投資

結婚前に投資計画はしっかり考えるべき?勢いで決めてはいけないこと

結婚をすると住む場所、家族など様々な点で変化がありますが、
まず一番に考えなければいけないのはお金をどのように運用すべきかだと思います。

多分幸せの絶頂で一番考えたくないことかもしれませんが、
結婚は夢ではなく現実が待っています。

そのため、後悔しないような投資計画はしっかりと考えましょう。

結婚前に投資計画はしっかり考えるべき

今はもう投資することは必須

まず今、日本で住むうえでは、投資は単なる選択肢ではなく、むしろ必須です。

コロナも終わり、経済成長が元に戻った今では株価高、インフレーションの影響が大きくなっています。

そのため、日々の生活に及ぼす影響を考えると、将来に向けての安定を求めるならば、積極的な資産運用が不可欠です。

ただの貯金だけでは十分なリターンを得ることが難しくなっており、投資を通じて資産を増やし、資産を守ることが求められています。

さらに、投資は資産だけでなく、個人のスキルや知識を高め、将来のキャリアや人生設計にもプラスの影響を与えることができます。

したがって、現代の社会においては、投資を避けることはもはや選択肢ではなく、むしろ生活の一部として積極的に取り組むべき行動となっています。

結婚にかかる費用は莫大

また、結婚にかかる費用と言うものはとても莫大です。

平均的な結婚式の予算は、約300万円から500万円程度と言われています。

ただし、これはあくまで平均値であり、一部の人はもっと高額な結婚式を挙げることもあります。

ゼクシィの調べによると平均303万8000円
結婚指輪、新婚旅行なども含めたら平均371万3000円かかるデータが確認されました。

また、もし子供を考えている場合は、数千万円もの出費になってしまう場合もあります。

そのため、よっぽどの資産を抱えて結婚するか、投資をする前提で結婚するかをしっかり計画しなければいけません。

引用元:ゼクシィ

結婚にかかる費用総額は平均すると371万3000円。もちろん、みんながこの金額を支払っているわけではなく、金額も必要なものも人それぞれ。あくまでも結婚のお金を考える際の一つの目安として考えてください。

結婚前の投資計画について知っておくべき5つのポイント

結婚を考えている方にとって、経済的な安定は非常に重要な要素です。

結婚前に投資計画を立てることは、将来の安定した生活を築くための一歩となります。

ここでは、結婚前の投資計画について知っておくべき5つのポイントを紹介します。

目標を明確にする

結婚後の生活や将来の目標を考え、それに合わせた投資目標を設定しましょう。

例えば、子供の教育費や老後の生活費を考えると、長期的な投資が必要になるかもしれません。

リスクとリターンのバランスを考える

投資にはリスクがつきものですが、リターンも期待できます。

自分のリスク許容度に合わせて、どれだけのリターンを求めるのかを考えましょう。

分散投資をする

投資はリスクを分散させることが大切です。

複数の投資先を選ぶことで、リスクを軽減することができます。

投資信託を活用する

初心者の方におすすめなのが、投資信託です。

専門家が運用するため、初めての方でも安心して投資を始めることができます。

定期的な見直しをする

投資は一度行ったら終わりではありません。

定期的に投資の状況を見直し、必要に応じて修正を加えましょう。

結婚前の投資計画は、将来の安定した生活を築くために非常に重要です。

これらのポイントを参考に、自分に合った投資計画を立てましょう。

まとめ

今回は結婚における投資計画について考えてみました。

日本の今の現状を考えると、投資することは当たり前ですし、
結婚、出産と人生計画をしていく場合は、もう投資をしていかないと破産してしまうような現実だと言えます。

投資は初めてみないともちろん、運用方法やリスク、リターンのバランスはわからないため、
怖い、面倒くさくてやっていないなんて人がほとんどとは思います。

ただ、新NISAによるインデックス投資など一度設定しまえば、勝手に大きく資産が増えていく投資法もあり、
投資を知っているだけで子供の資金、老後資金などを十二分に用意できます。

困ってからでは遅いですし、早めにやりましょうね。

投資方法がわからないと思った方は関連記事などから是非学んでみてください

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!