技術

メタバースの経済の可能性とは?ビジネス展開と伸びている市場

メタバース経済の写真

皆さんはメタバースについてどれだけ知っているだろうか、
仮想空間仮想現実という言葉が聞いたことあるが具体的には知らない人もいると思います。

今回はメタバースの意味と今後の成長について見ていきたいと思います。

メタバースの基本概念と特徴

メタバースとは、コンピューター、人工知能などを用いて作られた仮想の世界です。

自分のアバター(仮想の自分)を作ったり、自分の好きな場所を作り上げたりすることができます。

また、そのアバターを通じて、他のユーザーと交流したり、ゲームを楽しんだりすることも可能です。

一見すると、どうぶつの森のようなゲームというだけのものという認識が強いですが、
実は、ビジネス、日常使いの世界でも注目されるようになったのです。

ビジネス、社会への影響、変化とは

いままでは買い物、イベントなども現地に行くなど現実での移動がどうしても発生してしまいました。

しかし、メタバースを用いることで仮想現実上にショッピングモール、イベント会場を作ることが出来るのです。

これにより、従来の物理的な場所に制約されずにビジネス展開ができるようになります。

また、そこで発生する支払いも仮想通貨を導入することで、
現実のお金と同じように決済することができ、自由な取引や投資が可能です。

さらに、メタバースはコミュニティの形成を促進します。

地理的な制約がなく、プラットフォーム内に好きに場所を作ることできるため、
様々な人々が集まり、交流することができます。

サービスによっては自動翻訳機能などもあり、言語の壁を越えたやりとりすら気軽に出来る時代になってきました。

また、ビジネス以外にも物理的な距離に依らないコミュニティのため、
例えば教育の場として様々な人とつながったり、身体的に障害があり、移動が難しい人など様々な面でどんどん注目されています。

メタバースと複数の人格を持つ時代

様々な市場、ジャンルで大きな展開が期待されているメタバースですが、仮想空間のコミュニティだけでなく、それぞれのアバターの個性についても特徴的だったりする。

アバターとは、メタバース内で自分を表現するための仮想的なキャラクターのことです。

このアバターは、髪の毛の色、性別様々な特徴を自由にカスタマイズでき
自分の成りたい姿で様々なコミュニケーションをすることができます。

現実世界では制約されることが多い社会的なステータスや身体的な特徴を、アバターを通じて自由に表現することができます。

これにより、人々は自分自身を再発見し、新たな可能性を見出すことができるのです。

そのため、なりたかった自分、またビジネスでは相手に気に入られる容姿でアバターを作成し
メタバースという新しい社会構造で生きることができます。

仮想空間での経済活動とは?

さて、では今現在でメタバースはどのような広がりがあるか
具体的な市場規模については、まだ正確なデータはありませんが、
仮想空間での経済活動は急速に成長しています。

特に一番伸びているのはゲーム業界でしょう。

パソコンを通じて行われるゲームとしてMMORPGがある。

これはプラットフォームを介して数千人規模のユーザーとつながり一緒にゲームをこなしていくというジャンルであり、
巣籠りが流行った流れもあり大きく伸びているメタバースである。

ゲームによってはプラットフォーム内で住居を持つ、結婚をすることができ、本当にもう一つの人生として存在しているのだ。

また、もっとビジネスな市場だと不動産取引やファッションアイテムの販売などが盛んに行われています。

実際に商品を見ることが難しいため、仮想空間で商品を体験してビジネスをするのです。

このようなメタバース経済の可能性は非常に大きいと言えます。

今後、さらに多くの人々がメタバースでの経済活動に参加し、新たなビジネスチャンスが生まれることが期待されています。

まとめ

ゲーム市場では古くからメタバースの前身となるMMORPGがありましたが、
技術の進歩もあり、ビジネス教育など様々な面でメタバースは注目され、使用されるようになってきました。

もちろん、現実世界の体験や繋がりもとても大切ですが、メタバースはもう一つの世界となり得るくらい成長しておる、
新しい現実になる日も近いかもしれませんね。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!