経済

花見の有料化?お金を払わないと見れなくなるのか?経済的な問題とは

桜、梅など様々な美しい花が眺められるお花見。

日本古来よりある文化であり、季節的なイベントとして多くの人が好んでいる印象はありますね。

しかし、最近はインバウンド、物価高など様々な理由からお花見にかかる予算が増えたり、そもそも有料化になってきている印象です。

今の経済から考えるとお花見の有料化はほぼ当たり前になってくるでしょう。

今回はお花見に関わるお金の問題についてまとめました。

花見の有料化?お金を払わないと見れなくなるのか?

お花見の規模は大きくなっている

実は大規模なお花見市場

お花見と言えば近くの公園で気軽に眺めに行く、このような身近な楽しみのイメージがあります。

しかし、実はしっかりとしたイベントであり、
今ではお花見人口が6000万人以上で約6,158億1,211万円の経済効果を生み程に花見と言う市場は大きくなりました。

このたび関西大学 宮本勝浩名誉教授が、新型コロナのいろいろな規制が緩和されて、数年ぶりに多くの人出が予想される2023年のお花見の経済効果を計算したところ、約6,158億1,211万円となりました。

引用元:関西大学 宮本勝浩名誉教授研究より

イベントとしてのお花見の問題点

このようにイベントとして大きな経済効果を持つお花見ですが、その規模が大きくなるにつれて様々な問題ありました。

場所取り問題

まず一つに花見と言えばですが、花見をする場所取りをすることの問題点があります。

今ではすでに前日からの場所取りは多くの場所で禁止されていますが、
それでも当日の数時間占拠する場所取りなど問題は発生しています。

ゴミの管理

次にゴミの管理があります。

お花見の場所では、たくさんの人が集まりますので、ゴミが増えてしまいます。

本来は、自分が持ち込んだゴミは必ず持ち帰ることが当たり前ですが、
その場に捨てられたり、途中のコンビニが溢れかえっていたりなど問題が多いです。

それなら有料のゴミ回収サービスなどを設定すべきですがそのような場所はまだないようですね。

オーバーツーリズム

また、コロナが明けた今は旅行客が爆発的に増えました。

経済効果としてはうれしい悲鳴ですが、
地域や観光地に過剰な数の観光客が押し寄せることによるオーバーツーリズムが各観光地で問題になっています。

オーバーツーリズムが起こると、
例えば旅行客が増えたことによる地元民の生活が圧迫されたり、自然環境や歴史的な建造物が破壊される恐れがあります。

お花見は日本の伝統的な四季のイベントであり、外国でも人気です。
しかし、中にはルールを守らないで観光する人もいて、

私有地に無断で入り込んで桜を撮る
綺麗だからと枝から折って持ち帰ってしまう

このようなトラブルがおきてしまいます。

お花見の有料化は現実的?メリットはあるのか

花火大会などはすでに有料化

同じ季節の風物詩としてメジャーな花火大会はすでに有料席の導入が進んでいます。

実際に有料席を導入することに関しては賛否両論がありましたが、
ゆっくりと花火を見たい、また自治会の安定した収入源などにもなるため徐々に浸透してきています。

そのため、同じように場所を確保して楽しむお花見も有料化が進む可能性は十分にあります

混雑緩和

またオーバーツーリズムが起きた場合、観光地は非常に混雑してしまいます。

そのため、有料化することでの入場制限などできるため、イベントの混雑緩和には大きな貢献ができるでしょう。

地元民の安全

また、観光地の入場などを制限するため、そこに住む地元民へのストレスや事件に巻き込まれる可能性は大きく減ります。

もちろん中には、今まで無料で楽しめていたお花見を有料化したことによるクレームなどもあるので一概に受け入れられるようなものではないです。

しかし、仮に有料化必要な場合は、もう無料だと人が多すぎるトラブルが多すぎる事態になっているでしょうから、結果的には有料化されるでしょう。

まとめ 有料化の可能性大

今回はお花見のお金の問題、特に有料化について考えて行きました。

各国で起きているオーバーツーリズム、日本でも花火大会の有料席導入など、
古くから無料で楽しんでいたからという理由だけではもう対応できない状況に今後はどんどんなっていくでしょう。

ここで注意してほしいのは必ずしも有料化は悪いことではないという点です。

本当に規制するのであればそもそも禁止にしてしまったり、大手旅行会社が土地ごと買い上げるようなことになるでしょうから、
お金を払えば見れるのはまだまだまともです。

確かに無料から有料と聞くと抵抗はあるでしょうが、
物価高、インフレの波と言うのものは止まりませんし、それに対してしっかりと資産を気付いていくことはもう現代人の常識だと思いますよ。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!