファンドマネージャーが設定したものですが、
原則としてそれ以降はルール変更やファンドマネージャーの判断による売買などは行いません。

一見、アクティブファンドの効率的に見えますが、投資のプロであっても絶対に失敗しないわけではありません。

特に、他人のお金で投資をするわけですから、リスクとリターンを配慮した中途半端な投資になってしまう場合もあります。

テーマ型など面白いファンドがある

アクティブファンドの中には指数などを意識したファンドだけでなく、テーマ型など様々な種類がある。

例えば、ゲーム、eスポーツ関連の企業だけに投資をする「iFreeActive ゲーム&eスポーツ」
宇宙開発に携わる企業だけの投資「eMAXIS Neo 宇宙開発」

または運営するファンドマネージャーの顔SNSが公開されているアクティブファンドなど、
指数連動となるインデックス投資と違い様々な種類の面白いファンドがある。

運用コストが結構違う

アクティブファンドはファンドマネージャーによる売買、組み換えを行います。

そのため、インデックスファンドより手数料が高い傾向があります。

もちろん、プロの運用のため高いリターンが期待されますが、
運用期間、タイミングによってはマイナスとなってしまう場合もあります。

投資においてコストは最重要となる項目になります。

どのような投資方法であれ、コスト負けしてしまう投資は避けましょう。

アクティブファンド、インデックスファンドどっちが勝つ

さてではここでいよいよ、アクティブファンド、インデックスファンドどっちが優秀かを見ていきます。

どちらも株式投資においては多くのファンドがあり様々な意見有ります。

しかし、長期的に安定して増やすという目的おいてはインデックスファンドの方が優秀と言えます。

アクティブファンドの期的保有は不向き

アクティブファンドは長期的に持つ上では、どうしてもリスクが高いのです。

先ほど述べた通り、アクティブファンドは手数料、コストが高い傾向にあります。

そのため、高いコストを長期的に払うのは最終的にマイナスになってしまう可能性があります。

アクティブファンドのキーマンリスク

アクティブファンドの最大の特徴でもあるファンドマネージャーによる売買というキーマンリスクもあります。

キーマンリスクとは、組織において特定の個人に依存していることによって生じるリスクのことを指します。

この場合は、ファンドの売上はそのファンドマネージャーに依存しているという点があります。

もちろん、かなり優秀な人なら倍々に稼いでくれるかもしれませんが、
長期投資において全部成功するとは限りませんし、もしかしたら不慮の事故に会うかもしれません。

一方、インデックスファンドはルールに基づいて運用をします。

そのため、大きな相場の流れが起きない限りは安定して利益を上げることができます

投資を始めたうちは、コツコツインデックスファンドを、、、

さて、アクティブファンドをインデックスファンドと比べて見ていきました。

テーマ型ファンドプロによる鋭い売買などアクティブファンドならではの魅力は色々とありました。

しかし、インデックスファンドに比べてその分リスクは大きく初心者にはあまりおすすめはできなそうです。

もしあなたが投資初心者ならまずはインデックスファンドから始めて、もっと投資を楽しみたい、応援したい業界があるなど
投資にこだわりが出てきたらアクティブファンドにチャレンジするのもいいかもしれません。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!