投資

【必見】投資初心者が必ず最初に買うべき投資商品とおすすめの選び方

投資を始めてみたいが

何から始めたらいい?
友人に勧められたが不安

という人も多いのではないでしょうか?

新しく何かを始める時、不安を感じてしまうのは仕方がありません。
しかし、投資においてはお金がかかってしまうためどうしても必要以上の不安を感じてしまうでしょう。

そこで今回は投資の初心者が最初に買うべきものについて書きました。

投資信託初心者が知っておくべきポイントとは?

初心者が持つべき投資マインド

具体的な銘柄を見る前にまずは、投資に対しての姿勢をしっかりと決めておいた方がいいです。

投資は稼ぐでなく増やすもの

まず最初に投資で短期的に荒稼ぎするようなことは目標とすべきではないです。

投資は不動産株式仮想通貨など様々な種類があり、
ゆっくりコツコツと増やすものから一日で数倍に跳ね上がるようなものも存在します。

そのため、よくわからずギャンブル性の高い投資商品を買ってしまう場合があります。

また、信用取引を出来るものもあり借金を負ってしまう場合があるので、選ぶ際は注意が必要です。

よくわからない投資商品は買わない

また、投資商品を買う際は絶対に自分で調べて納得するまで落とし込むことが大切です。

例えば、投資に詳しい知り合いから

絶対に上がる!
今すぐ買うべき!

と迫られて買ってしまうとします。

仮に増えた場合はラッキーと思うでしょうが、
減ってしまった場合はその知り合いが悪いと思ってしまいます。

しかし、投資はそもそもマイナスになる、元本割れする可能性がある商品です。

そのため、投資をする際は自分で必ず腑に落ちるまで確認して、
リスクの大きさも含めて納得したら買うように絶対にしてください。

初心者はまず絶対に投資信託から始めるべき

さて、それでは初心者が始めるべき投資だが結論から言うと「投資信託」です。

一つの投資信託から複数個所に投資出来る

まず、投資信託についてですが一つの企業だけでなく、様々な会社、国にまとめて投資が出来ます

そのため、管理の手間があまりかからず気軽に分散投資が出来ます。

分散投資は安定して投資を続けるにおいては不可欠です。

プロの投資家に運用を任せられる

また、投資信託は複数の投資家が資金を出し合い、専門のファンドマネージャーがそれを運用する。

このような制度を採用しており、株式の専門家のファンドマネージャーに基本的に全部丸投げ出来ます。

そのため、投資家に必要なのは最初のファンド選びだけで普通の投資に比べてリスクがとっても低いです。

様々な種類がある

また投資信託は、様々な種類があります。

例えば投資先が株式投資だけでなく、債券不動産などの様々な資産に投資することができます。

また、金額も100円から始められるため、自分の資産の大きさに合わせて調整ができるのです。

NISA、iDeCoのお得な仕組み

もう多くの人が知っている有名な制度ですが、NISAなどの非課税制度の対象になっている投資信託が多くあります。

NISAを通して購入することで長期的に大きなメリットが得られます。

もしNISA、iDeCoについて詳しく方は関連記事をみてください!

数ある投資信託でも選ぶべきものとは

投資信託は総合的に初心者におすすめできますが、様々な種類があり、
どれが良い投資信託なのかという判断が難しいと思います。

まず残念な事実として投資に正解はありません。

そのため、最終的には自分が納得できるかどうかになります。

しかし、ハズレの投資は多く中には詐欺まがいな投資商品もあるので、
ここでしっかりポイントを抑えて最低限失敗はしないようにしましょう。

インデックスファンドを買う

投資信託を大きく分けた際に、

日経平均株価などの指数に連動するインデックスファンド
ファンドマネージャーが判断して指数以上のパフォーマンスを目指すアクティブファンド

この二つに分かれます。

投資で増やすならアクティブファンドの方が良いと思いがちですが、
アクティブファンドはその分、資産が減ってしまうリスクがあります。

その点、インデックスファンドは指数に連動し確実に利益を得られます。

そのため、まずはインデックスファンドを購入しておきましょう。

インデックスファンドについての更に細かい説明はコチラ記事より

配当金を再投資型のファンドを選ぶ

投資信託は年に数回、投資額に合わせて運用益が発生します。

運用益は配当金として、
手元に現金として分配されるか更に買い増すための再投資を選ぶことが出来ます。

実は配当金を分配として現金にする手数料、税金が発生してしまうことがあります。

そのため、再投資をして投資を最大化した方が最終的に得られる利益が多くなります。

手数料が安いところを選ぶ

投資信託は購入時運用時ファンドマネージャーに手数料を支払います。

そのため、これら手数料が安いものを選びましょう。

投資信託の手数料は多くても1%ほどです。

たかが1%と思いがちですが、数十年投資することを考えること最終的に数万円の利益差がうまれてしまうのです。

そのため、手数料で投資信託選ぶことはとても大切です。

全世界、アメリカなど大きな市場に投資する

投資信託には

日本の有名企業10社へ
ホテル系の不動産に
テクノロジー系の企業に

など投資先にテーマがあります

もちろん自分の気に入ったところに投資するのは良いことですが、
失敗しない投資をするのなら全世界アメリカ全体へ投資する投資信託を選ぶのが賢明です。

これら市場は規模がとても大きく基本的に大きな下落はなく確実に増えていくとされます。

そのため、まずはこのような王道の投資先に投資しましょう。

有名かつ個人的なおすすめとしては
emaxis slim 全世界株式
emaxis slim 米国株式(s&p500)

などが一番無難でおすすめです。

まずは少しづつ始めてみることが重要

さて、投資信託の特徴、初心者へのおすすめを見ていきました。

投資信託は

初心者問わず投資のプロでも好んで購入する人も多いです。

プロでも購入ということは絶対に失敗しない投資信託も当然いっぱいあります。

自分に合った投資信託を選んで資産をドンドン積み立てていきましょう

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: ,

この記事をシェア!