経済

そのままでは危険!離婚後の生活費を節約するための工夫。将来に向けた準備

離婚する場合、役所に書類提出、引っ越し、名義変更、など様々なことをしなければいけません。

また感情面でも辛い時期で色々と落ち着かいないと思われます。

しかし、感情に任せて新生活を決めると思わぬ出費、落とし穴に落ちるかもしれません。

今回は離婚後の生活費の節約などについてまとめました。

離婚後は家庭から脱しているため、うまく立ち回れば資産を大きく増やすことも出来ます。

離婚後の生活費を節約するための工夫

離婚はうまくすれば金銭的プラス

離婚は生活変化、精神的な負荷などマイナスな面が多いです。
ただ、一旦感情面を忘れて考えると経済的にはメリットも多いです。

例えば、夫婦間での財産分与や養育費の支払いがあるため、離婚後に一定の経済的な安定が得られることがあります。

また、離婚によって自分の収入や貯金を自由に使えるようになることもあります。

そのため工夫次第で大きく資産を増やし今後の人生の助けになることでしょう。
辛い時期かもしれませんが、ここで工夫するだけ今後の人生はきっと明るくなります!

離婚後見直すべきこと

ではまず節約面で離婚後に見直すべきことを考えましょう。
単身、子供と同居によってももちろん効果は変わりますが、どれも年間数万単位で変化が期待できます!

引っ越し、家賃交渉

まず、離婚したら多くの人は住む場所が変わります。
離婚前後は感情的にもなっており、次の家を気持ちで選びがちですが、しっかりと収入とのバランスを計算しなければいけません。
また、現在の賃貸に住むなどの際は一度大家さんに家賃を相談するのもいいかもしれません。

離婚後で就職、収入共に安定しないなど状況によっては家賃を大きく下げれるかもしれません。
辛い時期は誰かに頼ることは恥ずかしいことではありませんし、是非やってみましょう。

食事量、食費の見直し

次に、食費を見直しましょう。
外食を減らし、自炊をすることで食費を節約することができます。
また子供を引き取っている場合は、成長併せて栄養のあるものを食べさせなければいけません

それに合わせて、食費もかかりますし、しっかりと計算をしておきましょう。

通信費、格安SIMなど

また、通信費を見直しましょう。
結婚中は家族プランなど独自のお得なプランがありましたが、単身では契約を変えなければいけません。
特にスマートフォンの通信費は数千円近く月額料金が変わることもあります。

保険料の見直し

保険を確認しましょう。
保険の見直しをすることで、無駄な保険料を節約することができます。必要な保険と不必要な保険を見極め、必要最低限の保険に絞ることが大切です。
また逆にひとり親の場合は、子供、自分にもしもがあった時のために逆に保険に加入した方が場合もあります。

投資にもチャレンジ

また、生活が安定してきたら是非、投資もチャレンジしましょう。
投資は資産の拡大に大きく貢献し新しい生活、老後などに安心感を与えてくれます。

未経験の場合はとりあえず新NISAでインデックス投資から始めてみるのがおすすめです。
インデックス投資は長期のつみたて投資で投資に専門的な知識がなくても十分な成果を出してくれる投資法になります。

気になった方は是非リンクから確認してみてください。

離婚によってもらえるお金の種類と条件

離婚によってもらえるお金の種類と条件について説明します。

離婚後にもらえるお金には、養育費慰謝料などがあります。

養育費は、子供を育てるために必要な費用を相手方が支払うものです。

慰謝料は、離婚によって生じた精神的な苦痛や損害を相手方が補償するものです。

養育費の金額は、子供の年齢や生活費などを考慮して決められます。

また、慰謝料の金額は、離婚の原因や相手方の収入などを考慮して決まります。

ただし、養育費や慰謝料をもらうためには、裁判所での認定が必要です。

裁判所で離婚が認められた場合、養育費や慰謝料の支払いが決まります。

離婚後の生活費を節約するためには、まずは自分の収入と支出をしっかりと把握することが大切です。

補助金

また、国や自治体から、ひとり親が受けられる補助金や支援制度があります。

これら制度は年単位でコロコロ変わるため、最新の補助金情報は住んでいる自治体窓口などに必ず確認してください。

下記はあくまで一例です。

ひとり親家庭支援手当

一定の条件を満たすひとり親家庭に対して支給される手当です。子どもの年齢や世帯の収入などが支給の条件となります。

児童手当

子どもを養育するための支援として、一定の年齢までの子どもに対して支給される手当です。ひとり親が子どもを養育している場合も受給できる場合があります。

住居支援

低所得のひとり親世帯に対して、住宅の家賃や住宅ローンの支援が行われる場合があります。

医療費助成

ひとり親やその子どもに対して、医療費の一部が助成される場合があります。公的医療保険や医療制度によって異なります。

教育支援

子どもの教育費用を軽減するための支援制度があります。奨学金や教育資金の助成などが含まれます。

まとめ

離婚後の生活は、経済的な安定を確保するために特に重要です。
その後の人生を新しくやり直すためにも、節約と投資はその基盤となります。

まず、自身の収支を見直し、予算を立てることが必要です。

無駄な出費を削減し、必要な支出に優先順位をつけましょう。

そして、将来の安定のためには適切な投資が欠かせません。

リスクとリターンを考慮し、自分に合った投資先を見極めることが大切です。

知識を身につけ、専門家の助言も活用しながら、着実に資産を築いていきましょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!