経済

【老後への備え】将来必要な年金の増やし方とは?

就職をして働いていれば、給与から引かれていく年金。

最近は年金額がどんどん下がっていき将来的には無くなってしまうのではとも考えられています。

そんな年金ですが実は貰える受給額を増やすことできるのです。

ではどんな方法があるのか見ていきましょう。

年金に関連記事について

【老後への備え】将来必要な年金の増やし方とは?

そもそも年金額はどうやって決まる?

年金の受給額は、支払った保険料加入期間、そして経済状況などによって決まります。

経済状況はどうにも出来ないが、保険料を多く支払い、長い期間加入していれば、基本的には受給額は増える傾向にあります。

また、公的年金だけでなく、個人年金や企業年金などの民間の年金制度にも加入することができます。

これらの制度に加入することで、トータルの年金受給額をあげるのです。

年金の受給額を増やすための具体的な方法

国民年金

さてでは、年金を具体的に増やす方法ですが、まず公的年金である「国民年金」を増やす手段を考えてみましょう。

各年金の仕組み、種類は関連記事があります!

老後までしっかり年金を払う

何といってもちゃんと払い終えることが大事です。

年金受給額は基本的に払われた額に対して割合が決まります。

そのため、やはり何といってもしっかり払い終えることが大切です。

払い忘れた場合は二年間までは払い込みができます。

もし忘れてしまった場合は最悪財産の差し押さえなども起きるため注意しておきましょう。

また、払えなくなったら?払えない時は?についても関連記事あります!

繰り下げ受給

繰り下げ受給とは、年金を受け取る開始年齢を遅らせることで、将来の年金額を増やすことを指します。

具体的には、65歳から受け取る予定の年金を、例えば70歳まで繰り下げることで、より高い年金額を受け取ることができるのです。

労働での積み立てがあり生活にしばらく困らないのであれば繰り下げ受給をして年金額を増やしてみましょう

一括納付、前納

一括納付前納は、日本の税金や公共料金を支払う方法の一つです。

年間の料金を一度に支払うことを意味し、前納は将来の料金を前もって支払うことを意味します。

払い方の違いなのかと思ってしますが、実は一括納付、前納することで税金を安くしたり、将来貰える金額を増やすことが出来るのです。

そのため、資産に余裕があるのなら予め納付をしてみましょう。

負荷年金

付加年金は、通常の国民年金や厚生年金に加えて支払われる追加の年金です。

毎月数百円程度で年金を追加することができます。

月額は少額ですが2年で元が取れると考えられており、将来的な年金額がかなり上がります。

厚生年金

厚生年金会社に雇用されている人が加入出来る保険です。

基本的には国民年金とは別に加入するため、日本の年金が二階建てと呼ばれているのは厚生年金があるためです。

しっかり働く

さて厚生年金の受給額を上げる手段ですが、

会社に長く所属し、一杯稼ぐ

これだけになります。

基本的には厚生年金は会社での給与額に依存するため、いかに多く稼げたかになります。

そのため、働けるうちに働きましょう。

iDeCo(個人型確定拠出年金)で積み立てる

また、iDeCoを使った確定拠出型年金を積み立てておくのも大事です。

iDeCoは非課税で投資をできる制度であり、投資資金は退職金、年金として受け取ることが出来ます。

iDeCoは税金の制度ではかなり優遇されており、税金控除、投資の非課税など様々なメリットが存在します。

詳しくはこちら記事にてまとめてあります。

年金の増やし方のまとめ

さて年金の増やし方について見てきたが、国民年金、厚生年金でも基本的には多くお金を納めた方が年金は増える。

そのため、年金を増やすためには働けるうちに働き堅実に生きることを心がけるのがいちばんかもしれませんね。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

タグ:

この記事をシェア!