投資

【初心者必見】ほったらかし投資の失敗しない方法とは?

ほったらかし投資

皆さんは投資したいけどよくわからない、めんどくさいと思ってませんか?
投資との距離感が遠い方がいいと感じる人は是非、「ほったらかし投資」を意識して投資してみてはいかがでしょうか。

ほったらかし投資の良さ、特徴

未経験でもしっかり始められる

ほったらかし投資として投資未経験でも始めやすい部分があります。

投資には様々な手法があり、中には市場を分析したり、毎日株価を確認しないといけないこともあります。

しかし、ほったらかし投資は決められた設定どおりに投資をし続けることが目的のため、初心者でも始めやすいです。

自分の自由な時間が作れる

ほったらかし投資のメリットには、手間がかからないという点があります。

一度投資を行えば、その後は基本的に何もしなくて良いのです。

そのため、趣味や仕事に時間と集中力を使うことができます。

リスク分散投資が基本

さらに、ほったらかしにするため主にリスク分散をしっかりした銘柄を選びます。

そのため、景気依らず資産を増やせます。

コツコツ増える、逆に大きくは稼げない

また、リスク分散した投資のため数か月に資産が数百倍になるようなことは起きないです。

しかし、コツコツ増えていくため、資産が拡大する投資スピードには注意しましょう。

ほったらかし投資で気を付けること

さて良い点が多いほったらかし投資ですが、もちろん始める、続けるうえでは注意点があります。

もし、始める際はしっかり考えて行いましょう。

リスク資産とノーリスク資産のバランスを考える

まず第一に自分の資産バランスを考えなければいけません。

基本的に価値が変動する株式投資不動産などはリスク資産であり、
変動リスクがない、現金預金定期預金国債などはノーリスク資産と言えます。

どの投資においてもそうですが、このバランスをしっかり決めておかないと効果的な投資はできなくなります。

年に一回は見直し、設定変更などは必要

また、ほったらかし投資とは言え年に一回は必ず資産のバランス、見直しをしないといけません。

実は投資先の株価が下がっていた、潰れそうなんてこともありえます。

そのため、決められたタイミングでしっかり確認しましょう。

長期的な投資プランを持つ

また、ほったらかし投資は数か月で荒稼ぎする投資ではなく数十年単位で投資します。

そのため、数十年後のどのくらいの資産が必要か、
ノーリスク資産はどのくらいあるべきかなど人生設計と合わせて考えなければいけません。

よくわからない投資先は投資しない

また、当たり前かもしれませんが、よくわからない投資先は投資してはいけません。

ほったらかし投資は性質上、リスク分散した安定した投資先にしなければならない。

そのため、ある程度の投資先の勉強をしないといけません。

また、最適な投資先は常に変わっていきます。

そのため、見直しのタイミングでまた銘柄も確認しないといけません。

おすすめはiDeCo、NISA

さて、注意点も確認したところでどうやって投資すべきかだが、おすすめはiDeCoNISAを使った投資です。

iDeCo、NISAは投資にかかる税金を非課税にできる国の制度でありとてもお得に投資ができます。

また、投資先も国の基準を満たした優良な投資先だけのため、未経験でも最高効率に投資出来ます。

気になる方は是非調べてみてください!

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ: , ,

この記事をシェア!