投資

お盆の株価はどう動く?初心者投資家が知っておきたい相場のポイントとは?

お盆でも休みの日でも株価は絶え間なく動いていますよね。

相場を毎日追うのは疲れますし、長期休暇くらいゆっくり休みたいもの、、、

しかし、何も対策、勉強をせずにお盆を迎える思わぬ株価の変動に巻き込まれるかもしれません。

そこで今回は投資家が知っておきたいお盆の相場の変動について初心者向けにまとめました。

お盆の株価はどう動く?初心者投資家が知っておきたいポイントは

株式市場にお盆休みはある?

まず、我々が取引する株式市場の営業日についてしておきましょう。

株式市場は通常、月曜日から金曜日で営業しています。

そのため、休みは基本的には土日、そして祝日になります。

日本の主な祝日としては、元日、成人の日、天皇誕生日など
ありますが、お盆休みは日本の慣習であって祝日ではありません。

そのため、お盆休みであってもあるいはゴールデンウィークであっても平日なら株式市場は営業していますので注意しておきましょう。

お盆と株価の傾向

取引の場は休みでなくても、多くの人はお盆休みを満喫していますし相場もその影響を実は大きく受けています。

夏枯れ相場、取引減少

まず、お盆休みは投資家も帰省や旅行に出かけるため、一般的に取引量が減少します。

これにより、市場の活気が低下し、株価の変動も鈍くなる傾向があります。

そのため、思った以上に株価が上がらない、鈍化しているという印象を持つかもしれません。

決算発表

また、企業の業績発表や経済指標の発表がお盆期間中に重なることもあります。

これらの情報は市場の動向に大きな影響を与えるため、投資家は注意深く注目しています。

また、お盆休みのタイミングによっては決算を前倒しにする会社が多いです。

例えば前半の収益が弱かった場合、赤字で決算発表をする場合があります。

そのため、思わぬ決算の数値により相場が乱れることがあります。

旅行業、飲食業の需要増加

また当然かもしれませんが、
お盆休みのため、特定の業種や銘柄に注目が集まることもあります。

例えば旅行関連飲食業などは、お盆に需要が高まるため、当然注目は浴びます。

また、お盆期間中には消費が活発化するため、小売業物流業なども注目されることがあります。

ただ注意してほしいのはお盆などの売上増などは、株価にはすでに織り込まれている可能性が高いことです。

例えば、飛行機会社が去年冬に夏に向けた新サービスを発表した場合、お盆休みの前には既に株高になっている可能性が高いです。

そのため、お盆休みの影響を狙って株買いをしたり、利益を出すのは年単位での仕込みや相場の経験が必要です。

初心者はどう備えるべき

さて、やはりお盆休みは、相場はいつもとはちょっと違う動きをするようですね。

では初心者はどう備えておくべきでしょうか?

インデックス投資はノータッチ

まず、多くの投資家が行っているインデックス投資だがこれに関してはなにもする必要はありません。

インデックス投資は数年から数十年単位でのつみたて投資になります。

そのため、お盆などの一時的なトレンドの影響はあまり気にしなくていいでしょう。

個別株は基本的には何もしなくてもいい

また、株主優待などを目的に個別株を購入されている場合も原則的には何もしなくていい。

しかし、注意があるとすればお盆前の大量購入などは気を付けた方がいいだろう。

お盆期間は多くの投資家が休んでいることもあり、取引数が減少しています。

そのため、思った以上に上がらなかったリ、変な相場の流れに巻き込まれる場合もあります。

為替変動は少しだけ注意

また、お盆期間は多くの人が旅行に出るため両替が大量に行われます。

そのため、入出国に大きな偏りがあれば為替が変動する可能性はあります。

もちろん、インデックス投資などは気にしなくてもいいんですけどね。

まとめ

今回はお盆休みの株価、相場の変動について考えてみました。

お盆休み期間は基本的には投資家の参加率が弱いため、取引数が下がり市場は鈍化します。

そのため、普段とは違った投資相場になることは注意が必要です。

しかし、インデックス投資など一部の投資法には影響がないこともあり、自分の投資法が影響をあるのかしっかりと確認をしておきましょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!