医療

【出産の痛みを我慢するのが美徳?】日本はなぜ無痛分娩が少ない?広まらないワケ【世界とのおかしい違い】

皆さんは日本の出産は自然分娩が多く海外は無痛分娩が多いことを知っていますか?

出産時は母子、赤ちゃん共に命のリスクもあり非常にストレスがあります。

そんな大変なことを日本はなぜか麻酔と言う手があるのに自然分娩、あるいは傷跡が残る帝王切開によって出産が行われます。

なぜ痛み、傷を残す手段を選んでいるのか?
今回はその原因に追求していこうと思います。

【痛みの分だけ愛せる?】【世界とのおかしい違い】日本はなぜ無痛分娩が少ない?広まらないワケ

自然分娩と無痛分娩とは?違いとは

自然分娩とは、出産時に医療的な介入を最小限に抑え、自然の力を最大限に活用して赤ちゃんを産む方法です。

この方法では、薬物や手術を使わず、母親の体の自然な反応と力を頼りに出産が進められます。

自然分娩のメリットとしては、母親の体に負担がかかりにくく、回復が早いという点が挙げられます。

また、赤ちゃんも自然な出産プロセスを経験することで、健康に育つ可能性が高まると言われています。

しかし、自然分娩にはデメリットもあります。

痛みが強いため、我慢できない場合や合併症がある場合には、
医療的な介入が必要になることもあります。

また、出産の進行が予想外に遅くなったり、赤ちゃんの心拍数が異常になったりするリスクもあります。

自然分娩を選ぶ際のポイントは、
母親の健康状態や出産予定日、医師の意見などを考慮することです。

自然分娩が可能な場合でも、無理をせずに自分や赤ちゃんの安全を最優先に考えることが大切です。

無痛分娩とは?

無痛分娩とは、出産時に麻酔を使用して痛みを軽減する方法です。

通常、無痛分娩は、分娩室で医師や麻酔科医の指導のもとで行われます。

出産時にある痛みを緩和しながら出産出来るため、母体に優しく、安心して出産出来ます。

帝王切開とは違い

また、出産でよく聞く、帝王切開と無痛分娩は別物になります。
帝王切開は腹部を切開して子宮にアクセスし、赤ちゃんを取り出す手術です。

一方、無痛分娩は、陣痛の痛みを軽減するために麻酔を使用するだけであくまで、通常の出産と同じ方法です。

そのため、別物であることは抑えておきましょう。

無痛分娩のメリットとは?

無痛分娩は、出産時の痛みを軽減する方法です。

痛みを感じずに安全に赤ちゃんを産むことができるため、
多くの女性にとって魅力的な選択肢となっています。

無痛分娩のメリットはいくつかあります。

まず、痛みを軽減することで、出産時のストレスや緊張を軽減する効果があります。

これにより、母親がリラックスした状態で出産に臨むことができます。

また、無痛分娩は、出産時の合併症やリスクを減らす効果もあります。

痛みが軽減されるため、出産に伴う血圧の上昇や心拍数の変動などの問題が起こりにくくなります。

さらに、無痛分娩は、出産に立ち会うパートナーや家族にとってもメリットがあります。

痛みが軽減されることで、出産に立ち会う人たちが安心してサポートすることができます。

無痛分娩のデメリット

無痛分娩は、出産時の痛みを軽減するための方法ですが、デメリットも存在します。

まず、無痛分娩にはリスクがあります。
麻酔を使用するため、アレルギー反応や感染症のリスクがあることがあります。

また、麻酔薬が胎児に影響を与える可能性もあります。医師との相談や検査が必要です。

さらに、無痛分娩は費用がかかることもデメリットです。

麻酔や麻酔専門医の費用が必要になりますので、
通常の分娩よりも高額になることがあります。

保険が適用されない場合もありますので、注意が必要です。

また、無痛分娩はすべての女性に適しているわけではありません。

一部の女性は麻酔に対して反応が強く、効果が得られないこともあります。

また、特定の状態や病気を持っている場合には、無痛分娩が適さないこともあります。

無痛分娩は痛みを軽減するための方法ですが、
リスクや費用、適応症などのデメリットも考慮する必要があります。

出産を考える際には、医師との相談や情報収集を行い、
自分にとって最適な方法を選ぶことが大切です。

日本で無痛分娩が普及しない理由

無痛分娩は、出産時の痛みを軽減する方法として、世界中で広く普及しています。

しかし、なぜ日本ではまだ普及していないのでしょうか?

経験のある医師不足

まず、無痛分娩の普及には、専門的な知識や技術を持つ医師や助産師が必要です。

しかし、日本ではまだ無痛分娩に対する専門的な教育や訓練が不足していると言われています。

そのため、医療機関が無痛分娩を提供することが難しい状況にあります。

日本の出産観

また、日本の出産文化や考え方も無痛分娩の普及を妨げています。

日本では「痛みを我慢することが出産の一部」という考え方が根強くあります。

また、出産は女性の強さや母性を示すものとされ、
痛みを感じることが当然とされることもあります。

費用がかかる

さらに、無痛分娩は医療費が高いというデメリットもあります。

日本では出産費用が一部公的に負担されますが、
無痛分娩の場合、オプション扱いとなり数十万円の追加費用が掛かることがほとんどです。

まとめ

今回は日本の出産事情について、まとめてみました。
色々と理由はありますが、現状の日本はわざわざ痛い自然分娩が主体です。

手段がないなら問題ないですが、正直命に関わるリスクがあるなら無痛分娩にすべきではないですかね?

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!