財政・金融

良い借金と悪い借金の違いは?

良い借金と悪い借金の違いは?

借金は怖いけど、どうしても借りないといけない時ってあるよね…」

人生はそんなときはどうしても生まれてしまうと思います。

しかし、実は借金はしっかり判断基準をもって、
賢いアプローチを知ることは、将来の財政安定につながる重要なファクターです。

この時期ではそんな借金をする際の基準となる良し悪しを考えていきます。

そもそも借金とは

借金とは、さまざまな理由でお金を借りることが指します。

例えば、大学に通うための学費や、住宅を購入するための頭金、急な医療費、お財布を無くして生活費がないなどです。

借金をする場合、通常は金融機関や信用組合などからお金を借ります

借入時、返済期間金利
返済方法などを決める契約が必要であり、将来そのお金を返す責任が生じることを意味します。

借金は必ず金利が発生する

借金をする際には、金利というものが発生します。

金利とは、借金をすることによって発生する利息のことを指します。

金利は、借りたお金の額や借りる期間、借りる人の信用度などによって異なりますが、
一般的に、借りたお金が多いほど金利も高くなり、借りる期間が長いほど金利も高くなります。

そのため、借金をする際には金利に注意しながら借りる額や期間を検討することが重要です。

金利が低い場合や返済計画がしっかり立てられる場合には、借金をすることも有効な手段となります。

しかし、無計画な借金高金利の借金は、
将来的な経済的負担を引き起こす恐れがありますので、慎重に判断する必要があります。

良し悪しの基準

さてそれでは借金の良い、悪いとは何なのでしょうか。

借金はお金を借りることで金利が発生してしまうため、
どうしても借りた以上にお金を返さないといけません。

しかし、そのマイナスを帳消しにできるも目的であるのならそれは良い借金と言えます。

良い借金とは

マイナスを帳消しにできる目的の借金、
つまり、将来的に収益を生み出すために借金をすることです。

ビジネスローン

例えば、起業するために資金を借りる場合や、低金利で借り入れて高利回りの投資をする場合などがあります。

この場合は将来的に借りた以上のお金が利益として帰ってくるので良い借金と言えます。

住宅ローン

将来的に住居を持つのであれば住居ローンは良い借金と言えます。

住宅は将来的売却、不動産運用などの点からも資産価値が高くこれら不動産を早いうちから入手でき、リターンも期待できます。

また、住宅ローンは他借金に比べ金利がとても低いという特徴があります。

そのため、同じ借金でも金利差からとても安心できる借金になります。

学生ローン

学生ローンは、大学や専門学校などの学費や生活費を賄うために借りるお金のことです。

学生が将来のキャリアを追求するために必要な教育を受けるための財政的なサポートとして提供されます。

学生ローンは、一般的には政府や民間の金融機関から提供されます。

政府の学生ローン制度では、低い利子率や返済条件の優遇などの特典があり一般的良い借金とされます。

悪い借金とは

では今度は悪い借金について見ていこう

悪い借金とは、将来的に収益を生み出す見込みが薄い借金です。

例えば、高金利で借り入れて消費財を買う場合や、無計画に借金を重ねる場合などがあります。

悪い借金は、借金をしても得られるメリットが少なく、返済が困難になる可能性が高いという特徴があります。

カードローン

カードローンは、個人が銀行や消費者金融から一定額のお金を借りることができるサービスです。

カードローンは目的を指定せず利用することができ、
急な出費や予期せぬ支出に対応することができます。

しかし、その金利は住宅ローンなどと比べたら数十倍の額に設定されており非常に高金利です。

また、目的を指定しない借金つまり、ギャンブル一時的なお金としても使えてしまえ、
借りたお金が将来的に価値を生み出しにくいのです。

自動車ローン

一概には言えないが自動車ローンもあまり良くないローンである。

車は住宅などと違いその価値は基本的には上がらない。

そのため、走れば走るほど価値が減っていくのだ。

ショッピング後払い

最近は決済端末、フリマアプリなどにある後払い機能が多くこれは悪い借金と言える。

基本的にそれらの購入は消耗品の購入のため、購入したものが、今後価値があがるとはあまり言えない。

また、後払いのシステムは多くの人が利用しやすく、まだ蓄えないも若者が借りやすいというもの問題だ。

このように悪い借金とは

金利が高い
買う目的が投資ではなく消費になってしまう

このような特徴を持つ、もちろん中には
それでもどうしても欲しいと思ってしまう人はいるだろう。

しかし、一時の衝動で高い金利を払うことになり数年後の自分の生活を苦しめるのはあまりおすすめできることではない。

良い借金と悪い借金の見分け方

借金は、人々が生活や事業を運営する上で必要な場合がありますが、
その借金には「良い借金」と「悪い借金」の二つの種類がありました。

では実際にあなたが借金をしたくなった、
しないといけなくなったときそれが良い借金か悪い借金を判断できるように見極め方を見ていきましょう。

まず、良い借金とは、将来的に収益を生み出すために借りる借金のことです。

新しいビジネスを始めるために銀行から資金を借りる
学生が教育のために奨学金を借りる

など、将来的に収入を増やすことが期待されるため、投資としての借金を指します。

一方、悪い借金は、将来的に収益を生み出さない借金のことです。

高金利な消費者ローンで贅沢品を買ったり
無計画な借金をしてしまったり
これらの借金は、消費、浪費としての目的が強く、返済が困難になる可能性が高くなり、経済的な負担となることが多いです。

良い借金と悪い借金を見分けるためには、
まず、借金をする目的使い道を明確にし、将来的にどのような収益が期待できるのかを考えることです。

また、返済計画を立て、返済が困難になるリスクを最小限に抑えることも重要です。

困ったら必ず人に相談する

また、知人、専門家に相談することもおすすめです

借金をしないといけない状況に陥ったときは冷静な状態ではない場合があります。

そのため、自身の状況を理解するためにも第三者からの意見、相談は大事です。

そもそも借金をしないためには

良い借金など人生で良い借金をしないといけない時はあると思いますが、
それ以外の時にそもそも借金をしないようにするためにはどうした良いのでしょうか。

借金をしないためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。

まず、予算を立てて収入と支出を管理することが重要です。

収入と支出をバランス良く調整することで、借金をする必要がなくなります。

また、無駄遣いを避けることも大切です。

自分の必要なものと無駄なものを見極め、節約することが借金をしないための一つの方法です。

例えば、高額なブランド品や贅沢な食事を我慢し、必要なものや割安なものを選ぶことが有効です。

さらに、クレジットカードの利用には注意が必要です。

クレジットカードは便利ですが、使いすぎると借金の原因になることもあります。

クレジットカードを使用する際は、返済計画を立てておくことや、無理な借り入れを避けることが大切です。

最後に、緊急の出費に備えるために、緊急費用の積み立てを行うこともおすすめです。

予期せぬ出費があった場合でも、積み立てた緊急費用を利用することで借金をしなくて済みます。

借金をしないためには、予算管理、節約、クレジットカードの利用に注意すること、緊急費用の準備をすることが重要です。

これらのポイントを守りながら、健全な経済生活を送ることが大切です。

これらポイントは借金だけでなく将来的に資産を増やすための重要なマネーリテラシーになります。

今後の豊かな人生のためにも絶対に意識しておきましょう。

このページを最後まで読んでくださってありがとうございます。
よろしければ、他にも色々と考察しているので読んでみてください。

この記事をシェア!